FC2ブログ

2017-08-18

山梨県(南部町・身延町・赤沢宿) 写生旅行

 2017年8月14日~16日まで、「山梨県(南部町・身延町・赤沢宿) 写生旅行」に行ってきました。

 1日目:東京から首都高速道路・東名高速道路・新東名高速道路を通って新清水で降り、途中、「近藤浩一路記念 南部町立美術館」に立ち寄って(この日は休館日でした)、6時間程かけて早川町・赤沢宿に到着。まさに桃源郷のような、古の面影の残る素敵な土地でした。春は桜が美しい事でしょうね。
 赤沢宿周辺では、上沢寺の「お葉つき さかさイチョウ」を見物。道を少し戻った所にある硯匠庵(けんしょうあん)では「雨畑硯(あめはたすずり)」の製作工程を見学できます。ここで私も小さな硯を一面購入。硯匠庵裏手の雨畑湖には吊り橋がかかっていて、渡るとゆれて面白いです。夕方、赤沢宿を散策し、F4号スケッチブックに1時間余りかけて、赤沢宿の光景を一枚描きました。
 この日は、「大阪屋」という築180年の講中宿をリノベーションしたゲストハウスに宿泊。宿泊代(素泊りのみ、キッチンあり、フロ・トイレ共同)も3900円と安くて、昔の宿屋の雰囲気を楽しめる素敵なゲストハウスです。宿の若いスタッフも親切です。私が泊まった部屋には、螺鈿蒔絵の施された戸棚や手描きの鮎の襖絵もありました。

硯匠庵01硯匠庵では「雨畑硯」の製作工程を見学できます

山梨県の旅硯匠庵にて、 後藤 仁

山梨県の旅雨畑湖の吊り橋、 ユラユラゆれて面白いよ!!

山梨県の旅早川町 ・ 赤沢宿「大阪屋」

山梨県の旅早川町 ・ 赤沢宿「大阪屋」 2階

山梨県の旅早川町 ・ 赤沢宿「大阪屋」 2階共有スペース、 奥の部屋が私の泊まった部屋

山梨県の旅早川町 ・ 赤沢宿「大阪屋」 1階ロビー


 2日目:朝7時に身延山久遠寺(みのぶさん くおんじ)に向かいました。日蓮宗の総本山というだけあって誠に立派な寺院です。ただ明治期の火災でほとんどの建築物が焼失したとかで、新しい建物ばかりです。本堂の天井画の巨大な「墨龍(ぼくりゅう)」は日本画家・加山又造先生の作です。私は東京藝術大学で加山先生にも少しだけ日本画を教わりました。
 身延山宝物館を拝見し、奥之院 思親閣に参りました。この日は朝から雨で、富士山等の景色は全く見えませんでしたが、霧にけむった寺の様相も幻想的で素晴らしいものがあります。本堂・祖師堂をF4号に一枚スケッチしました。雨の中で絵を描くのは、なかなか難しいものがあります。
 その後、アルカディア文化館「近藤浩一路記念 南部町立美術館」を訪問。私の東京藝術大学時代の先輩である日本画家・佐藤宏三さんと、私の美術予備校の教え子でもある日展所属日本画家・棚町宜弘君と、日本画家・伊東正次さんの「日本画三人展」が現在開催されており、棚町君に是非にと言われたので、この美術館を訪れるのが、この旅の一番の目的でした。広い館内には、三者三様の日本画大作が並んでいて圧巻です。南部町の画家・近藤浩一路の水墨画も見ごたえがありました。
 作品群を堪能した後、1階の南部町立図書館を見学。児童書のコーナーも充実していて、この町の”文化・美術”への取り組み意識の高さを感じました。私の作画絵本、『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店こどものとも)『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)『わかがえりのみず』(鈴木出版こどものくに)も図書館に置いてありますので、ぜひ、読んで下さいね!!
 その後、「南部の火祭り」という大きな祭りを見物したかったのですが、遅くなると赤沢宿までの急峻な坂道が危ない上に、結構疲れたので、夕方4時頃まで会場の雰囲気を楽しんで、SM号スケッチブックに軽く一枚スケッチした後、宿に帰りました。この日も大阪屋に宿泊。

山梨県の旅身延山久遠寺、 春は枝垂桜がきれいでしょうね

山梨県の旅身延山久遠寺 ・ 奥之院 思親閣、 霧にかすむ光景は幻想的です

山梨県の旅アルカディア文化館 ・ 近藤浩一路記念 南部町立美術館

山梨県の旅近藤浩一路記念 南部町立美術館 館長の遠藤 賢さんと、 私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店) 『わかがえりのみず』(鈴木出版こどものくに)

山梨県の旅近藤浩一路記念 南部町立美術館 美術館学芸員・図書館司書の若林由美子さんと、 私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店) 『わかがえりのみず』(鈴木出版こどものくに)

山梨県の旅南部町立図書館 児童書コーナー

山梨県の旅南部の火祭り 会場

              *

☆後藤 仁 最新刊☆
絵本『わかがえりのみず』 
 (鈴木出版 月刊絵本こどものくに・ひまわり版)

 文 唯野元弘 / 絵 後藤 仁
  380円 (税込み) 
出版社直販・年間購読のみの扱いですので、お電話や鈴木出版ホームページから、直接、鈴木出版にお問い合わせ下さい。
 
電話  
 03-3945-6611(鈴木出版 代表)  
 03-3947-5161(鈴木出版 編集部)

雑誌のオンライン書店 Fujisan ─ 絵本『わかがえりのみず』 
https://www.fujisan.co.jp/product/1281680652/b/1531398/

鈴木出版 公式ホームページ
http://www.suzuki-syuppan.co.jp/p02/p02_06.php

              *

 3日目:この日も朝から激しい雨。雨の中、赤沢宿を散策しました。山に霧がたなびく様は美しいです。最後に一枚、赤沢宿の全景をF4号にスケッチ。雨がひどくて、スケッチブックも身体もびしょぬれです。
 こうして短期間ながら旅を満喫し、昼11時頃には宿を出て、高速道路を乗り継いで、6時間程かけて東京に帰りました。

山梨県の旅早川町 ・ 赤沢宿の全景、 雨の中でスケッチ!


 日本画家・絵本画家 後藤 仁
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 旅と絵
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

後藤 仁(GOTO JIN)

Author:後藤 仁(GOTO JIN)
 ~後藤 仁 公式ブログ1~
日本画家・絵本画家 後藤 仁(GOTO JIN)の日本画制作、絵本原画制作、写生旅行、展覧会などのご案内を日誌につづります。

  〔後藤 仁 略歴〕
1968年兵庫県赤穂市生まれ。15歳、大阪市立工芸高校美術科で日本画を始める。東京藝術大学絵画科日本画専攻卒業、後藤純男先生(恩賜賞受賞者)に師事。在学中より約12年間、旧岩崎邸、入船山記念館、孫文記念館(移情閣)等の金唐革紙(手製高級壁紙)の全復元を行う。卒業以降は日本画家として活動し、中国・インドをはじめ世界各地に取材した「アジアの美人画」をテーマとする作品を描き、国内外で展覧会を開催する。近年は絵本の原画制作に力を入れる。
○絵本作品に『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店)、『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)、『わかがえりのみず』(鈴木出版)、『金色の鹿』(子供教育出版)、挿絵作品に『おしゃかさま物語』(佼成出版社)。『犬になった王子 チベットの民話』は、Internationale Jugendbibliothek München ミュンヘン国際児童図書館(ドイツ)の「The White Ravens 2014/ザ・ホワイト・レイブンス 国際推薦児童図書目録2014」に選定される。NHK日曜美術館の取材協力他、テレビ・新聞等への出演・掲載も多い。
○東京藝術大学・デザイン科非常勤講師。東京造形大学・絵本講師。金唐革紙保存会 主宰。日本美術家連盟(常任理事:中島千波先生 他)会員。日本児童出版美術家連盟(童美連)(太田大八先生、赤羽末吉先生、いわさきちひろ先生らが創設)会員・理事。絵本学会(太田大八先生らが創設、現会長:松本 猛先生)会員。日本中国文化交流協会(井上 靖先生らが創設)会員。この本だいすきの会(代表:小松崎 進先生)会員。千葉県松戸市在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
後藤 仁 アルバム
後藤 仁のアルバムを掲載いたします。
フリーエリア
フェイスブック 後藤 仁 Jin Goto


フェイスブックページ「日本画家・絵本画家 後藤 仁」 | 


フェイスブックページ「ながいかみのむすめチャンファメイ」 | 


フェイスブックページ「犬になった王子 チベットの民話」 | 




Find me on Google+(グーグルプラス「後藤 仁」へ)




ブクログ「後藤 仁の本棚」ブクログ

絵本ナビ「犬になった王子  チベットの民話」絵本ナビ「犬になった王子 チベットの民話」
絵:後藤 仁 /文:君島 久子 /出版社:岩波書店絵本ナビ


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR