FC2ブログ

2019-08-14

「東京芸術双年研究展・現代中国芸術国際交流展」「3号展」ご案内、後藤 仁

『東京芸術双年研究展・現代中国芸術国際交流展』
 2019年8月27日(火)~9月1日(日)
  10:00~17:30 (展示室への入場は17:00まで)
  オープニングセレモニー : 27日(火)10:30~ 会場にて。私も参加いたします。

埼玉県立近代美術館 一般展示室2

  〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤 9-30-1
  TEL 048-824-0111  FAX 048-824-0119
  http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=82

  〈電車〉
  JR京浜東北線「北浦和駅」西口 徒歩3分(北浦和公園内)。
  JR東京駅、新宿駅から「北浦和駅」まで、それぞれ約35分。
  〈バス〉
  国際興業バス、西武バスとも「北浦和駅西口前」下車 徒歩3分。
  
埼玉県立近代美術館埼玉県立近代美術館 地図

埼玉県立近代美術館『東京芸術双年研究展・現代中国芸術国際交流展』 チラシ表

埼玉県立近代美術館『東京芸術双年研究展・現代中国芸術国際交流展』 チラシ裏

埼玉県立近代美術館日本画作品「苗族の娘(中国貴州省─姉妹飯)」(F20号) 後藤 仁

 国際文化交流プロジェクト「東京芸術双年研究展・現代中国芸術国際交流展」への特別招待を受けたので、私も日本画作品「苗族の娘(中国貴州省─姉妹飯)」(F20号)1点を出品いたします。
 中国・台湾作家と日本人作家の、中国画・日本画・油画・陶芸・書道による交流展。今回、私は招待作家なのですが、「東京芸術双年研究展学術賞」という賞をいただけるそうです。誠にありがとうございます。
  
 主催 : 国際中国美術家協会アジア分会、東京地球村美術雑誌社
 後援 : 中華人民共和国在日本国大使館文化部

            


 画廊宮坂35周年記念 「現在・過去・未来 3号170点 展」はご好評のうちに終了しました。銀座の老舗画廊・画廊宮坂の開廊35周年記念企画。画廊宮坂とお付き合いのある美術作家(日本画家・洋画家)が、一人3号の作品1点ずつ出品、合計170点余りの作品が並びました。
 この後、下記の日程で全国の美術館・画廊を巡回展示していきます。全ての作家作品が巡回するわけではないそうですが、私の作品は展示されるようです。人気作家・著名作家の作品が多数展示販売されるので必見です。展覧会会場のお近くに方は、ぜひお越し下さい。

 画廊宮坂 出品作家後藤 仁、智内兄助、石井武夫、大矢十四彦、大矢 紀、小嶋悠司、斉藤典彦、武田州左、滝沢具幸、谷中武彦、伊東正次、棚町宜弘、他 170名余り。

  

【全国巡回展示 予定表】
 ※各会場にて、全ての作家作品が出品されるわけではありません(選択展示)。各会場で地元作家が加わる場合もあります。

 ●画廊宮坂
   2019、7、16(火)~27(土) 終了
 ●ギャラリーマスガ(福島・須賀川市)
   2019、8、17(土)~25(日)
 ●秩父美術館ギャラリー
   2019、10、12(土)~27(日)
 ●三重画廊
   2019、11、26(火)~12、1(日)
 ●和歌山 Ms ギャラリー12番丁
   2020、1、9(木)~19(日)
 ●広島福屋デパート
   2020、2、13(木)~2、19(水)
 ●姫路・山陽百貨店
   2020、2、26(水)~3、3(火)
 ●仙台阿部敬四郎ギャラリー
   2020、3、26(木)~4、21(火)
 ●千葉県流山市 「森の美術館」
   2020、5、1(金)~6、26(金)

3号展「3号200点 展」 ギャラリーマスガ(福島・須賀川市)

3号展「3号160点 展」 秩父美術館ギャラリー


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

後藤 仁(GOTO JIN)

Author:後藤 仁(GOTO JIN)
 ~後藤 仁 公式ブログ1~
日本画家・絵本画家 後藤 仁(GOTO JIN)の日本画制作、絵本原画制作、写生旅行、展覧会などのご案内を日誌につづります。

  〔後藤 仁 略歴〕
1968年兵庫県赤穂市生まれ。15歳、大阪市立工芸高校 美術科で日本画を始める。東京藝術大学 絵画科日本画専攻 卒業、後藤純男先生(日本芸術院賞・恩賜賞受賞者)に師事。在学中より約12年間、旧岩崎邸、入船山記念館、孫文記念館(移情閣)等の金唐革紙(手製高級壁紙)の全復元を行う。卒業以降は日本画家として活動し、中国・インドをはじめ世界各地に取材した「アジアの美人画」をテーマとする作品を描き、国内外で展覧会を開催する。近年は絵本の原画制作に力を入れる。
○絵本作品に『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店)、『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)、『わかがえりのみず』(鈴木出版)、『金色の鹿』(子供教育出版)、挿絵作品に『おしゃかさま物語』(佼成出版社)。『犬になった王子 チベットの民話』は、Internationale Jugendbibliothek München ミュンヘン国際児童図書館(ドイツ)の「The White Ravens 2014/ザ・ホワイト・レイブンス 国際推薦児童図書目録2014」に選定される。NHK日曜美術館の取材協力他、テレビ・新聞・インターネットサイト等への出演・掲載も多い。
○東京藝術大学デザイン科 非常勤講師。元 東京造形大学 絵本講師。国選定保存技術 金唐革紙 製作家。日本美術家連盟 会員(ご推薦者:中島千波先生)。日本児童出版美術家連盟(童美連)会員・理事。絵本学会 会員。日本中国文化交流協会 会員。この本だいすきの会 会員。千葉県松戸市在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
後藤 仁 アルバム
後藤 仁のアルバムを掲載いたします。
フリーエリア
フェイスブック 後藤 仁 Jin Goto


フェイスブックページ「日本画家・絵本画家 後藤 仁」 | 


フェイスブックページ「ながいかみのむすめチャンファメイ」 | 


フェイスブックページ「犬になった王子 チベットの民話」 | 




Find me on Google+(グーグルプラス「後藤 仁」へ)




ブクログ「後藤 仁の本棚」ブクログ

絵本ナビ「犬になった王子  チベットの民話」絵本ナビ「犬になった王子 チベットの民話」
絵:後藤 仁 /文:君島 久子 /出版社:岩波書店絵本ナビ


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR