2013-03-27

絵本『ながいかみのむすめ チャンファメイ』出版までの永き道のり その1

 今回から、絵本『ながいかみのむすめ チャンファメイ』の制作過程を、何回かに分けて日記風につづっていきます。

 私の手がけた初絵本『ながいかみのむすめ チャンファメイ』の出版までには、とても多くの時間と労力がかかりました。


 私は永年、日本画家として活動して来ました。幼い時から絵が好きで、15歳で日本画を始め、2013年で日本画画業30年になります。大阪市立工芸高校美術科日本画専攻、立川美術学院日本画科(現代アートの村上隆氏らに学ぶ)、東京藝術大学絵画科日本画専攻(後藤純男先生門下)で学びました。
 今の私の主要画題は「アジアの美人画」で、アジア・日本の少数民族や伝統舞踊を踊る女性などを、物語性をたたえた画風で描いて来ました。そんな中、現在の日本画でほとんど描かれなくなった「物語絵」「絵巻物」を描きたいとずっと思って来ました。

 その折、約8年前に私の『個展』に福音館書店編集部の方が突然訪れましたが、その時はただ作品を見られて絵本の話をされて帰りました。私は子供の時、最初に絵に興味を持ったきっかけは「絵本」だった事を思い出し、ずっと「絵本」を描いてみたいと思ってきた自分を再発見しました。元々私の興味は日本画だけではなく、いわさきちひろやアーサー・ラッカムや村上勉氏などの絵本画家の作品もとても好きだったのです。ただ日本画家として専念して活動する中で、「絵本」という選択肢を忘却していたのです。しかしその後、編集者からは何の便りもありませんでした。

 それから時が過ぎ、5年あまり前の『個展』の時、前に来た編集者ともう一人、別の少し若い編集者がいらっしゃいました。その若い編集者が、「絵本を描いてみませんか?」と言われましたので、私は「ぜひ、描きたいです!」と即答しました。
    
 しかし、それからがまた永い道のりでした・・・


まず、本日はここまでとしましょう。このつづきはまた次回、お話ししましょう。 GOTO JIN



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

後藤 仁(GOTO JIN)

Author:後藤 仁(GOTO JIN)
 ~後藤 仁 公式ブログ1~
日本画家・絵本画家 後藤 仁(GOTO JIN)の日本画制作、絵本原画制作、写生旅行、展覧会などのご案内を日誌につづります。

  〔後藤 仁 略歴〕
1968年兵庫県赤穂市生まれ。15歳、大阪市立工芸高校美術科で日本画を始める。東京藝術大学絵画科日本画専攻卒業、後藤純男先生(恩賜賞受賞者)に師事。在学中より約12年間、旧岩崎邸、入船山記念館、孫文記念館(移情閣)等の金唐革紙(手製高級壁紙)の全復元を行う。卒業以降は日本画家として活動し、中国・インドをはじめ世界各地に取材した「アジアの美人画」をテーマとする作品を描き、国内外で展覧会を開催する。近年は絵本の原画制作に力を入れる。絵本作品に『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店)、『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)、挿絵作品に『おしゃかさま物語』(佼成出版社)。『犬になった王子 チベットの民話』は、Internationale Jugendbibliothek München ミュンヘン国際児童図書館(ドイツ)の「The White Ravens 2014/ザ・ホワイト・レイブンス 国際推薦児童図書目録2014」に選定される。NHK日曜美術館の取材協力他、テレビ・新聞等への出演・掲載も多い。東京造形大学・絵本講師。金唐革紙保存会 主宰。日本児童出版美術家連盟(童美連)(太田大八先生、赤羽末吉先生、いわさきちひろ先生らが創設)会員・理事。絵本学会(太田大八先生らが創設、現会長:松本 猛先生)会員。日本中国文化交流協会(井上 靖先生らが創設)会員。この本だいすきの会(代表:小松崎 進先生)会員。千葉県松戸市在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
後藤 仁 アルバム
後藤 仁のアルバムを掲載いたします。
フリーエリア
フェイスブック 後藤 仁 Jin Goto


フェイスブックページ「日本画家・絵本画家 後藤 仁」 | 


フェイスブックページ「ながいかみのむすめチャンファメイ」 | 


フェイスブックページ「犬になった王子 チベットの民話」 | 




Find me on Google+(グーグルプラス「後藤 仁」へ)




ブクログ「後藤 仁の本棚」ブクログ

絵本ナビ「犬になった王子  チベットの民話」絵本ナビ「犬になった王子 チベットの民話」
絵:後藤 仁 /文:君島 久子 /出版社:岩波書店絵本ナビ


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR