2018-05-20

恐るべき中国ネットパワー。後藤 仁 作画絵本『犬になった王子』掲載 止まず!!

 近年の中国(中華人民共和国)の経済的パワーは凄まじいものがあり、インターネット環境も既に日本より先に行った感もあります。13億人以上の人口をかかえる中国ですから、その波及効果や影響力も相当大きいと思われます。
 私は中学生の頃に、NHK「シルクロード」に心酔し、喜多郎の音楽に傾倒したり、さだまさし さん のレコード「你好!中国」を聴いたりして、中国文化の魅力にはまっていきました。大阪市立工芸高校で日本画を始めると、日本画のルーツとも言える、中国の伝統文化・絵画・芸術にますます魅かれていきました。東京藝術大学3年生の時に初めて中国を旅し、北京・西安の街を巡りました。
 こうして現在までに度々中国を旅し、北京・西安(陝西省)・上海・貴州省・広西チワン族自治区・青海省・チベット自治区・四川省を旅しました。肝心の甘粛省・敦煌、新疆ウイグル自治区、雲南省 等にはまだ行けていないので、近いうちに訪れたいものです。
 今年の夏には中国での「グループ絵画展」が予定されており、中国で展覧会を開く事が私の一つの夢だったので、それが叶いそうです(「個展」を開催するのが一番理想ですが・・)。また、いつかは中国で「絵本」を出版したいという希望も持っています。

 まだ中国で絵本を出版していないにもかかわらず、私の事や作画絵本が様々な中国系媒体(新聞・インターネット等)で最近、多数紹介されています。まさに恐るべき中国ネットパワーです!! 個人の私が確認できた範囲のみですが、ネット掲載された記事をここに幾つか挙げてみます。ネット情報は膨大に存在し、神出鬼没で、個人では到底把握しきれないので、これでも実際の掲載量の一部だけだと思われます。特に、ニュースサイトの類は数か月で掲載終了する場合も多いので、今回掲載したサイトも今後アクセス不可になるかも知れませんが・・・。

  日本画家・絵本画家 後藤 仁 (后藤 仁)
 
絵本『犬になった王子(チベットの民話)』表紙 小絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)

絵本『ながいかみのむすめ チャンファメイ』表紙・表絵本『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店こどものとも)

 2013年、レコードチャイナ(日本最大の中国情報ニュースサイト)で、私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)の出版が報じられ、その他の多くの日本・中国のニュースサイトに転載されました。

レコードチャイナ「宮崎駿監督「シュナの旅」の原話、チベット民話「犬になった王子」の絵本版が出版」
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=78575
(その他、現在配信終了していますが、ヤフーニュース、ライブドアニュース等の日本のニュースサイトでも多数配信されました。)

〔類似・転載サイト〕
凤凰网「宮崎駿監督「シュナの旅」の原話、チベット民話「犬になった王子」の絵本版が出版」
http://finance.ifeng.com/a/20131103/10997598_0.shtml
中国経済オンライン「宮崎駿監督「シュナの旅」の原話、チベット民話「犬になった王子」の絵本版」
http://ja.ce.cn/info/201311/04/t20131104_1176996.shtml
東方網「宮崎駿監督「シュナの旅」の原話、チベット民話「犬になった王子」の絵本版が出版」
http://jp.eastday.com/node2/home/xw/wy/userobject1ai83236.html


滨豆机械信息网「跌打伤科酒宮崎駿監督旅原話民話犬王子絵本版出版」
http://jx.fuxingsmf.com/mrvjqvqa/22282.html

          *

「北京青年報」(2015年3月27日号)という中国の有力新聞(中国4大新聞の一つとされ、発行部数60万部以上)で、絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)が、名作絵本『王さまと九人のきょうだい』(君島久子 文、赤羽末吉 絵 / 岩波書店)とともに紹介されました。
(現在、北京青年報では配信終了していますが、その後、中国のニュースサイトに多数転載されました。)

http://epaper.ynet.com/images/2015-03/27/B04/bjqnb20150327B04.pdf  (北京青年報・PDFデータ)

〔類似・転載サイト〕
凤凰资讯「日本儿童票选图书,《九兄弟》荣获绘本大奖日本岩波」
http://news.ifeng.com/a/20150327/43425949_0.shtml
中国民俗学网-中国民俗学会「日本儿童票选图书:《九兄弟》荣获绘本大奖」
http://www.chinesefolklore.org.cn/web/index.php?NewsID=14010
大佳网 - 精品阅读平台「日本儿童票选图书,《九兄弟》荣获绘本大奖」
http://www.dajianet.com/world/2015/0403/211123.shtml
北京青年报 长沙图书馆「日本儿童票选图书,《九兄弟》荣获绘本大奖」
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MjM5MDM0MjQyMQ==&mid=203861876&idx=2&sn=24acf2d2563740ccd2e09119be5c542d&3rd=MzA3MDU4NTYzMw==&scene=6#rd

梨子网「君岛久子另一本译作《青稞种籽的由来》-日本儿童票选图书, 九兄弟」
https://www.liciwang.com/show/君岛%7C%7C38.html

          *

 中国(中華人民共和国)の3大ポータルサイトの一つ:捜狐(そうふ、Sohu) の「纯干货 | 走进东京艺术大学,探秘日本艺术家的摇篮(東京藝術大学に入った、日本の芸術家のゆりかごを探る〈この訳は推測です〉)」という記事で、現代アーティスト・村上 隆さん、アニメーター・小田部羊一さん(宮崎 駿さん、高畑 勲さん達と数々のアニメ制作をしており、アルプスの少女ハイジ、母をたずねて三千里、スーパーマリオ等のキャラクターデザインで知られる)の作品画像とともに、私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店こどものとも)も掲載されています。中国を代表するポータルサイトで、東京藝術大学を卒業した著名な作家の一人として、村上 隆さん、小田部羊一さんとともにご紹介いただき光栄です。
(この後、全く同じ内容、もしくは類似記事が、中国系サイトに多数転載されました。)

捜狐「纯干货 | 走进东京艺术大学,探秘日本艺术家的摇篮」
http://www.sohu.com/a/142080221_383564

https://m.sohu.com/a/142080221_383564/?pvid=000115_3w_a


〔類似・転載サイト〕
中國新聞網「純乾貨 | 走進東京藝術大學,探秘日本藝術家的搖籃」
https://www.xcnnews.com/cul/32909.html
自由微信「东京艺术大学 | 纯艺术专业申请细则,入学考试这一关你准备好了吗? (東京藝術大学 | 純粋芸術、申請細則、入学試験の準備はできていますか?〈この訳は推測です〉)」
https://freewechat.com/a/MzI5NzQwMzQzOQ==/2247487044/1
第五部落「纯干货 走进东京艺术大学,探秘图片」
http://www.dea5.com/read/NTUzYmRjZjTkuJzkuqzoibrmnK,lpKflraYBMQE2MDABNDQxAWltZy5tcC5pdGMuY24vdXBsb2FkLzIwMTcwNTIwLzM0ZGM4YzEwYThhZTRiNDk5ZDc3OTk2ODIzOGQzYTE1X3RoLmpwZwHnuq,lubLotKcg6LWw6L+b5Lic5Lqs6Im65pyv5aSn5a2mLOaOouenmA==/

http://www.dea5.com/read/MTQ0NTQ1NzPkuJzkuqzoibrmnK,lpKflraYBMQE2MDABNDAzAWltZy5tcC5pdGMuY24vdXBsb2FkLzIwMTcwNTIwLzdkNGMyNjM2NjQxYjQzNjk5NzM4ZjJhMWFkYWQyM2VkX3RoLmpwZwHnuq,lubLotKcg6LWw6L+b5Lic5Lqs6Im65pyv5aSn5a2mLOaOouenmA==/

偷渡「中國的日本故事」
http://www.ifuun.com/a201801309581638/
(このサイト記事は幾つかのネット情報を上手く組み合わせた内容ですが、最初に出てくる人物は私とは関係のない画像です。)

          *

 捜狐で、「シュナの旅」(宮崎 駿/徳間書店)の原話・絵本版として、私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)が紹介されています。これも、幾つかの日本のサイト情報をまとめて作成した記事ですね。

搜狐「宫崎骏和乌苏拉地海世界羁绊之作:シュナの旅」
http://www.sohu.com/a/222722855_99897504

〔類似・転載サイト〕
豆瓣「宫崎骏和乌苏拉地海世界羁绊之作:シュナの旅」
https://www.douban.com/note/657300304/

 捜狐の記事は事実に基づいているので良いのですが、下記サイトの場合は、何の脈絡で私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)が使われているのか全く不明です。

就要健康网「原田明絵_原田明繪」
http://www.9yjk.com/原田明絵/

          *

 前程日本「与中央美术学院齐并肩!这所学校坂本龙一也读过!(中央美術学院と一緒に!この学校の坂本龍一も読んで!〈この訳は推測です〉)」という中国のサイトで、私の作画絵本作品『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)が紹介されています。
 上記の、捜狐「纯干货 | 走进东京艺术大学,探秘日本艺术家的摇篮」の記事 等を元に再構成したもののようです。

前程日本「与中央美术学院齐并肩!这所学校坂本龙一也读过!」
http://www.qianchengriben.com/news/detail/id/164

 知乎というサイトの「日本最顶尖的艺术大学,坂本龙一也读过(日本のトップの芸術大学、坂本龍一も読んでいます〈この訳は推測です〉)」という記事は、前程日本「与中央美术学院齐并肩!这所学校坂本龙一也读过!」の記事とほぼ同じですが、坂本龍一さんの画像が足されています。
 東京藝術大学の知名校友(有名な卒業生)として、村上 隆さん(現代アーティスト)、小田部羊一さん(アニメーター・キャラクターデザイナー)、坂本龍一さん(音楽家)とともに、何故か私(後藤 仁 は、中国では后藤 仁 と書きます)が挙げられているのは、誠に恐縮ですね~。李 叔同という人は知りませんが、中華民国の詩人・禅僧・音楽教育者・芸術教育者らしいです。
 これらのサイトは、日本を目指す中国人留学生向けに日本の大学を紹介しているサイトのようです。

知乎「日本最顶尖的艺术大学,坂本龙一也读过」
https://zhuanlan.zhihu.com/p/36537169

 これと同文、もしくは類似した記事は、まだまだ多くの中国のネットサイトに転載されているようですね。韩日联合交流会を来源としているものが多いですが、掲載時期を検証すると、前程日本(画像の容量が一番大きい)と搜狐がオリジナル記事だと推測されます。

〔類似・転載サイト〕
武汉韩日联合交流会「东艺大——这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度(東京藝術大学—この学校の学問的地位は、美術大学の絶対的な高度にある〈この訳は推測です〉)」
http://www.ciickj.com/apply/SchoolChoice/2138.html
搜狐「这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度」
http://www.sohu.com/a/230594572_100053981
金刺猬「这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度 - 韩日联合交流会」
http://www.jinciwei.cn/e163479.html
凤凰新媒体「这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度 - 韩日联合交流会」
http://wemedia.ifeng.com/59376121/wemedia.shtml
手机中国网「这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度」
http://h5.china.com.cn/wm/doc_1_80781_4335764.html
新浪看点 「这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度」
http://k.sina.com.cn/article_6474472330_181e89b8a0010095bz.html?cre=tianyi&mod=pcpager_fintoutiao&loc=32&r=9&doct=0&rfunc=100&tj=none&tr=9
天天快报 「这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度」
http://kuaibao.qq.com/s/20180506A0D9ZY00?refer=spider
壹读「这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度」
https://read01.com/zh-sg/ggnOyPP.html#.Wv9ne0xuK02
壹讀(繫体字ページ)「這所學校學術地位在藝術類大學中處於絕對高度」
https://read01.com/zh-tw/ggnOyPP.html#.WwEF9ExuK00

          *

 その他、最近日本で開催された「問道-2018日中文化交流書画展(絵画展)」(日中友好会館美術館)の開幕式典のニュース記事も幾つか見つかりました。私は作品を出品していないのですが、開幕式典に貴賓として招待され、ご挨拶とテープカットをしました。中文導報では、私(后藤 仁)は、東京藝術大学 美術評論家とされていますね~ (;´Д`) 。

中文导报(中文導報)「“问道-2018・中日文化交流书画展”隆重开幕」
http://www.chubun.com/modules/article/view.article.php/176027/c1

日中商报(日中商報)「艺术为媒:中日美术家携手日本东京“问道”」
https://108jp.com/thread-23201-1-1.html

〔類似・転載サイト〕
华舆 - 中文导报「问道—2018・中日文化交流书画展隆重开幕」
http://cms2.newsduan.com/newsyun/HuaMeiJingXuan/YaZhou/RBZWDaoBao/20180409/56314.html
每日頭條「問道—2018・中日文化交流書畫展隆重開幕」
https://kknews.cc/culture/aaakka6.html

スポンサーサイト

テーマ : お知らせ
ジャンル : 学問・文化・芸術

2018-04-04

「東北・福島 絵本贈呈式」へのお便りが届きました!!


 福島、双葉地方の保育園・幼稚園・小学校・中学校から、「東北・福島 絵本贈呈式」に対するお便りが届きました。誠にうれしい限りです!! (#^.^#)/~~~💛
 元々、見返りを期待しないボランティア的、絵本寄贈プロジェクトなのですが、このように実際、現地の子ども達に活用されている光景を見ると、絵本を贈って良かったと、しみじみと感じます~。
 
 今、日本の子ども達の貧困率は上昇し、子供食堂なるものが各地にできていると言います。私の子どもの頃の生活も、けっして物質的には豊かな生活ではありませんでしたが、ご両親のおかげで、食べ物に困ったという経験は記憶にありません。
 これからの世の中はますます困難な時代を迎える事が懸念されます。豊かな者が貧しい者を思い、富裕者が貧困者を支え、できるだけ平等な社会を築いていくという、上手い仕組みと心がけが、一層不可欠な時代になるのでしょう・・・。
 私達、絵描き(文化人)も出来うる事は進んで行動しなければいけませんし、政治家は政治で、法律家は法曹界で、経済人はビジネスで、科学者は研究で・・・、それぞれの役割・使命を、まさに私利私欲無しに行動しなければ、近い将来、人類は恐ろしいしっぺ返しを受ける事になるのでしょうね・・・・。

 良き「絵本」で育った、この子ども達~未来の瞳~が、より良い世の中を創造していってくれる事を願って止みません・・・。
 
  日本画家・絵本画家 後藤 仁

福島絵本贈呈式 返礼福島県双葉郡 川内村 かわうち保育園

福島絵本贈呈式 返礼福島県双葉郡 川内村立 川内小学校

福島絵本贈呈式 返礼福島県双葉郡 川内村立 川内中学校

福島絵本贈呈式 返礼福島県双葉郡 大熊町立 熊町小学校・大野小学校
福島絵本贈呈式 返礼福島県双葉郡 大熊町立 熊町小学校・大野小学校

福島絵本贈呈式 返礼福島県双葉郡 大熊町立 大熊中学校

 (※子ども達のプライバシー保護の為、画像をかなり縮小し、画像を一部加工しています。)


「東北・福島 絵本贈呈式」
 
 私から大熊町いわき出張所への「絵本贈呈式」。絵本3種類を、大熊町いわき出張所を通して、福島県双葉地方8町村の幼稚園・小学校・中学校 24校に、計120冊をご寄贈いたしました。

○絵本寄贈先
 福島県双葉地方8町村の幼稚園・小学校・中学校 24校に、計120冊

○寄贈絵本リスト
  絵本『ながいかみのむすめ チャンファメイ』 (福音館書店こどものとも)
   1校1冊 計24冊
  絵本『わかがえりのみず』 (鈴木出版こどものくに ひまわり版)
   1校3冊 計72冊
  絵本『金色の鹿』 (子供教育出版 石井式育み文庫)
   1校1冊 計24冊
   総計 120冊

東北・福島の旅

○出席者
  岩城光英 様 〔元法務大臣、元いわき市長〕
  武内敏英 様 〔大熊町教育委員会 教育長〕
  小野田敏之 様 〔葛尾村教育委員会 教育長〕
  秋元 正 様 〔川内村教育委員会 教育長〕
  舘下明夫 様 〔双葉町教育委員会 教育長〕
  石井賢一 様 〔富岡町教育委員会 教育長〕
  青木 洋 様 〔楢葉町教育委員会 教育長〕
  浅野 一 様 〔広野町教育委員会 教育長〕〈所用により欠席〉
  畠山熙一郎 様 〔浪江町教育委員会 教育長〕〈所用により欠席〉
  後藤 仁 〔日本画家・絵本画家〕

●日時 : 2018年2月7日(水) 13時30分~ (終了)
 
●場所 : 大熊町いわき出張所
  〒970-1144 福島県いわき市好間工業団地1-43

●後援 : 福音館書店、鈴木出版、子供教育出版



「後藤 仁 東北・福島 絵本贈呈式」の模様は、KFB福島放送 2月8日(木)でテレビ放送されました!!

毎日新聞 ─ 寄贈 「想像力と活力の糧に」 千葉の後藤さん、双葉郡の学校に絵本/福島
 https://mainichi.jp/articles/20180208/ddl/k07/040/082000c

テーマ : お知らせ
ジャンル : 学問・文化・芸術

2018-03-20

★ 絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)重版出来!!

★ 重版出来!! 好評販売中 ♡

 絵本『犬になった王子 チベットの民話』は、しばらく品切れ状態で、Amazon等では一冊 1万円以上のプレミア価格が付いていたりして、ご迷惑をおかけしましたが、ようやく重版が決定しました。ぜひ、書店等で拙作絵本をお求め下さい。

 先日、22日間の「台湾写生旅行」から戻ってきました。また、おいおい、このブログに旅の模様を上げていきますのでお楽しみにしていて下さい。

 私は今まで美術団体・団体展 等には所属せずに、後藤純男先生門下ながら独立孤高の無所属 日本画家の立ち位置で制作を続けてきました。しかし近年、絵本を手掛けたのを機会に、日本児童出版美術家連盟(童美連)という著作権擁護団体に加わりました。
 その流れの中で、この年まで絵を描き続けてこられた事へのお礼の意も込めて、日本文化界での社会的な役割を果たすとともに、少しは社会還元をしていかなければいけないのではないか・・・という思いも強くなり、日本美術界唯一の職能擁護団体である日本美術家連盟に所属する事にしました。この度、日本画界の重鎮である中島千波先生のご推薦を受けて入会が認められました。東京藝術大学時代の恩師でもある、創画会所属の関 出 先生にもご推薦をお願いしていたのですが、役員クラスの人のご推薦の場合はお一人で大丈夫だという事で、誠に申し訳ない事になったのですが、中島千波先生お一人にご推薦していただける段取りになりました。
 最近、制作に加え、美術大学での講師や、団体での活動 等、ますます忙しくなっていますが、できる限り頑張っていきたいと思います。

 今後とも後藤 仁 作品をよろしくお願い申し上げます。 

  日本画家・絵本画家 後藤 仁 

絵本『犬になった王子(チベットの民話)』 表紙絵本『犬になった王子 チベットの民話』 表紙


絵本『犬になった王子 チベットの民話』 (岩波書店)
 
 文 君島久子 / 絵 後藤  仁
  2052円 (1900円+税) 
 
  重版は、出版社の諸般の事情により、初版より100円値上げになります。
   〔ISBN 978-4-00-111242-9〕 
 
 岩波書店 電話  
 03-5210-4000 (岩波書店 案内)  
 049-287-5721 (岩波書店 注文)

●岩波書店 公式サイト(児童書編集部)─ 絵本『犬になった王子 チベットの民話』
 
 http://www.iwanami.co.jp/book/b254895.html


●"The Prince who became a Dog - Inu ni natta oji. Chibetto no minwa (An Old Tibetan Tale/A Tibetan folk legend) " Iwanami Shoten Publishers, Inc (Japanese)
 
 http://www.iwanami.co.jp/book/b254895.html


(岩波書店に直接ご注文されると送料がかかります。全国書店でご注文されると送料がかかりません。)

テーマ : お知らせ
ジャンル : 学問・文化・芸術

2018-01-31

複製権センター 新年会、著団協 新年賀詞交歓会 出席。後藤 仁

 2018年1月23日は、銀座の画廊を幾つか回り、その後、「複製権センター 新年会」(青学アイビーホール、表参道)に日本児童出版美術家連盟(童美連)の著作権部の主要メンバーである、あんびるやすこ さん、しばはら・ち さん、ほか数名とともに参加。文化庁の著作権担当官や各界の著作権担当者、100名近くの人々が勢ぞろいしました。
 私個人的には、その土地土地の”人”をその場の雰囲気とともに撮られる作風で知られ、私が前から大好きな写真家である、田沼武能先生にお会いできたのはとても嬉しかったです。
 私はこの新年会には初参加なので、当日の会の雰囲気が分からなかったのでカメラを持っておらずに残念・・・。また来年も参加できればと思います。

複製権センター新年会「複製権センター 新年会」(青学アイビーホール、表参道) 童美連の ひらてるこ さんが写真を送って下さったので掲載いたします。新年会に参加した童美連のメンバーです。

 1月30日は、ちひろ美術館・東京の「日本の絵本100年の歩み」展を拝見。なかなか見に行く時間が取れずに、会期終了ぎりぎりになりましたが、とても良い展覧会でした。この展覧会は日本児童出版美術家連盟(童美連)も「後援」しています。
 竹久夢二、武井武雄、村山知義、初山 滋、いわさきちひろ、赤羽末吉、太田大八といった日本絵本史を彩って来た絵本作家から、私が日頃、童美連や絵本学会等で親しくしていただいている、西巻茅子さん、田畑精一さん、村上康成さん、杉浦範茂さん、いわむらかずお さん、長野ヒデ子さん、浜田桂子さん、和歌山静子さんといった、ベテラン絵本作家の作品もたくさん展示されていて感激!!。

ちひろ美術館・東京ちひろ美術館・東京

 次に神保町に移動して、「神保町ブックハウスカフェ」に寄り、浜田桂子さんの絵本原画展を拝見。浜田さんの作品はいつも社会性・メッセージ性が高くて、深く考えさせられるものが多いです。
 神保町の別の画廊を見て、こどもの本の古本屋みわ書房で絵本を探しました。文化功労者・恩賜賞受賞者の日本画の大家、稗田一穂先生の幻の絵本「しらさぎの くる むら」(稗田一穂 画、いぬいとみこ 文/福音館書店こどものとも、1958年)を発見、感動です!!。(ただ、1989年復刻版ですが、それでも貴重です。)稗田先生は、私と同じ大阪市立工芸高等学校、東京藝術大学を卒業されているので、学校の大先輩にも当たるのです。和歌山静子さんの初期の作品「ねずみたいじ」(福音館書店こどものとも、1978年)もありましたので購入。

神保町ブックハウスカフェ神保町ブックハウスカフェ

 その後移動して、「日本著作者団体協議会(著団協) 新年賀詞交歓会(新年会)」(日比谷聘珍樓、千代田区)に出席しました。
 文化庁の著作権担当官をはじめ、写真家の田沼武能先生 等の各界の先達30名程がそろわれました。なかでも、日本画家の大御所、中島千波先生にご挨拶できたのは良かったです。中島先生には、東京藝術大学の加山又造先生か後藤純男先生の退官記念展の時や、平山郁夫先生のお別れ会の時等に、度々、お見掛けしていたのですが、タイミングが合わずに、今まで直接お話をした事がなかったのです。中島先生はとても気さくな方で、日本画家としては誠に珍しいタイプの人です。先生とは、色々、日本画の話ができて嬉しかったです。
 今日はなかなか充実した一日だったね~。

  日本画家・絵本画家 後藤 仁

著団協 新年賀詞交歓会「日本著作者団体協議会(著団協) 新年賀詞交歓会」(日比谷聘珍樓) ビル28階の日比谷聘珍樓からの眺め。まさに東京の夜景ですね~。

著団協 新年賀詞交歓会「日本著作者団体協議会(著団協) 新年賀詞交歓会」(日比谷聘珍樓) 写真家・田沼武能先生の乾杯の音頭

著団協 新年賀詞交歓会「日本著作者団体協議会(著団協) 新年賀詞交歓会」(日比谷聘珍樓) 日本画家・中島千波先生と私・後藤 仁

テーマ : お知らせ
ジャンル : 学問・文化・芸術

2018-01-15

「後藤 仁 松戸 絵本贈呈式」を開催、絵本『わかがえりのみず』贈呈

 2018年1月12日は、「後藤 仁 松戸 絵本贈呈式」を開催しました。私の作画絵本『わかがえりのみず』55冊を、松戸市教育委員会を通して松戸市立小中学校 知的障害特別支援学級に贈呈し、松戸市教育委員会 教育長から御礼状をいただきました。
 近年の松戸市は、様々な文化・芸術事業にも力を入れており、とても良い傾向だと思います。今後ますます、文化的・芸術的に発展した先進的な町になっていく事を、作家として一住民として期待しています。

 当日は、数社の地元テレビ局と新聞社の方が取材に来られました。「後藤 仁 松戸 絵本贈呈式」の模様は、千葉テレビ(チバテレ)「NEWSチバ600」 12日(金)18時~と、「NEWSチバ930」 12日(金)21時30分~、で放送されました!!

○千葉テレビ(チバテレ)ニュース「松戸市 日本画家が絵本を寄贈」
http://www.chiba-tv.com/info/detail/14471
○Yahoo!ニュース「松戸市在住の日本画家 後藤仁さん 自身作画の絵本55冊を寄贈」  (現在、配信終了)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00010001-chibatele-l12
○千葉テレビ放送NEWS ─ LINEアカウントメディア「松戸市在住の日本画家後藤仁さん 自作絵本寄贈」
http://news.line.me/issue/oa-chibatvnews/e8c9b48e4384?utm_source=Facebook&utm_medium=share&utm_campaign=none&share_id=uyb16189121668

 J:COMチャンネルが見れる方は、デイリーニュース「松戸 東北・福島 絵本寄贈プロジェクト・絵本贈呈式」 15日(月)17時40分~(繰り返し放送あり)、でも放送予定です。ぜひご覧下さい。
https://c.myjcom.jp/jch/dailynews/index.html

松戸絵本贈呈式私より松戸市教育委員会 教育長 伊藤純一さんへの絵本・目録 贈呈

松戸絵本贈呈式贈呈した絵本・目録

松戸絵本贈呈式贈呈した絵本『わかがえりのみず』(鈴木出版こどものくに ひまわり版)

松戸絵本贈呈式松戸市教育委員会 関係者の皆様と


              *

【後藤 仁 絵本寄贈プロジェクト】

 私は、絵本『ながいかみのむすめ チャンファメイ』(福音館書店こどものとも)を、2013年2月1日に出版した直後から現在まで、各方面への「絵本寄贈プロジェクト」を続けて来ました。一つには、当然ながらより多くの人々に自分の描いた「絵本」を見てもらいたいという作家としての思いからです。もう一つは、東北被災地等の国内を始め、発展途上国の国々等、まだまだ「絵本」が足りていないであろう所に少しでも「絵本」を届けたいという率直な願いです。この活動は、絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)以降にも継続しています。
 出版社から自費で作画絵本を取り寄せ、一枚一枚に自筆サインを書き込んで、梱包して送付します。可能ならば国内・国外問わず、直接、足を運んで手渡ししていきます。現在(2017年12月)までに、東北被災地、松戸市・柏市周辺、中華人民共和国、スリランカ等の児童施設・学校・図書館 等に、計1,500冊位は寄贈して来ました。このプロジェクトが、「東北を忘れない・社会全体で助け合おう」という意識喚起にもつながるのではないかという期待もあります。
 東北等の被災地を始め、日本中いや世界中にはまだまだ「絵本(絵画・芸術・文化)」を必要としている所は多々あります。私は多くのアジア圏を旅しましたが、極めて貧しい生活を強いられている子供達を多く目の当たりにして来ました。幼い子が懸命に労働をしている姿を何度も見て来ました。(しかし、生活は貧しくとも、大抵の子供達の目はキラキラと輝きとても明るく元気です。)
 また、混迷する世界情勢の中で、日本画家の私が日本の伝統的な絵画表現である日本画で、中国等の民話を「絵本」に描く事により、日本と中国、そして世界への文化交流・平和交流の一助になれるのではないかという提唱でもあります。

 特に、松戸に続く東北・福島への「絵本寄贈プロジェクト」では、元法務大臣・いわき市長の岩城光英さんに全面的なお力添えをいただき、今回の「絵本贈呈式」開催に結びついた事を、岩城さんへの感謝の念と共に、付記しておきます。
 今回の松戸・東北への絵本寄贈の後は、ネパール大地震や熊本大地震の被災地への「絵本寄贈プロジェクト」を計画しています。私の微力ではなかなか及びませんが、時間をかけてでも機会があるごとに少しずつでも、日本中・世界中の子供達への「絵本」の寄贈を継続していかなければならないと考えています。

  日本画家・絵本画家 後藤 仁


「松戸 絵本贈呈式」

○絵本寄贈先
松戸市立小中学校 知的障害特別支援学級に、計55冊

○寄贈絵本リスト
絵本『わかがえりのみず』 (鈴木出版こどものくに ひまわり版) 1学級1冊 計55冊

○出席者
 伊藤純一 様(松戸市教育委員会 教育長) 他、松戸市教育委員会 関係者
 後藤 仁  (日本画家・絵本画家)

 私から松戸市教育委員会・松戸市教育長への「絵本贈呈式」。絵本『わかがえりのみず』を、松戸市教育委員会を通して、松戸市立小中学校 知的障害特別支援学級に1学級1冊ずつ、計55冊をご寄贈いたしました。

日時 : 2018年1月12日(金) 15時30分~

場所 : 松戸市教育委員会 教育長室
(〒271-8588 松戸市根本356 京葉ガスF松戸ビル5階)

http://www.city.matsudo.chiba.jp/kyouiku/index.html

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

2017-12-27

第36回この本だいすきの会 年の暮れ集会(市川グランドホテル)

 2017年12月26日は、「第36回 この本だいすきの会 年の暮れ集会」(市川グランドホテル)がありました。今回は、絵本作家・長野ヒデ子さんの講演会でしたが、とても軽妙で楽しいお話が聴けて、良かったです。
 その後、児童文学作家・画家・出版社編集者・会員を交えての交流会があり、約160人余りで楽しい一時を過ごしました。長野ヒデ子さんの他にも、人気絵本作家・ベテラン児童書作家の方々が毎年たくさん出席されています。また、最近は私のような50歳以下の若手作家も参加するようになってきています。昨年までは一会員として出席していましたが、今年の夏の集会からは、私も作家(絵本画家)扱いでの出席となり、作家のあいさつでは、絵本『わかがえりのみず』(鈴木出版)、『金色の鹿』(子供教育出版)と、来年の「日本画・絵本原画展」の紹介をしました。
 本当は27日も「2日目 集会」がありましたが、日本画の制作を進めなければいけないのと、何かと雑事が残っており、残念ながら欠席しました。

年の暮れ集会2017「この本だいすきの会 年の暮れ集会」 作家・画家の平和へのメッセージ、私も書きました。

年の暮れ集会2017「この本だいすきの会 年の暮れ集会」 私のあいさつ。絵本『わかがえりのみず』(鈴木出版)、『金色の鹿』(子供教育出版)と、来年の「日本画・絵本原画展」の紹介をしました。

年の暮れ集会2017「この本だいすきの会 年の暮れ集会」 絵本作家の きむらゆういち さんと私

年の暮れ集会2017「この本だいすきの会 年の暮れ集会」 最後は全員で輪になって歌をうたいます~♪。

 今年も誠に多忙な一年でしたが、来年は今の段階でも、「日本画・絵本原画展」2回と、「日本画・絵本関係イベント」7~8回と、「台湾写生旅行」が予定されており、作品制作・大学講師(東京造形大学、東京藝術大学) 等々、今年以上に忙しい年になる事は間違いないです。
 身体がもつのか分かりませんが、できうる範囲で最大限、頑張っていきたい所存です。
 本年は誠にありがとうございました、来年もよろしくお願い申し上げます。来年が皆様にとって良い年でありますようお祈り申し上げます。

 来年は戌年(いぬ年)、そう、絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)の年なのですワン!! 🐶

  日本画家・絵本画家 後藤 仁

絵本『犬になった王子 チベットの民話』表紙 小絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)


テーマ : お知らせ
ジャンル : 学問・文化・芸術

2017-12-21

日本児童出版美術家連盟(童美連)「忘年会」開催!!

 2017年12月19日は、日本児童出版美術家連盟(童美連)「忘年会」がありました。私は童美連 厚生部の部長でもあるので(こちらは展覧会実行委員会とは違って、ほぼ名目だけなのですが)、とりあえず写真を撮ったりしていました。
 約70名の童美連会員や絵本作家・イラストレーター、その他の方々でにぎわいました。このハワイアンダイニングバー・ティキティキ新宿店では、途中、ハワイアンダンスショーがあり、私も少し踊りましたが、今回は写ってはいませんね~。

 その後の二次会では、カラオケの人数が集まらないので今回はあきらめて、何人かで宮崎の鳥料理を食べました・・・、とても美味しかったです。 ( ^^) _U~~

 日本画家・絵本画家 後藤 仁

童美連忘年会2017ハワイアンダイニングバー・ティキティキ TikiTiki 新宿店

童美連忘年会2017童美連理事長の きたやまようこ さんの乾杯の音頭

童美連忘年会2017ハワイアンダンスショー、猫のダヤンで有名な池田あきこ さんも踊ります 😼

童美連忘年会2017ハワイアンダンスショー、猫のダヤンで有名な池田あきこ さんも踊ります 😹

テーマ : お知らせ
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

後藤 仁(GOTO JIN)

Author:後藤 仁(GOTO JIN)
 ~後藤 仁 公式ブログ1~
日本画家・絵本画家 後藤 仁(GOTO JIN)の日本画制作、絵本原画制作、写生旅行、展覧会などのご案内を日誌につづります。

  〔後藤 仁 略歴〕
1968年兵庫県赤穂市生まれ。15歳、大阪市立工芸高校美術科で日本画を始める。東京藝術大学絵画科日本画専攻卒業、後藤純男先生(恩賜賞受賞者)に師事。在学中より約12年間、旧岩崎邸、入船山記念館、孫文記念館(移情閣)等の金唐革紙(手製高級壁紙)の全復元を行う。卒業以降は日本画家として活動し、中国・インドをはじめ世界各地に取材した「アジアの美人画」をテーマとする作品を描き、国内外で展覧会を開催する。近年は絵本の原画制作に力を入れる。
○絵本作品に『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店)、『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)、『わかがえりのみず』(鈴木出版)、『金色の鹿』(子供教育出版)、挿絵作品に『おしゃかさま物語』(佼成出版社)。『犬になった王子 チベットの民話』は、Internationale Jugendbibliothek München ミュンヘン国際児童図書館(ドイツ)の「The White Ravens 2014/ザ・ホワイト・レイブンス 国際推薦児童図書目録2014」に選定される。NHK日曜美術館の取材協力他、テレビ・新聞等への出演・掲載も多い。
○東京藝術大学・デザイン科非常勤講師。東京造形大学・絵本講師。金唐革紙保存会 主宰。日本美術家連盟(常任理事:中島千波先生 他)会員。日本児童出版美術家連盟(童美連)(太田大八先生、赤羽末吉先生、いわさきちひろ先生らが創設)会員・理事。絵本学会(太田大八先生らが創設、現会長:松本 猛先生)会員。日本中国文化交流協会(井上 靖先生らが創設)会員。この本だいすきの会(代表:小松崎 進先生)会員。千葉県松戸市在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
後藤 仁 アルバム
後藤 仁のアルバムを掲載いたします。
フリーエリア
フェイスブック 後藤 仁 Jin Goto


フェイスブックページ「日本画家・絵本画家 後藤 仁」 | 


フェイスブックページ「ながいかみのむすめチャンファメイ」 | 


フェイスブックページ「犬になった王子 チベットの民話」 | 




Find me on Google+(グーグルプラス「後藤 仁」へ)




ブクログ「後藤 仁の本棚」ブクログ

絵本ナビ「犬になった王子  チベットの民話」絵本ナビ「犬になった王子 チベットの民話」
絵:後藤 仁 /文:君島 久子 /出版社:岩波書店絵本ナビ


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR