2013-04-06

「金唐革紙(きんからかわし)」製作秘話 その6

江戸東京博物館 金唐革紙実演
 江戸東京自由大学「金唐革紙講座」(1998年10月4日 江戸東京博物館)後藤 仁 © GOTO JIN

 『移情閣』(孫中山記念館、現在は、孫文記念館と改名。当時、兵庫県有形文化財、復元後、国重要文化財に指定。)金唐革紙のシルクスクリーン彩色が始まりました。
 彩色には、主にカシューという西洋漆が用いられるのですが、揮発油の強烈な臭いがします。シルクスクリーン彩色では、一か所の彩色の度シルクスクリーンを揮発油で洗わなければいけないので、部屋中が異臭に包まれ呼吸困難になります。そこで、簡易ガスマスクを付けての苦しい作業となりました。一人がシルクの枠をあてがい、一人がヘラで押さえ、2人位がシルクを洗います。4~5人で交代しながら一日中この作業ですが、長時間やっていると気分が悪くなります。マスクをしていても臭いは入って来る様で、鼻の奥にこびりついた異臭は何時間も取れません。
 
 シルクスクリーン彩色は、結構速く終わりました。確か2か月位でしょうか。こうして、1999年末頃に完成した金唐革紙は、「移情閣」に送られました。
 一旦仕事は終了になりましたので、次の仕事をすぐに探さないといけないK君とN君は研究所を離れました。K君は沖縄へ陶芸の修行に行くと言い、N君はデザインの仕事などをしていた様です。M君は実家暮らしなのでゆとりがある様でしたが、自分の作品制作などをしていました。その後、研究所に残った私とI君は、時々小さな雑用的仕事をこなしていました。

          *

 研究所の私達は、学生時代から全く変わらない時給制で働いていました。東京のコンビニの夜間バイト代位ですが、学生の頃はそれでも随分助かりました。しかし、仕事の役割は重くなる一方なのに、時給は最後まで一向に上がりませんでした。私達の時給は、生活費・日本画制作費で全て消えていきました・・。
 「入船山記念館」の復元事業で研究所に支払われた呉市からの報酬(元は税金です。)は、正式報告書によると金唐革紙新調代のみで、3163万9933円です。版下・版木棒作成料などを入れると5000万円あまりになります。金唐革紙の値段は、一平方メートルで20万円の設定でしたが、研究所の運営・経理は完全に経営者のみ知るところで他人は誰も分かりませんでした。
 この後、今回の「移情閣」や「旧岩崎邸」という巨大公共事業が続く事になります。
 
          *

移情閣貼りこみ
 「移情閣」下貼り紙の貼り込み(2000年2月)後藤 仁 © GOTO JIN

移情閣貼りこみ3
 「移情閣」貼り込み(2000年3月)後藤 仁 © GOTO JIN

移情閣貼りこみ2
 「移情閣」貼り込み(2000年4月)後藤 仁 © GOTO JIN

 通常、「貼り込み」は専門業者がやるのですが、今回は「貼り込み」まで経験してみようという事になりました。2000年2月、兵庫県神戸市の現場へおもむきました。
 
 「移情閣」の貼り込みでは、私とI君が脚立にのぼって壁に金唐革紙を貼り込んでいきました。下で経営者がのりを付けて私達に渡します。2か月位の間、ホテルや私の赤穂市の実家から通いました。途中、金唐革紙が足りなくなり急きょ私だけが東京へ戻り、一週間ほど研究所で寝泊まりしながら、一人夜中まで追加製作した事もあります。
 
 こうした大変な製作過程を経て、ようやく「移情閣」の金唐革紙の復元が完了しました。


移情閣オープニング
 「移情閣オープニングセレモニー」(2000年春)朱鎔基 中国首相夫妻、兵庫県知事 ほか。贈呈しているのは、私達が製作した「金唐革紙」。(主催者から復元関係者に配られた写真。)

移情閣
 復元後の「移情閣」(2001年8月)後藤 仁 © GOTO JIN

移情閣内装
 復元後の「移情閣」内装(2001年8月)後藤 仁 © GOTO JIN


 「移情閣」のオープニングセレモニーでは、中国の朱鎔基首相夫妻や兵庫県知事も出席されましたが、当然、製作者の私達が呼ばれる事はありませんでした。それは良いとしても私が残念だったのは、今度は正式報告書にも何の説明文にも私達、実際の製作者の名前が記されなかった事です。


  この続きは、また次回とします。  後藤 仁


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝統工芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

後藤 仁(GOTO JIN)

Author:後藤 仁(GOTO JIN)
 ~後藤 仁 公式ブログ1~
日本画家・絵本画家 後藤 仁(GOTO JIN)の日本画制作、絵本原画制作、写生旅行、展覧会などのご案内を日誌につづります。

  〔後藤 仁 略歴〕
1968年兵庫県赤穂市生まれ。15歳、大阪市立工芸高校美術科で日本画を始める。東京藝術大学絵画科日本画専攻卒業、後藤純男先生(恩賜賞受賞者)に師事。在学中より約12年間、旧岩崎邸、入船山記念館、孫文記念館(移情閣)等の金唐革紙(手製高級壁紙)の全復元を行う。卒業以降は日本画家として活動し、中国・インドをはじめ世界各地に取材した「アジアの美人画」をテーマとする作品を描き、国内外で展覧会を開催する。近年は絵本の原画制作に力を入れる。
○絵本作品に『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店)、『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)、『わかがえりのみず』(鈴木出版)、挿絵作品に『おしゃかさま物語』(佼成出版社)。『犬になった王子 チベットの民話』は、Internationale Jugendbibliothek München ミュンヘン国際児童図書館(ドイツ)の「The White Ravens 2014/ザ・ホワイト・レイブンス 国際推薦児童図書目録2014」に選定される。NHK日曜美術館の取材協力他、テレビ・新聞等への出演・掲載も多い。
○東京藝術大学・デザイン科非常勤講師。東京造形大学・絵本講師。金唐革紙保存会 主宰。日本児童出版美術家連盟(童美連)(太田大八先生、赤羽末吉先生、いわさきちひろ先生らが創設)会員・理事。絵本学会(太田大八先生らが創設、現会長:松本 猛先生)会員。日本中国文化交流協会(井上 靖先生らが創設)会員。この本だいすきの会(代表:小松崎 進先生)会員。千葉県松戸市在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
後藤 仁 アルバム
後藤 仁のアルバムを掲載いたします。
フリーエリア
フェイスブック 後藤 仁 Jin Goto


フェイスブックページ「日本画家・絵本画家 後藤 仁」 | 


フェイスブックページ「ながいかみのむすめチャンファメイ」 | 


フェイスブックページ「犬になった王子 チベットの民話」 | 




Find me on Google+(グーグルプラス「後藤 仁」へ)




ブクログ「後藤 仁の本棚」ブクログ

絵本ナビ「犬になった王子  チベットの民話」絵本ナビ「犬になった王子 チベットの民話」
絵:後藤 仁 /文:君島 久子 /出版社:岩波書店絵本ナビ


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR