fc2ブログ

2019-02-03

「2019─問道・国際芸術展」、著団協「新年賀詞交歓会」ご報告、J:COM「千葉 東葛人図鑑」ご案内

 
公募・招待グループ展
『2019 ─ 問道・国際芸術展』 (日本会場)

 2019年1月26日(土)~30日(水) 〈終了〉

 O美術館
〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-2
    大崎ニューシティ・2号館2F

主催: 一般社団法人 國際工筆画会、中国山東省国画院、南開大学秀山画会
後援: 駐日本 中国大使館文化部、駐中国 日本国大使館、外務省、産経新聞社、一般財団法人 日本中国文化交流協会

 日本と中国の作家による国際的公募・招待グループ展『2019 ─ 問道・国際芸術展』が開催されました。招待作家・公募作家を合わせて、100点近い力作が並び、壮観でした。私は招待作家として主に中国を描いた日本画7点を出品いたしました。また、私は審査委員として、主催者で工筆画家の李 岩さん、日本画家の伊東正次さんと共に、作品を厳正に審査し、金賞・銀賞・優秀賞・新人賞等を決めました。
 初日26日(土)には、50名程のご来賓・日中作家・関係者・一般の方々がご来館され、盛大なオープニングセレモニーが開催されました。テープカットには私も並んでいます。日本舞踊・琴の演奏・カンフー実演・筆会 等の催しも面白かったです。
 その後、ワンズガーデン・大崎ブライトコア店で懇親会が開催されました。展覧会・懇親会には、日展日本画家の米谷清和先生もお越しいただきました。

 この後、5月初め頃に中国(中華人民共和国)天津市で、『2019 ─ 問道・国際芸術展』(中国展)を開催する予定です。

2019─問道・国際芸術展『2019 ─ 問道・国際芸術展』 O美術館

2019─問道・国際芸術展『2019 ─ 問道・国際芸術展』 オープニングセレモニー・テープカット

2019─問道・国際芸術展『2019 ─ 問道・国際芸術展』 オープニングセレモニー

2019─問道・国際芸術展『2019 ─ 問道・国際芸術展』 オープニングセレモニー

2019─問道・国際芸術展『2019 ─ 問道・国際芸術展』 後藤 仁 日本画作品

2019─問道・国際芸術展『2019 ─ 問道・国際芸術展』 後藤 仁 日本画作品

          *

 2019年1月29日(火)には、日本著作者団体協議会(著団協)「新年賀詞交歓会」(日比谷聘珍樓)に参加しました。文化庁の著作権担当官も参加される中、美術・映画・音楽・文学・写真・漫画等の各界の著作権担当者と歓談しました。最初のご挨拶は、私もその作品から影響を受けている写真家の田沼武能先生です。途中、日本画家の中島千波先生他、各界の代表によるご挨拶が続き、私も短く一言ご挨拶をしました。
 中島千波先生に二次会にお誘いいただき、とある所で、私を含めて5人でお話やカラオケを楽しみました。中島先生は歌がとてもお上手で声量があり、ダジャレもピカ一で、その元気さには驚くべきものがあります。私の師の後藤純男先生もそうでしたが、このレベルの方々は人並み外れた人間力をお持ちなのだと、改めて感服した次第です。

著団協 新年賀詞交歓会日本著作者団体協議会(著団協) 「新年賀詞交歓会」 写真家・田沼武能先生のご挨拶

著団協 新年賀詞交歓会日本著作者団体協議会(著団協) 「新年賀詞交歓会」 日本画家・中島千波先生のご挨拶

          *

 地元密着型のローカル番組ですが、私が出演して、日本画作品や絵本作品『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)、『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店こどものとも)、『わかがえりのみず』(鈴木出版こどものくに)等をご紹介しています。インタビュアーは宝塚歌劇団の星組男役トップスターだった北翔海莉さんです。堂々としたオーラのある、とても美しい方でしたよ~。
 見れる地域の方はぜひご覧下さい。また、Webサイトやアプリではどなたでも見れると思いますので、ご視聴の程よろしくお願いいたします。
 
J:COM 「千葉 東葛人図鑑」 
 インタビュアー: 北翔海莉、ゲスト: 日本画家 後藤 仁

 2月11日(月)~20日(水) 期間中、1日数回放送

【放送エリア】J:COMチャンネル(地デジ11ch) 千葉県 松戸市、流山市、野田市
 ※放送後は、Webサイトや、地域情報アプリ「ど・ろーかる」でも配信予定。

●J:COM公式サイト「千葉 東葛人図鑑」
https://jinzukan.myjcom.jp/tokatsu/

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

後藤 仁 プロフィール

後藤 仁(JIN GOTO、后藤 仁、고토 진)

Author:後藤 仁(JIN GOTO、后藤 仁、고토 진)
~後藤 仁 公式ブログ1~
絵師〈日本画家・絵本画家、金唐革紙製作〉後藤 仁(JIN GOTO、后藤 仁、고토 진)の日本画制作、絵本原画制作、写生旅行、展覧会などのご案内を日誌につづります。

 【後藤 仁 略歴】
1968年兵庫県赤穂市生まれ。15歳、大阪市立工芸高校 美術科で日本画を始める。東京藝術大学 絵画科日本画専攻 卒業、後藤純男先生(日本芸術院賞・恩賜賞受賞者)に師事。在学中より約12年間、旧岩崎邸、入船山記念館、孫文記念館(移情閣)等の金唐革紙(手製高級壁紙)の全復元を行う。
卒業以降は日本画家として活動し、中国・インドをはじめ世界各地に取材した「アジアの美人画」をテーマとする作品を描き、国内外で展覧会を開催する。近年は絵本の原画制作に力を入れる。
○絵本作品に『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店)、『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)、『わかがえりのみず』(鈴木出版)、『金色の鹿』(子供教育出版)、挿絵作品に『おしゃかさま物語』(佼成出版社)。
『犬になった王子 チベットの民話』は、Internationale Jugendbibliothek München ミュンヘン国際児童図書館(ドイツ)の「The White Ravens 2014/ザ・ホワイト・レイブンス 国際推薦児童図書目録2014」に選定される。また、宮崎 駿 氏の絵物語「シュナの旅」の原話になった事でも知られている。
○NHK日曜美術館の取材協力他、テレビ・新聞・専門誌・インターネットサイト等への出演・掲載も多い。
○東京藝術大学 デザイン科講師、東京造形大学 絵本講師 他、日本画・絵本講師。国選定保存技術 金唐革紙 製作技術保持者。日本美術家連盟 会員(ご推薦者:中島千波先生)、絵本学会 会員、日本中国文化交流協会 会員。千葉県松戸市在住。

★現在、日本国内向けと、中国向けの「絵本」を制作中です~❣

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
後藤 仁 アルバム
後藤 仁のアルバムを掲載いたします。
フリーエリア
フェイスブック 後藤 仁 Jin Goto


フェイスブックページ「絵師、日本画家・絵本画家 後藤 仁」 | 


フェイスブックページ「ながいかみのむすめチャンファメイ」 | 


フェイスブックページ「犬になった王子 チベットの民話」 | 







ブクログ「後藤 仁の本棚」ブクログ

絵本ナビ「犬になった王子  チベットの民話」絵本ナビ「犬になった王子 チベットの民話」
絵:後藤 仁 /文:君島 久子 /出版社:岩波書店絵本ナビ


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR