2014-04-06

絵本『犬になった王子 チベットの民話』の犬は何犬か?

 絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)に対するご質問で、絵本原画展会場やネット上で一番多いのは、登場する犬の犬種は何かという点です。そこで今回、この場で詳しく解説しようと思います。

 絵本制作の初期段階では、日本人になじみの深い日本犬風にしようと考えていたのですが、編集者との協議の中で、やはりチベットの犬にするのがふさわしいという事に決まりました。
 チベットの犬を調べると純血種が何種類かある事が分かりました。最も良く知られているチベット犬種は「チベタン・マスティフ」なので、編集者もそれを推薦しましたが、私は物語に出て来る可愛らしいイメージとそぐわない様に感じました。マスティフは闘犬なので、あまりに怖すぎて子供も親しみが持てないでしょう。その他に可愛らしいチベットの愛玩犬として「チベタン・スパニエル」「チベタン・テリア」「ラサ・アプソ」等がありました。いずれも古来からチベット寺院等で大切に飼われて来た由緒ある犬であると文献に記されていました。
 その中で、素朴な中に力強さのある「チベタン・スパニエル」をベースとする事に決めました。しかし、「チベタン・スパニエル」はかなりの小型犬なので、編集者との打ち合わせで物語のイメージから中型犬にしようと決定していましたので、大きさが合いません。

 私は、その後、2012年4月8日~26日まで「中国、チベット・四川省写生旅行」を敢行しました。その時にチベット犬の雑種がたくさんいましたので、つぶさに観察しました。ほとんどは物語のイメージ通りの毛が長く素朴で愛らしい中型犬でした。色は黄土色(金色に近い)と黒色が多いです。チベットは標高が4000m級で、夜間はかなり寒くなりますので、犬でも猫でも長毛種が多いのです。
 私が高台(チベット自治区・チョンギェの蔵王墓)からチベットの雄大な大麦(チンコー麦)畑をスケッチしていた時、2頭の親子犬がすり寄って来ました。とても人懐っこいのです。かなり長い時間私に寄り添っている犬のぬくもりを感じつつ、私は「きっと、この絵本は良い絵本になる。」と確信しました。チベットの犬が、「絵描きさん、私を上手く描いて下さいな!!」と歓迎してくれている様に思えたのです。チベット滞在も残りわずかのその頃、苦心してここまで来て良かったな・・・と目頭が熱くなりました。あまりにも美しく広大なチベットの風景、物音一つしない静かでゆったりと流れる時間の中、私と犬は心を一つにしながら、いつまでも鉛筆を走らせていました・・・。

チベタン・マスティフチベタン・マスティフ

チベット犬01チベット犬の雑種

チベット犬02スケッチする私とチベット犬

チベット犬03スケッチする私とチベット犬

チベット犬04スケッチする私とチベット犬

チベット犬05スケッチする私とチベット犬

チベット犬06スケッチする私とチベット犬

チベット犬07チベット犬の雑種


 日本に帰って来てから、「チベタン・スパニエル」の風貌に現地で見た雑種犬を合わせてイメージを作り上げました。私は人物でも風景でもしっかりとした取材・写生を大切にしますので、チベットの現地で犬をゆっくりとスケッチする間のなかった私は、日本で犬を取材する事にしました。日本ではチベット犬はほとんどいないでしょうから、長毛犬の「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」をスケッチして、骨格構造をつかみました。
 この様に3種の犬の要素を合わせて試行錯誤の上、『犬になった王子』の素朴な中にも気品のある王子犬が誕生したのです。
  日本画家・絵本画家 後藤 仁
 


犬になった王子――チベットの民話犬になった王子――チベットの民話
(2013/11/16)
君島 久子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

2013-07-12

絵本『犬になった王子 チベットの民話』の原画を描き終えました!!

 岩波書店の新作絵本『犬になった王子 チベットの民話』が一年以上の日本画による作画をへて、ようやく描きあがりました。後は岩波書店編集部にお渡しして、校正・印刷を残すのみです。
 この絵本の原話は、宮崎 駿氏の作品「シュナの旅」(後にスタジオジブリのアニメ映画「ゲド戦記」の原案になる。)の原話にもなった、君島久子先生の名作民話です。脚色の無い純粋な絵本化は、これが初めてです。
 11月15日、岩波書店から出版されますので、楽しみにしていて下さい。またその後、東京都心での「絵本原画展」が予定されています。
 詳しい絵本制作の課程や「絵本原画展」案内等は、絵本出版後おいおい掲載していきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。 日本画家・絵本画家 後藤 仁


 絵本『犬になった王子 チベットの民話』表紙原画部分絵本『犬になった王子 チベットの民話』表紙原画 部分


 2013年11月15日 出版  
岩波書店  絵本『犬になった王子 チベットの民話』

   絵 後藤 仁/文 君島久子(国立民族学博物館名誉教授)
 
 穀物のない国の勇敢で心の優しい王子が、苦難の旅を乗り越え麦のタネを手に入れるまでを描く、壮大な冒険物語です。宮崎駿「シュナの旅」(徳間書店)(のちにスタジオジブリのアニメ映画「ゲド戦記」の原案となる。)の原話にもなった名作を初絵本化。チベットの民話。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

後藤 仁(GOTO JIN)

Author:後藤 仁(GOTO JIN)
 ~後藤 仁 公式ブログ1~
日本画家・絵本画家 後藤 仁(GOTO JIN)の日本画制作、絵本原画制作、写生旅行、展覧会などのご案内を日誌につづります。

  〔後藤 仁 略歴〕
1968年兵庫県赤穂市生まれ。15歳、大阪市立工芸高校美術科で日本画を始める。東京藝術大学絵画科日本画専攻卒業、後藤純男先生(恩賜賞受賞者)に師事。在学中より約12年間、旧岩崎邸、入船山記念館、孫文記念館(移情閣)等の金唐革紙(手製高級壁紙)の全復元を行う。卒業以降は日本画家として活動し、中国・インドをはじめ世界各地に取材した「アジアの美人画」をテーマとする作品を描き、国内外で展覧会を開催する。近年は絵本の原画制作に力を入れる。絵本作品に『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店)、『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)、挿絵作品に『おしゃかさま物語』(佼成出版社)。『犬になった王子 チベットの民話』は、Internationale Jugendbibliothek München ミュンヘン国際児童図書館(ドイツ)の「The White Ravens 2014/ザ・ホワイト・レイブンス 国際推薦児童図書目録2014」に選定される。NHK日曜美術館の取材協力他、テレビ・新聞等への出演・掲載も多い。東京造形大学・絵本講師。金唐革紙保存会 主宰。日本児童出版美術家連盟(童美連)(太田大八先生、赤羽末吉先生、いわさきちひろ先生らが創設)会員・理事。絵本学会(太田大八先生らが創設、現会長:松本 猛先生)会員。日本中国文化交流協会(井上 靖先生らが創設)会員。この本だいすきの会(代表:小松崎 進先生)会員。千葉県松戸市在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
後藤 仁 アルバム
後藤 仁のアルバムを掲載いたします。
フリーエリア
フェイスブック 後藤 仁 Jin Goto


フェイスブックページ「日本画家・絵本画家 後藤 仁」 | 


フェイスブックページ「ながいかみのむすめチャンファメイ」 | 


フェイスブックページ「犬になった王子 チベットの民話」 | 




Find me on Google+(グーグルプラス「後藤 仁」へ)




ブクログ「後藤 仁の本棚」ブクログ

絵本ナビ「犬になった王子  チベットの民話」絵本ナビ「犬になった王子 チベットの民話」
絵:後藤 仁 /文:君島 久子 /出版社:岩波書店絵本ナビ


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR