fc2ブログ

2022-08-13

大垣祭り・中町 布袋軕 天井画(天井絵)制作〈その9〉、彩色進展

「大垣祭り〔ユネスコ無形文化遺産・国重要無形民俗文化財〕・中町 布袋軕(ほていやま)」(岐阜県大垣市) 
 天井画(天井絵) 『黒龍と四つ姫の図』 制作

 絵師(日本画家・絵本画家) 後藤 仁、GOTO JIN


  (※フェイスブック Facebook に記述した内容から、今回、胡粉・朱・特殊絵の具 等による下塗り彩色工程を、まとめています。)

                 *

 2022年6月23日。6月半ば、今週は久しぶりに、「大垣祭り 天井画」を描き進めました。絵本原画制作等が忙しくて、なかなか「天井画」を描く時間が取れなかったのですが、これから再び、絵本原画と並行して、果敢に描き進めていきます──。😤
 やるべき事が多過ぎて、全ての進展が遅々としていますが、たとえ時間がかかろうとも、本物の芸術作品を目指して、全身全霊・誠心誠意、じっくりしっかりと描きたいのです~。('◇')ゞ

 自家製の岩絵の具(昔、鹿児島取材の旅でとってきた、桜島の火山灰から、私が作製した特殊岩絵の具)で、「黒龍」の”鱗”の放射線を、1本(手足部分は1本)~5本(身体部分は3~5本)入れていきました。それと並行して、手足先と顔・ひげと背肉部分を、同じ岩絵の具で描きました。
 その後、「黒龍」の口を赤口本朱で彩色し、周囲の炎文様を黄口本朱で彩色しました。今日はここまでで力尽きました・・・。
 明日以降、彩色の続きをドンドン進めていきます。乞うご期待〰〰。

大垣祭り、天井画制作・彩色
自家製の岩絵の具(桜島の火山灰から作製した特殊岩絵の具)で、「黒龍」の鱗の放射線と、手足先を描く。
大垣祭り、天井画制作・彩色
「黒龍」の顔・ひげと背肉部分を、同じ自家製岩絵の具で描く。
大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色
「黒龍」の口を赤口本朱で彩色、周囲の炎文様を黄口本朱で彩色。
大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色
今週の作業完了。


 6月24日。今日は「黒龍」の眼・角・牙・爪等の他、必要箇所全体に ”胡粉”(ごふん/カキ等の貝殻から作製した、日本画の代表的な白色絵の具)の地塗り用〈白雪〉で彩色しました。この後、この上から、更に彩色を重ねていくのです。
 今回、なるべく板目の美しさを活かすため、彩色に被覆力の強い胡粉を使用するか否か、また、どこまで彩色し・どこを板目のままで残すのか等、色々考察してきました・・・。しかし、絵の具の発色を良くするためにも、やはり要所要所には胡粉で地塗りしておいた方が良かろうと判断しました。🧐

 いよいよ、黒龍の全体像が見えてきて、迫力が増し増しですね~ 😬 この後も、乞うご期待〰💑

大垣祭り、天井画制作・彩色
「黒龍」の眼・角・牙・爪等の他、必要箇所全体を、地塗り用胡粉〈白雪〉で彩色。
大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色
今日の作業完了。
大垣祭り、天井画制作・彩色
今回使用した画材。白色絵の具「胡粉〈白雪〉」、自家製岩絵の具「桜島の火山灰(細)」と筆。


 7月22日。7月中旬、今週は、地塗り用胡粉〈白雪〉の濃過ぎる部分を少し洗ってから、「黒龍」の腹や玉、再度、角・爪を中塗り用胡粉〈寿〉で彩色しました。次に、「黒龍」の顔や手足の毛先を、水干絵の具(すいひえのぐ)の群青・緑青で下塗り彩色。
 別日には、「黒龍」の顔・手足・背肉部分に、特殊な岩絵の具(鱗に使用したものと同じ、黒灰色系の特荒粒子の特殊岩絵の具)で部分彩色。

 最近、やるべき事も多くて、なかなか制作がはかどりませんが、一つ一つの仕事を大切にしながら、じっくり・しっかりと描き進めたいと考えています。1日作画5時間位が高い集中力のもつ限界なのですが、時に息抜きの中国映画・ドラマ、音楽視聴等の中からも、様々な創作エッセンスを吸収しながら、厳しくも楽しく、制作していきたいと思います~。(^.^)/~~~
 描きがいのある、とても面白そうな、新「絵本」企画も、私に届いてきています~。とてもとても時間が足りないのですが、コツコツと一つ一つ、焦らず・たゆまず、丁寧・慎重に仕事を進めていきます。この後も、乞うご期待〰〰💑

大垣祭り、天井画制作・彩色
「黒龍」の腹・玉・角・爪を、中塗り用胡粉〈寿〉で彩色。「黒龍」の顔や手足の毛先を、水干絵の具(すいひえのぐ)の群青・緑青で下塗り彩色。
大垣祭り、天井画制作・彩色
「黒龍」の顔・手足・背肉部分を、黒灰色系・特荒粒子の特殊岩絵の具で部分彩色。
大垣祭り、天井画制作・彩色
今週の作業完了。迫力満点❕❕ 「黒龍」の全体像が、いよいよ明瞭に見えてきましたね~🥰


 8月5日。8月初め、今週は、集中的に「天井画」を描き進めました。まず、周囲の円形文様部分に赤口本朱を塗り、「黒龍」の腹の筋に自家製 岩絵の具・桜島の灰(細)でぼかしを入れ、角・爪・背トゲに同じ絵の具で線を入れました。
 次に、白色絵の具・胡粉〈寿〉を必要箇所全体に薄く施し、「黒龍」の角・爪・背トゲ・牙に、特殊な反射をする透明~白系の絵の具(通常の日本画では使用しない、かなり特殊な絵の具)を塗りました。
 次に、龍の玉(2か所)を、同じ透明~白系の絵の具で彩色。「黒龍」の顔と手足の毛に、新岩(新岩絵の具)群青/淡口〈9番〉をぼかしで入れて、今週の作画はひとまず終了です。
 更に、『黒龍と四つ姫の図』の全体像が現われて来ましたね~😻。この後も、乞うご期待〰〰💑

大垣祭り、天井画制作・彩色
「黒龍」の腹の筋に自家製 岩絵の具・桜島の灰(細)でぼかしを入れる。
大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色
自家製 岩絵の具・桜島の灰(細)で、「黒龍」の腹の筋にぼかしを入れ、角・爪・背トゲに線を入れた状態。
大垣祭り、天井画制作・彩色
白色絵の具・胡粉〈寿〉を必要箇所全体に薄く施し、特殊な反射をする透明~白系の絵の具を、「黒龍」の角・爪・背トゲ・牙に塗った状態。
大垣祭り、天井画制作・彩色
龍の玉(2か所)を、特殊な反射をする透明~白系の絵の具で彩色し、「黒龍」の顔と手足の毛に、新岩(新岩絵の具)群青/淡口〈9番〉をぼかしで入れた状態。
今週の作画はこれで完了です ──❣❣


スポンサーサイト



テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

2022-07-17

「絵師 日々の言霊 2022」 後藤 仁 〈6〉

 私は日本画・絵本原画制作の合間合間に、日々思った事・見付けた事などを、Facebook・Twitterでつぶやきます。これは、その続編〈2022年版、その6〉になります。
 一絵師のたわいもない独白は、いい加減で無責任な言葉にしか過ぎません。しかしその行間に、芸術家の真実が垣間見えるかも知れません。荒削りで不器用な絵師の言葉の中から、”真実の言霊”を見出していただけましたら光栄です。

 今回は、絵本『青蛙緑馬』がアトリエに到着した模様を記した「绘本《青蛙绿马》新书发布会/絵本『青蛙緑馬』新刊発表会💑」と、大垣祭り「天井画」制作報告(この後、まとめます)以外の記事を掲載しています。
 絵本『青蛙緑馬』関係記事、日本向け新作絵本制作過程報告や、色覚異常(赤緑色弱)に関する見解や、元法務大臣・いわき市長:岩城光英さんや現代アーティスト:村上 隆さんの話題や、写真家で文化勲章受章者の田沼武能先生の訃報の他、幾つかの訃報もありました・・・。余談として、現代中国を代表する美人女優:景甜(ジン・ティエン)主演の中国映画・ドラマの感想などなど~~。💑

  絵師(日本画家・絵本画家) 後藤 仁/后藤 仁(ホータン・レン/中国語)/JIN GOTO

             ★

2022年6月14日

 元法務大臣・いわき市長の岩城光英さんが、次回の参議院選挙に出馬されるという事で、先程直接、お電話がありました。
 公職選挙法というものは、私は、よく理解していないのですが、2018年「東北・福島 絵本贈呈式」で岩城さんにお世話になった時の画像だけ掲載しておきましょう~(これなら問題ないでしょう)。
 私は、徹頭徹尾、”画家(日本画家・絵本画家)”でしかないですので、基本的に政治には関心が無く、支持政党等もありません。ただ、文化方面(特に美術・絵画・日本画-大人の文化 ~ 絵本-子供の文化 等)に関心が高い人、そして平和を愛する人を応援したいと思うところです・・・。🧐

(追記・選挙結果 : 岩城光英さんは、残念ながら、ご当選はされませんでした・・・。)
 
東北・福島の旅

東北・福島の旅
【画像】「東北・福島 絵本贈呈式(後藤 仁 作画絵本 贈呈式)」 (2018年2月7日 大熊町いわき出張所、福島県いわき市)
 元法務大臣・いわき市長 岩城光英さん、福島県双葉地区教育長の皆様と私・後藤 仁

河北新報 『比例出馬予定の岩城氏「感慨深い」 参院選福島 自民新人の集会で連携訴え』
https://kahoku.news/articles/20220614khn000003.html


6月15日

 「百班千人 絵本読み書きプロジェクト41期(中国)」では、私の作画絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』(浙江少年児童出版社・小活字)が共読絵本として活用されました。次の「42期」の共読絵本は、「スイミー」「フレデリック」等の名作絵本で世界的に知られた絵本作家の、レオ・レオニ(Leo Lionni)の「おんがくねずみ ジェラルディン」が選ばれています。🐭

 レオ・レオニ(Leo Lionni) 1910年オランダ アムステルダム生まれ。イラストレーター、グラフィックデザイナー、絵本作家として、米国で最も活躍した芸術家の一人。1999年没。
               
 その美篇(Meipian)記事の中で、私の作画絵本『青蛙緑馬』にも少し触れられていますので、ここでは4件、ご掲載いたします。
 現代日本の絵本市場では、一時的な人気や流行ばかりが先行し、通俗的なマンガ風絵本(本格的な漫画では無く、あくまでも、簡単・平易に描かれたマンガ風カット絵本)やヘタウマ絵本(実際のところは上手く描けないような画家の絵本)ばかりが氾濫しています・・・😩。
 この中国の「百班千人プロジェクト」では、本当に子ども達にとってプラスとなりそうな、相当に質の高い本格的な絵と文の「絵本」だけが選ばれているようです~。(「絵本」を教育的に用いる事には多くの懸念も生じますが、それにしても、日本にも、このような優れたシステムが欲しいな~。)幼い頃から、本当に優れた「絵本」に数多く触れる事で、子ども達に高い美的感覚と読解力が育つのでしたら、誠に嬉しい限りです~~💑。

美篇(Meipian) 「百千阅读第42期《音乐老鼠》新书发布会:遇见音乐打动灵魂的那一刻。」 - 417 (2022-05-07)
https://www.meipian.cn/46nmyw9i
美篇(Meipian) 「《音乐老鼠》创意写作之《书虫老鼠》」 - 冷风吹 (05-29)
https://www.meipian.cn/48094k12
美篇(Meipian) 「百班千人第42期给家长的信」 - 潘秀丹 (05-08)
https://www.meipian.cn/46pxjgnf
美篇(Meipian) 「奏响音乐老鼠之神奇乐章—第42期百班千人共读」 - 潘秀丹 (05-15)
https://www.meipian.cn/475zg08q

             *

文化通信 「宮崎 駿監督のオリジナル絵物語『シュナの旅』、英語版の発売発表を受けて重版決定、ついに90万部突破!」プレスリリース(2022年3月2日)
 本作は、宮崎 駿監督がチベットの民話をもとにオールカラーの水彩画で描き下ろした絵物語です。もとになった「犬になった王子」という物語をはじめて読んで以来、「この民話のアニメーション化がひとつの夢だった」(あとがきより)と語る宮崎監督が、絵物語という形式で夢を形にした一冊。
https://www.bunkanews.jp/article/prtimes_posts/259197/

 前に各メディアに多数掲載された記事の転載記事です。絵物語「シュナの旅」(宮崎 駿/徳間文庫)の”あとがき”で、宮崎 駿さんが、「犬になった王子」(君島久子 文)のアニメーション化が夢だったとまで語る、チベット族の優れた民話「犬になった王子」。その絵本版が、私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(君島久子 文、後藤 仁 絵/岩波書店)なのです。
 ぜひ、この機会に、2冊合わせて、読んでみて下さい~💑。
https://gotojin.web.fc2.com/book02.html

             *

 今週に入り、日本向け新作絵本「第11場面」の”下図”を本紙に転写し、骨描き(こつがき)と下地色塗りまでして、そこに、墨流しをしてある薄い和紙に裏彩色を施し、上から貼り込みました。そして、再び骨描きをし、胡粉の下地塗りをし、彩色まで進めました。
 これは、複数の伝統技法を組み合わせた、私独自の極めて複雑な複合技法です。日本画をやっていない人には、何の事やらサッパリ理解し得ないでしょうね・・・。これは私が得意とする特殊技巧画法なのですが、これを他者が全て解明して、真似する事はかなり困難だと思いますよ〰〰。😵‍💫
 私・後藤 仁にしか描き得ない、唯一無二の絵・・・、それが、私が求めるオンリーワンの画境なのです。


6月16日

 現代アーティスト・村上 隆さんは藝大・日本画界でも特別に傑出した逸材だったので、今の栄光がある。今後の厳しき時代、大多数の藝大・美大生は、将来、作家として生き残れないのではなかろうか・・・。私の時代でも、東京藝術大学や美術予備校の同期辺りの人々で、現在、本格的なアーティストとして活動してるのは、5分の1もいない・・・。私の様に地道に地味に、アジアの片隅で、手描きにこだわって、何とか頑張っている画家もいる〰。😤
 村上 隆さんもアメリカの投資富豪辺りばかりに向けて作品創作されるのではなく、世界の貧しい国々・人々の事も念頭に入れられてご活動されたら、更にビッグなアーティストになれると思うのだが・・・。既に十分、ビッグだがね〰〰。😅
 今の豊かなネット社会が、本当に100年後~200年後にあるか否かも分からない・・・。私は実在世界のみを信じる。

村上隆さんらと

村上隆さんらと
【画像】立川美術学院時代の、村上 隆さんと私・後藤 仁(1989~2000年)

WWDJAPAN 【村上隆が語るNFTの可能性やベルナール・アルノーとの関係 「30年前のビジョンが今実現している」】
https://www.wwdjapan.com/articles/1375313

             *

 この2年余りのコロナ禍において、伯父で からくり人形師の後藤大秀さんを始め、多くの知人・交流のあった方々が、亡くなられています・・・。その原因は様々なのですが、大切な方々とのお別れは、いつでも、辛く悲しいものです・・・。

 「この本だいすきの会」の創設者・代表の小松崎進 先生もそのお一人です。私との交流期間は短いのですが、その独特の仙人のようなご風貌と、絵本の読み語りにかける思いの強さに、とても感動しました・・・。先般、小松崎先生の「追悼集会」が行われたのですが、私は残念ながら、絵画講師の仕事とかぶっていて参加できませんでした。その代わりに、小冊子「小松崎進先生 追悼集」でささやかな思いを伝えさせていただきました・・・。

第35回子どもの本と文化の夏の集い
【画像】「第35回 子どもの本と文化の夏の集い」(2017年8月19日)小松崎進 先生、絵本作家・いわむらかずお さん、この本だいすきの会の皆さんと(この本だいすきの会 主催/市川グランドホテル、千葉県)

 また、SARTRAS(授業目的公衆送信補償金等管理協会)の創設にご尽力された、日本写真著作権協会の瀬尾太一さんも、昨年、ご病気でお亡くなりになられました・・・。私は、日本著作者団体協議会(著団協)の会合 等で、瀬尾さんには大変お世話になりました。私よりは年長なのですが、まだお若かったので、とても惜しいです・・・。

中島千波先生、瀬尾太一さんらと

中島千波先生、瀬尾太一さんらと
【画像】「日本著作者団体協議会(著団協)新年賀詞交歓会」(2019年1月29日)の後の二次会。瀬尾太一さん(後列・左)、日本画家・中島千波先生(後列・右)ら著団協のメンバーと、高名画家・画商 行きつけの銀座の上品なスナックにて(当然、お代は中島先生持ちです。コロナ禍・訃報にて不謹慎ではありますが、瀬尾太一さんとの写真は、こんなものしかなかったのです。私にとっては、良き思い出なのです)。

 小松崎進 先生、瀬尾太一さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます・・・・・



6月17日・18日

 私の作画絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社・小活字)を活用された、「百班千人 読み書きプロジェクト41期」の美篇記事が、今でも稀に、新たに見付かります。中国の各種検索サイトの表示にはむらがあり、突然、過去の記事が出てきたりするのです(まだ検索しきれていない記事が多くありそうです)~。('ω')ノ
 不思議な事に、「百班千人プロジェクト 41期」も、随分、前の出来事のような気がします・・。ネット情報だけなので、夢の中でのお話みたいで、現実感がないのでしょうね・・・。中国の多くの子ども達が、「青蛙緑馬」を楽しそうに読んでくれて、誠に嬉しい限りです~💑 谢谢!谢谢大家! 💖 😹

美篇(Meipian) 「点亮阅读的心灵——104班《青蛙绿马》猜读会」 - shan (2022-03-25)
https://www.meipian.cn/43s2ccpl
美篇(Meipian) 「《青蛙绿马》新书发布会」 - 黎凤姣 (2022-03-19)
https://www.meipian.cn/43emwxjo

             *

 お誕生日おめでとう❣ 生日快乐〰❣ Happy Birthday💛 皆様、誕生日を祝っていただき、誠にありがとうございます~🥰 
 各種サイト(基本、広告収入目当ての情報サイトだと思います)に、「6月18日・今日の誕生日の人」として、エドワード・モース(動物学者)、ポール・マッカートニー(ミュージシャン)、横山光輝(漫画家)、ドナルド・キーン(日本文学研究家)、後藤理沙(女優)、谷村美月(女優)、岡本玲(女優)、矢吹奈子(アイドル・HKT48)等の有名人・著名人に混ざって、私・後藤 仁も掲載されています〰〰。 ✍️🤔 へ~面白いネ〰💑

6月18日と言えば? 行事・出来事・記念日・伝統|今日の言葉・誕生花・石・星|総まとめ 今日は何の日
https://trad-japan.com/6-18/
6月18日生まれの有名人【誕生日】松村北斗、阿部華也子、三吉彩花、細川直美… ストーリィトゥデイ
https://story-today.net/6-18
【みんなの知識 ちょっと便利帳】きょうは何の日  今日は何の日 - 365日・366日
https://www.benricho.org/G_Gadgets/whatday_today/index.php?month=6&day=18
自分と同じ6月18日生まれの芸能人・有名人一覧(1ページ目)|「年齢計算・年齢早見表サイト」
https://haya-mi.net/6%E6%9C%8818%E6%97%A5/person/1


6月19日

 先日、松戸市の松戸市文化ホールで「第40回 松戸・東葛地区高校美術展」(会期:6月15日(水) 10時から6月19日(日) 14時まで)をやっていたので、絵画講師業の帰りに、2回、立ち寄りました。タイミングがあえば、ここには寄ってみる事にしています。特に、若い芸術家の卵達には、できるだけ応援してあげたい気持ちがあります~💑。
 高校生にしては、なかなか上手いデッサンや、なかなか個性的で面白い絵画作品がありました。日本画・油絵・水彩画等ではさほど目立って上手い作品は無かったのですが、鉛筆デッサンの中には、毎回2~3点、特に上手げな作品があります。多分、美術予備校に通っている人だと思います。しかし、今、テクニック的に少々上手いからといって、将来、優れた作家になれるとは限りません。それよりも、”絵”に対する強い意志と好奇心や、作品における強い独自性・個性や、この後の何十年も継続する持続力や、絵画活動時の積極的な行動力が最も大切だと考えています〰。😤
 私は高校時代までは比較的人見知り気味でしたが、それ以降は、絵を描き続けるために、人格を意識的に変革させ、特に絵に関する事には、一切(いや、ほとんど・・かな?)、おじける事がなくなりました・・・。いつものように私は、当番の先生や生徒に気軽に声をかけると、ほとんどは、「何だ、この変なおっさんは・・・⁉」といった、いつもの妙な空気感ですが、若い先生はさすがにきちんと対応され、或る男子生徒は元気そうに良いツッコミを返してきので(関西人なら当然なのですが)、少しは安心しました・・・。この展覧会も、ここの所のコロナ禍で2年間開催できなかったといいます・・・。若い人々にとっては、この期間は、なおさら、辛くてしんどい経験であろうと察します。学生時代は瞬く間に過ぎ去ります。その2年間の時間は、とても大切なのです。

 私も美術高校(大阪市立工芸高等学校 美術科)で「日本画」を始めて、その後、紆余曲折を経ながらも、何とか40年近く「日本画」を続けてこれました~。これは自身の努力・才能と運のみならず、周囲の多くの方々の支えがあってこその賜物だと思うのです。その事に心から感謝しつつ・・・、より厳しき時代に突入しつつある今の若者達には、最大限のエールを贈りたいと思います。ヽ(^o^)丿 フレ〰フレ〰〰💖 ガンバ 〰 ・加油 〰


6月23日

「哦,我提醒自己,这可不是城南弯弯曲曲的小胡同了,而是历史上清朝八旗子弟宦官之家的聚居」
【童书品牌联盟新书榜】2022年4月 第3期——好多可爱的新书 (★ ω ★) [绿马] 《青蛙绿马》,中国版“青蛙王子”,・・・
https://www.dy1711.com/show-9501797.html

 このサイトの詳細は分かりませんが、他のサイトの文章をまとめた、一種の ”まとめサイト” だと思います。
 この中でも、私の作画絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社・小活字)について触れられています~。😙


6月24日

博库网(博庫網/bookuu.com)
 浙江出版联合集团(浙江出版連合集団/中国でトップ3を競う巨大出版社グループ、この傘下には浙江少年児童出版社などの多数の出版社がある)直属の博库数字出版传媒集团有限公司(博庫数字出版伝媒集団有限公司)が運営する書籍販売サイト。
 ここでも、私の作画絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』(浙江少年児童出版社・小活字)の販売が既に始まっています。(日本への配送は、配送区域リストに入っていないので、難しいと思われますが、ご参考までに・・・。)

博库网(博庫網/bookuu.com) 「青蛙绿马(精)/中国原创绘本精品系列」
https://www.bookuu.com/detail.php?id=101900303


6月25日

 探しようによっては、「後藤 仁」に関する解説を各国語に訳した百科事典系サイトが、実に多数見つかります。以下は、その一例です。ほぼ全てが、広告収入を目的としたサイトで、特に大きなリスクはないと思いますが・・・?
 半ば公人である”画家”としては、ある程度の掲載は有難い事でもある反面、現代ネット社会における、不思議で不気味な現象でもありますね〰。いつどこで何が起こるか知れたものではないのですが、これが、プロ(半公人)の世界のリアルな現実ですね〰〰。😲

sawadee.wiki(タイ語)
https://sawadee.wiki/wiki/Goto_Jin
stringfixer(フランス語)
https://stringfixer.com/fr/Goto_Jin
hmong.es(スペイン語)
https://hmong.es/wiki/Jin_Goto
wikicsu.ru(ロシア語、トルコ語、ウクライナ語、ウズベキスタン語、カザフ語、だと思います)
https://uz.wikicsu.ru/wiki/Jin_Goto
prabook/Jin Goto (born 1968), Japanese painter World Biographical Encyclopedia(英語)
https://prabook.com/web/jin.goto/2211679


6月26日

 このような「掲示板」を見付けました。ただ、元のホームページには何故か現在アクセスできません・・・。
 前にTBS報道特集で「色覚異常の子ども」の特集をやっており、私も幼少期から「色盲(赤緑色弱)」と判断されていたので、それをSNSで少しつぶやいたら、結構、いいね・リツイート等の反響があり、その事に関する世間の関心が高い事が分かりました。今、世界ではバリアフリーやジェンダーレスが重要視される平等・融和を重んじる社会になってくる反面、世界のあちこちには、それに逆行するような過激で保守的な動きも見られます。

 私の「赤緑色弱」はかなり弱い程度のもので、日常生活や作品制作に直接の影響はないと思います。ただ、赤と緑の微妙な色彩区別が、一般人より、多分、ほんのわずかに劣るので、作品制作上、その描き分けには経験を必要としました。昔、美術予備校時代に、葉っぱの緑色に赤味を入れ過ぎていたようで、村上 隆さんに、「葉っぱが赤色じゃねえか~。後藤、色感、おかしいんじゃねえか~」と言われました。私の記憶では、明確に私の色弱を見抜いた人は村上さん、ただお一人なので、さすがに優れた洞察力を持っている人なのだと感心しました。あと、いつか、日本画家の棚町宜弘君は、「後藤さんの使う赤色は、どこか中国的で、独特で、いいですね・・・。」等とお世辞を言っていたが、彼も私の赤色が普通人とは少し異なる事に気が付いたのでしょうか・・・。私は普通に赤と緑を使っているつもりでも、どこか一般普通人とは違ってしまうのでしょう。ただ、美術の場合は、それもまた、”個性・独自性”という強みに変わるのです。

 「掲示板」のなかで、「子どもが絵が好きで、将来、美大に行きたがっている。・・・」との記載がありますが、芸大・美大受験上、絵画系なら「赤緑色弱」は全く問題ないと思われます。(多分、現在の絵画系受験では、それについて問う事さえも、やめられていると思いますが?)私は受験前の眼科の検診で(当時は美大受験に必須でした)、やはり、「赤緑色弱」と診断され、医者は、「事実だから仕方ないので、記載しておくよ」と言われ、内申書には明確に、「赤緑色弱」と書かれました。
 それでも東京藝術大学 美術学部 絵画科 日本画専攻の20倍という狭き門を2浪で突破し、現在も、細々ながら、画家稼業を続けられています。藝大の同級生で現在も、本格的に絵を描き、世間的にもある程度知られているのは、クラス26人中、4~5人程度でしょう。私は、「赤緑色弱」が画家においては、全く不利にはならないという生き証人なのです。モネは晩年、目を患い強度の色弱を発症し、赤い睡蓮を描いたそうですが、その晩年の絵が、また個性的であるとの評価が高いのです。
 ただし、純粋美術・絵画系(日本画・油絵・水彩画・彫刻等)では美大受験上、全く問題ないのですが、デザイン科・工芸科、中でも、グラフィックデザイン・インテリアデザイン等や染色系の場合は、厳密な色彩判読が求められるでしょうから、もしかしたら、受験上も何かしらのマイナス査定があるかも知れません。その後のデザイン・染色関係会社への就職でも、不利になるのではないかと思われます。この辺りは、デザイン・工芸関係の専門家に聞かないと、私には詳しく分かりません。

 少なくとも、アート(芸術・美術)の世界では、「赤緑色弱」も「精神疾患」も「身体障害」も、場合によっては、全部、アーティストの個性・独自性という強みになり得るのです。これからアートを目指す、子ども達・青年達、その個性を武器に、堂々とこの世界を目指して下さい。
 ただ、それ以上に、いわゆる健常者~何らかの障害者も関係なく、アート(芸術・美術)のプロの世界は、食べていくのが実に厳しい、熾烈で至高の競争社会でもあるという現実の方が、その世界に身を投じた後、よほど身に染みて感じる事と思います〰〰。
 青年よ大志を抱け~。ガンバ 加油 今の子ども達よ~💑。  ヽ(^o^)丿

【Facebookの返信を受けて追記】
 「色覚異常」は、日本人の男性の20人に一人の割合でいると言います。過去には「色盲・色弱」と言われ、現在は「色覚異常」、更に最近は「色覚多様性・色覚特性」と称する、この人の目の個性は、人類の生存上、とても大切な多様性の一つだと、今では考えられています。
 程度にもよりますが、一般的に「赤緑色弱」の人は、赤と緑の微妙な区別がやや難しい傾向があり、古代の採集生活においては、葉っぱの中にある赤色の果物等を見付けるのに不利だったと言います。反面、色覚健常者より白と黒の微妙な判別に優れている故、狩猟の際の枯草の中に隠れた動物の見極めや、猛吹雪(ホワイトアウト)の中での視覚に優れているそうです~。とても勇ましくてカッコイイね〰💕 つまり白黒の見分けが色覚健常者・一般人より優れているのですから、私が「鉛筆デッサン」が超得意だった事が、科学的にも解釈できるのです~~。
 私はこれまでに、これについて恨めしく思った事は一度も無く、むしろ、それでも、その個性を武器に画家(アーティスト)の生き方を貫いている、ささやかな、今のこの人生を誇りにさえ感じている位です・・・。ただ、人によっては、それによって、社会生活の上でマイナスを味わわされる方も多かった事と察します。

○ぱすてる掲示板 「色覚問題研究グループぱすてる」による掲示板です。
http://bbs4.sekkaku.net/bbs/gpstl2015/&mode=res&log=72


6月27日

 日本向け新作絵本制作の進捗状況ご報告です。色々やる事が多くて時間がかかりましたが、6月1日の編集者との打合せを元にして、「ラフスケッチ(第4案)/3場面のみ修正」を完成させ、本日、コピーを編集者に送りました。度重なる原案変更は、画家にとっては結構きついですが、出版社も編集者も納得できる作品にする為には、やむを得ません・・・。🥵
 近頃、また種々の懸念事項が増えてきて、なかなか集中しきれない日が度々ありますが、何とか持ちこたえて、気合が入った時に、じっくりと描いています。創作は遅々としていますが、その分も思い入れが深い作品に、生まれい出づると思います〰💑。


7月1日

 今週は、日本向け新作絵本「第2場面」の彩色をじっくりと進め、現在、およそ9割程度の進捗度です。この2日間は、最も神経を使う、墨による繊細な描き起こしをしています。この場面は登場人物が多いので、結構、描くのは大変でしたが、ようやく最終段階に入りました~。 (@_@)/~~~
 私の「日本画」は、一般人が一見したところでは分からないかも知れませんが、その深くて透明感のある特有の色を創るために、場所によっては、20~30回程、ごく薄い彩色を丹念に重ねているのです。そんな理由もあり、作画には、極めて時間がかかるのです。
 6月中に2場面を完成させる予定でしたが、「大垣祭り天井画」との大作の並行制作ゆえ、全く無理でした。しかし、焦らず・急がずに、じっくりしっかり、納得するまで描いていこうと思います。

 6月24日夕方頃、軽いけれども不快な頭痛が起こりました。わずかなダルさとお腹の不調もあります。咳は無くて、体温は平熱のやや高めくらいでした。近しい人の関係者辺りにもコロナ陽性者が出だしたので、少し心配しましたが、3日程で頭痛もおさまり、一応、安心しました・・・。その日は、エアコンを付けずに(付けたとしても、アトリエの隣部屋にしかエアコンがないので、あまり効きませんが・・・)、汗を流しながら、集中して作画していたので、多分、軽い熱中症だったのだと思います。その翌日からは、休憩時間にはエアコンにあたり、塩を入れた冷たい麦茶をガブガブ飲みながら作画しています〰〰。🥵😵‍💫
 9年ほど使用している私のおんぼろパソコンが、最近時々、唸り声を出しだして、急に電源が落ちたりします。暑さのせいか、壊れかけているのか、何かしらのウイルスにでも感染しているのか・・・。作業もしづらくて困ったものです。
 ・・・・40年近く、過酷な環境下で「日本画」を描き続けている私の身体も、このパソコンよろしく、ズタボロなのかも知れませんがね・・・・。 


7月4日

 中国を代表する美人女優:景甜(ジン・ティエン)と、中国の大御所俳優:张丰毅(チャン・フォンイー)が主演の、中国歴史ドラマ「孙子大传(孫子《兵法》大伝)」(2010年 中国) 全35話を観終えました。全体的には、リアルで重厚な作りの、傑作歴史ドラマでした。
 ごく簡単に話すと、楚の国の郡主(王子の娘)だった景甜演じる”漪罗”が国を追われ、呉の大王の義理の公主(王の娘)になり、张丰毅演じる孫子(孫武)の第二夫人になり、そこから逃げ出し、また戻ってくるという、奇想天外な顛末の末、漪罗と孫子は心を通わせるようになるというストーリーです。
 その間、春秋戦国時代の国同士の争いが絶えず、孫子は、「孫子の兵法」を書き上げて、最初は呉の大将軍として軍を率いるが、徐々に戦争の悲惨さ・無意味さに気が付き、後には、隠遁生活を送る事になります・・・。ドラマの最終話では、老子と孔子も登場します。
 苛烈で悲惨な戦闘シーンも多いドラマですが、孫子は徐々に「戦わずして勝つ(和解する)事」が最良だと深く悟り、隠遁生活に至るストーリーに、痛く共感できます。現代の世界情勢もまさしく、このドラマの如くで、余計にリアルさを持って観ました。世界の為政者もこのような心境に至ってくれたら、どれ程、良い世の中になるだろうか・・・・。

 景甜(ジン・ティエン)は当時、年齢、21歳位ととても若いのですが、その完成度は二十歳過ぎの若さとはとても思えないほど、鋭くて研ぎ澄まされています〰😘 景甜の非凡な美と才能と努力は、この頃から光っていたのですね~💝 景甜は、最近、「乐游原」という新しい歴史ドラマも撮り終えたばかりだそうですので、広告法違反判決などにめげずに、ますます頑張ってほしいものです〰〰。加油─❣ ガンバ─❣ サリー・ジン(Sally Jing)

中国歴史ドラマ「孫子大伝」


7月6日

 写真家で文化勲章受章者の、田沼武能先生の訃報が入りました。6月1日にご逝去されたということです。田沼先生のご冥福を、心よりお祈り申し上げます・・・・

 私はかなり前から、戦後の市井の人々を撮影された、田沼先生の人物ポートレート写真が好きで、時々、写真集を見てきました。
 2018年1月23日「複製権センター 新年会」(青学アイビーホール、表参道)で初めて、田沼先生にお会いできて感激しました。
 同年1月30日に私は、「日本著作者団体協議会(著団協)新年賀詞交歓会(新年会)」(日比谷聘珍樓、千代田区)に出席し、そこでも田沼先生にお会いでき、世田谷美術館の「田沼武能写真展 東京わが残像 1948-1964」のチケットをいただき、翌年、拝見させていただきました。

 このコロナ禍の2年余りの間に、親類・知人などの多くの方々が亡くなられました・・・。まさに、「さよならだけが人生だ」と言いますが、一時代を築かれた、優れた創作家の方々が、どんどん減っていかれるのは、誠に寂しい限りです・・・。


著団協 新年賀詞交歓会
【画像】「日本著作者団体協議会(著団協)新年賀詞交歓会」(日比谷聘珍樓、2018年1月30日)
 乾杯の音頭をとられる、写真家・田沼武能先生 (撮影:後藤 仁)

〈田沼武能先生の訃報を伝える、各種ネットニュース〉
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220602/k10013654141000.html
https://www.yomiuri.co.jp/culture/20220602-OYT1T50100/
https://www.asahi.com/articles/ASQ62451CQ62UCVL01B.html
https://mainichi.jp/articles/20220602/k00/00m/040/059000c
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022060200662&g=soc


7月8日

 🌟絵本『犬になった王子 チベットの民話』、いよいよ重版出来~❣❣ 
 私の作画絵本は大抵、子ども達にとっては渋い内容なのですが、それでも地道に、ボチボチと増刷されていますよ~💑 ご購読いただきました皆様、誠にありがとうございます~💝 心より御礼申し上げます。<(_ _)>
 まだご覧になられていない方は、この機会に、ぜひ、お読み下さい。よろしくお願いいたします。<(_ _)>

絵本『犬になった王子 チベットの民話』表紙

絵本『犬になった王子 チベットの民話』
  (文 君島久子、絵 後藤 仁/岩波書店)
  2090円(税込み) 〔ISBN 978-4-00-111242-9〕

 穀物のない国の勇敢で心の優しい王子が、美しくて思いやりのある娘ゴマンの愛によって救われ、苦難の旅を乗り越え麦のタネを手に入れるまでを描く、壮大な冒険物語です。犬になった王子の姿は、気高くもかわいらしいです。チベット族(チベット・中国四川省)の民話。
 Internationale Jugendbibliothek Munchen ミュンヘン国際児童図書館「The White Ravens 2014 国際推薦児童図書目録2014」に選定。 
 宮崎 駿「シュナの旅」(徳間書店/後にスタジオジブリのアニメ映画「ゲド戦記」の原案になる)の原話にもなった名作を初絵本化。
(※「ゲド戦記」の他にも、スタジオジブリ長編アニメーション映画「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」等の壮大な世界観や、登場する人物・動物(ヤックル等)の描写は、「シュナの旅」~「犬になった王子」が原点になっていると言われています。)

○岩波書店公式サイト ─ 絵本『犬になった王子 チベットの民話』
https://www.iwanami.co.jp/book/b254895.html

○アマゾン Amazon ─ 絵本『犬になった王子 チベットの民話』
https://www.amazon.co.jp/%E7%8A%AC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E7%8E%8B%E5%AD%90%E2%80%95%E2%80%95%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B0%91%E8%A9%B1-%E5%90%9B%E5%B3%B6-%E4%B9%85%E5%AD%90/dp/4001112426/

○絵本ナビ ─ 絵本『犬になった王子 チベットの民話』
https://www.ehonnavi.net/ehon/91533/%E7%8A%AC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E7%8E%8B%E5%AD%90%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B0%91%E8%A9%B1/

             *

 元首相の安倍晋三さんが銃撃され、亡くなられたというニュースが飛び込んできました~。日本も、いよいよ、どうなってしまったのでしょうかね・・・。
 私が昼の休憩時間にパソコンを付けていたら、オーバーヒートなのか、またまたパソコンの電源が突然落ち、仕方ないのでテレビを付けたら、まさに安倍さんが銃撃された直後でした。

 安倍晋三元首相とはもちろん面識は無いのですが、その周辺の政治家の数名の方々には、時々、お会いする事があります。たとえ、その人が善人であろうと・悪人であろうと、他者への暴力は一切許されないのです。もちろん、戦争・内戦もです・・・。
 近年、日本も中国も世界中も、言論や表現の”自由”が脅かされ、強権的・抑圧的な状況が増えています。この先、世の中がどうなっていくのか・・・。自由な創作活動が許される世の中であるのか・・・? 私のような齢50を越えた人間は、この先もただ自己の路を行くのみで、後は早かれ遅かれ、死にゆくだけです〰。ただ、これから未来がある、子ども達や若者達の事を想うと、ひたすら、心が苦しくなります・・・・。


7月9日

 ウィーチャット(WeChat/微信)・ウェイボー(Weibo/微博)・搜狐(Sohu)等の「夏休みの書物」紹介で、私の作画絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』(浙江少年児童出版社・小活字)もあげられています。記事を書かれている、fefe喆妈さんは、中国で有名な母子育児ブロガーだそうです~💑 このような平和で穏やかで文化的なブロガーが活躍できるうちは、その国も安心なのですがね〰〰。
 『青蛙緑馬』は、とても面白い絵本です 日本でも、早く翻訳本が読めるようになるといいですね~💝

ウィーチャット(WeChat/微信) 「读万卷书 行万里路|暑假书单(组图)」 原创 杨练华 fefe喆妈 (2022-07-08)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzIxNzQ1NTY0OA==&mid=2247488219&idx=1&sn=af9c8e68a341db3f2b3c3fc783b66ced&chksm=97f8df94a08f5682988aa120922f1ef4e93505c332a80a368a1b9c6804afd76cf754e5851b18&scene=132#wechat_redirect
ウェイボー(Weibo/微博) 「读万卷书 行万里路|暑假书单」 fefe喆妈 原创 (2022-07-08)
https://weibo.com/ttarticle/p/show?id=2309404788866073886945
搜狐(Sohu) 「读万卷书 行万里路|暑假书单(组图) 」 fefe喆喆妈 (2022-07-08)
https://www.sohu.com/a/565099862_103018


7月11日

 中国の美人女優:景甜(ジン・ティエン)が出演した、中国歴史映画「战国(戦国) The Warring States」(2011年)の存在は知っていましたが、なかなか日本では観る事ができずにいました。それが、(多分)正規のネット放送で観られる事が分かり、拝見しました。中国語の繫体字の字幕なので、簡体字に慣れかけている私としては、少し把握しにくかったですが、おおよそのストーリーはほぼ理解できました。
 この映画の主題歌の「風」〈作曲・編曲 S.E.N.S.(日本のミュージシャン) 〉を、景甜が歌っており、最初は歌手としてデビューした彼女の美声も聴けます~💝。景甜は、中国歴史ドラマ「孙子大传(孫子《兵法》大伝)」(2010年)の少し後の、22~23歳位と思われ、今とはまた少し雰囲気が異なり、若々しく、やや素朴な感じの景甜の姿が見られます~💘。
 主役の孙红雷が演じる孙膑(そんぴん)は「孫子の兵法」で知られた孫子(孫武)の子孫とされ、同じく”孫子”とも称されます。斉王を、日本の俳優:中井貴一が演じている事も、この映画の特筆すべき点です。景甜は、将軍の娘の田夕を演じており、勇ましい中にも優しさを持ち合わせた女性の役です。「孙子大传」と同じく、若き景甜の非凡な才能があふれており、アクションシーンも多く、景甜のはつらつとした躍動感も見ものです~💑。
 まだ、この頃の中国映画・ドラマには、日本人俳優・ミュージシャンの起用や、アメリカ映画「ベン・ハー」へのオマージュかと思われる馬車競争のシーン等、日本やアメリカの文化への憧憬があちこちに感じ取れますね。また、演者・スタッフには韓国人も多数います。・・・その国際協調路線による、自由な創作気風や旺盛な吸収力が、この10年余りの中国の文化急成長の大きな一要因だと思います。

 私は大人になってからは、映画・ドラマ・アニメ・小説・物語その他において、”戦もの”には関心が薄い・・・、いや、むしろ、おおよそ嫌いな方なのですが、最近、景甜基準で数珠つなぎに観ていくと、中国の映画・ドラマには(アメリカや日本もそうですが)、実に戦争・戦闘ものが多い事が分かります。ただ、「战国 The Warring States」や「孙子大传」においても、戦争・紛争の残虐さや無意味さがそこここに暗示されているので、その点は、まだ共感する余地があります・・・。これが戦争賛美・戦闘奨励に変わり出したら、要注意ですね・・・。今の時代、中国も日本も世界中もどうであるのか・・・、子ども達の将来を想うと、不安は尽きませんね・・・・。😔

中国歴史映画「戦国」

中国歴史映画「戦国」


7月12日

 本日、日本向け新作絵本「第2場面」は、最終的な墨の細密描写と彩色調整を経て、ようやく完成しました💛。既に完成している2つの場面の主人公も、この「第2場面」に合わせて、微調整〰。
 本画制作には、当初の予定の倍以上の時間がかかっています。この作品は、2013年の構想・ラフスケッチから始まり、現在およそ9年越しの長期制作になっていますので、本画制作の最初から、こだわりにこだわって、凝りに凝った作画となっている事が一要因。・・・あと、私もさすがに齢50を過ぎ、体力がじょじょに衰えてきて、高い集中力が、20~30代頃に比べて6~7割位の時間しか持たない事も一要因です〰〰。😵‍💫作画が1日5時間を超えると、死にそうに疲れます~。😱
 しかし、時間をかけて、じっくりと作画したお陰で、おおよそ納得できる、朗らかで・楽し気で・美しい人物群像が描けましたよ~💑💑。

 今日、中国から待望の新作絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社・小活字)が届いたようですが、輸入消費税が7000円余り必要とかで、貧乏画家ゆえ手持ちがなく、やむなく明日以降、再配達していただく事になりました〰。この絵本は2月~3月初めに発売されたようですので、コロナ禍、その他の要因もあるのか、日本への配送にとてつもなく時間がかかり、トコトンじらしてくれますね〰。🤐
 中国のブログ・ネット書店の記事を見ていると、絵本『青蛙緑馬』の配送時に角が痛んでしまったような画像も少し見受けられましたので、無事に届くか、やや心配です。しかし、それ以上に、子どものように期待に胸を膨らませて、実に待ち遠しい事でありますね~💝

絵本『青蛙緑馬』表紙


絵本『青蛙緑馬』がアトリエに到着した模様は、別の記事「绘本《青蛙绿马》新书发布会/絵本『青蛙緑馬』新刊発表会💑」にまとめてありますので、ご覧下さい。)


7月15日

 昨日、中国の映像配信サイトで、景甜(ジン・ティエン)が出演した中国現代映画「影子爱人」(2012年 中国)を視聴しました。配信映像の多くはVIP扱いか地域限定で日本からは無料では観れないのですが、一部、無料放送があります。
 日本人なら怪しげなタイトルに感じますが、ちなみに、中国で「愛人」とは「恋人」をさし、このタイトルは「影の恋人」といったものになるでしょう。
 景甜は脇役でもあり、中国の10年前の現代映画なので、最初はあまり期待はしていませんでしたが、観ていくと、それなりに面白いです。😘

 主人公の女性の祖母の、若い頃の戦争時代の回想シーンでは、中国人ながら日本人の養子になって、片言の日本語をしゃべる娘(今の祖母)と中国人男性との淡い恋物語が語られます。古い中国映画・ドラマには反日的なシーンが出てくるものが多いのですが、ここでは、日本語を話す娘を守る中国人男性という、わずかな日中の融和が描かれ、感動的です。
 この10数年~数年前辺りの中国映画・ドラマには、欧米人や日本人・韓国人の俳優・スタッフが大勢使われています。欧米・日韓に追いつけ追い越せという吸収精神と共に、欧米・日韓文化への深い憧憬も見て取れます。このような外向きの融和的・友好的姿勢が、今日の中国の文化・芸術発展の大きな要因である事を忘れてはなりません・・・。(もちろん、その昔は逆に、日本・韓国が中国文化に憧れた時代が、長大にあります。)

 23歳位の若かりし景甜の美しいダンス姿が観れるのも、この映画の大ポイントです。最近の中国ドラマ「流光之城」(2022年 中国)の伏線がこんな所にあろうとは、ちょっとした発見ですね〰。😲
 景甜は、一般的にはかなり細過ぎる体型ですが、女優・モデルとしての理想形と考えると、極めて高度な美的容姿と言えます。鋭い眼差しの、かんばせの美はもちろん、とりわけ、ドレスを着た景甜のデコルテは、美人画家の私としては、絵画的理想を具現化した超絶美の極致です~。💘 
 物語の最後は純愛を貫いた主人公の女性と男性のハッピーエンドとなり、視聴後感も程良いです〰。

中国ドラマ「影子愛人」



7月15日

ウィーチャット(WeChat/微信) 「“什么是说来听听”||《说来听听:儿童、阅读与讨论》第一讲」 - 原创 麦慧慧 读写师 (2022-07-15)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzI3ODQyNjg5MA==&mid=2247553273&idx=3&sn=dbc08664fe8b0fb1c368b13719a74e71&chksm=eb55749cdc22fd8ab448f5efbf117f7a07fafcdab40e2b964422e48b9fb2891c8db65e0da04f&scene=178&cur_album_id=2486276738289762306#rd

 この記事では、”読書の方法論”が専門家によって説かれていて、その例として、私の作画絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社・小活字)が挙げられています。誠に光栄です〰。💑

 本来「絵本」は、自由気ままに楽しむもの・心を豊かにするもの~エンターテインメント・娯楽のカテゴリーであり、「絵本」を恣意的・意図的に学校教育等に用いる事には多くの懸念も生じるのです。だが反面、子どもの感性を信じるにしても、全てを放任していると、内容が表面的で軽薄な通俗的作品ばかりを選びかねませんので、大人のアドバイスも時には必要なのかも知れません・・・。また、今の時代、中国でも日本でも、何らかの工夫をしないと販売数が延びないという、出版社・作家側の現実的問題もあります。何事も、難しいものですね〰〰🙄🤔🤔


テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

2022-07-13

绘本《青蛙绿马》新书发布会/絵本『青蛙緑馬』新刊発表会💑

绘本《青蛙绿马》新书发布会/絵本『青蛙緑馬』新刊発表会~❣💑
 
 桜咲く春、中国で絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社・小活字)が発売され、早や、燕飛ぶ夏が来ました。コロナ禍の影響等でなかなか、日本の我がアトリエに「絵本」は届きませんでした・・・。
 🌟恭喜❣恭喜❣ 青蛙来了🐸 绿马来了🏇 青蛙绿马来了──💑 我们喜欢 青蛙🐸 我们喜欢 绿马🏇 我们喜欢 青蛙绿马──🥰
 2022年7月13日、この日、とうとう我がアトリエに、心待ちにしていた絵本『青蛙緑馬』がやって来たよ~~💝
 そこで中国の小学校・子ども達に見習い(美篇Meipian ・ウィーチャットWeChat微信の「百班千人 絵本読み書きプロジェクト」を参考に)、私も「一人 新書発布会」を開催してみました。参加者は、アトリエの番人である、生きとし生ける小動物のお友達です~💑。

 まずは段ボールの梱包を解きます。はるばる中国から海・空を渡って来た箱ですので、かなりボロボロですね〰。中身が傷んでいないか少し心配・・・。待ちきれずに、小動物達が集まってきましたよ~💛。

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

 わずかに傷んだ「絵本」が10冊程ありましたが、その他は問題がなく、一安心〰。傷のある「絵本」は見本用や身近な人へのプレゼント用にしましょう。 🥰
 せっかくなので、中国の子ども達のように、”絵本タワー”を創って、「絵本」を素敵に飾りましょうよ~💛 名付けて、「トルネード・ハート型・絵本タワー」❣❣

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会
 当たり前ですが、子ども達のように可愛くはならないですね〰〰 ((+_+))
絵本『青蛙緑馬』新書発布会


 次に「絵本」を皆さんに配ります。では、行儀よく並んで、一人ずつに手渡ししていきますよ❣❣ 💑💑💑💑💑💑💑 うれしい~ 👧 ヤッター 👦

絵本『青蛙緑馬』新書発布会


 最初に「絵本」のビニールカバーを取り除きます。皆さん、工夫して、はがしていますね~。
 それでは、「絵本」の手触りは、香りは、どんな感じでしょうか? 

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会


 タイトルと表紙から、「絵本」の内容を想像してみましょう

小動物1: 私は気が付きました。青年の髪と目の色は青色で、馬の目も青色で、とても神秘的で、普通ではありません。 裏表紙の女の子の袖は特に長くて、髪は小さな三つ編みの束になっているのだと思います。彼女はスカートをはいて、腰に鮮やかなエプロンのようなものがついています・・・。
小動物2: 僕は、乗馬する青年の後ろにも馬に乗った多くの人々がいて、たぶん、草原の競馬大会の物語だと思います。
小動物3: 私は、カエルが人間に変わるお話だと思います。見て下さい、彼の服は白シャツに緑の上着を着ています。白はカエルの腹で、緑は背中の皮膚なんです。
小動物4: おいらは、カエルが魔法の薬を飲んで緑の馬に変わり、表紙の乗馬青年と裏表紙の踊り姫を救出し、二人は幸せな生活を送った話だと思うよ。
小動物5: うちは、こうだと思うわ・・・。表紙の青年は緑の馬に乗っていて、手に花を持っているの。山から花を摘み取って、裏表紙の女性に贈って、プロポーズするお話だと思うわ~。すてきね~~。

 小動物達は、物語の主人公が少数民族のチベット族である事を発見し、また、チベットの衣装の美しさ、絵の美しさを感じました。
 では、作者を見てみましょう、文章と絵は誰が書いたのでしょうか?

小動物6: この物語を描いた人は、后藤 仁(ホータン・レン)という日本人画家です。文を書いたのは、唐 亜明(タン・ヤミン)という、中国でも絵本をたくさん書かれている有名な絵本編集者・文章作家です。
小動物7: 絵を描いた后藤 仁は、美しい女性や美青年の絵を得意とする、日本人画家だと思います。


 それでは、これから、皆さんで「絵本」を読んでみましょうね~~🥰 ハイ、ハ~イ、ハ〰イ、ハ──イ 💑💑💑💑💑💑
 後で、感想文を書いてもらいますよ! エ〰〰 ッ、お絵描きがいい❕ それでも良いですよ。 ヤッターーー 🥰

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会

絵本『青蛙緑馬』新書発布会


 中国の小学校のブログ画像で「絵本」を見た時には、印刷の色が少し良くないようにも感じました。しかし、実物を見てみると、色の再現・発色も印刷の細密度もかなり良くて、本の作りもしっかりしていて、今日の中国では、日本の「絵本」と、ほぼ変わらない装丁レベルになってきているようです。
 このブログをお読みいただいた皆様も、小動物や中国の子ども達と一緒に、この絵本『青蛙緑馬』を、ぜひ、ご覧下さい。この後、日本での翻訳出版も、ボチボチと計画されると思います。乞うご期待~~💝

  絵師(日本画家・絵本画家) 後藤 仁/后藤 仁/JIN GOTO

                ★

絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』
 《中国原創絵本精品系列》 浙江少年児童出版社、伝世活字文化・小活字/中国

 文 唐  亜明 / 絵 後藤  仁

 46中国元〈現在,約900日本円(為替で変動)〉 (+輸入消費税・国際便送料)
  〔 ISBN 978-7-5597-2468-7 〕
 電話 010-86-571-85170300 (浙江少年児童出版社 代表/中国・国際電話)

 浙江少年児童出版社(浙江出版伝媒股份有限公司 内) 公式サイト
 https://zjse.zjcbcm.com/
 浙江少年児童出版社 公式微博(Weibo)
 https://weibo.com/zjse?is_all=1
 中国図書対外推広網(China Book International/CBI) 精品図書 ─ 絵本『青蛙緑馬』
 http://www.chinabookinternational.org/2106/0207/297019.shtml

                *

【インターネットの以下のショッピングサイト等からでもご注文出来ます。日本への送付が可能かどうか等の詳細は、各サイトでお問い合わせ・ご確認下さい。】
●淘宝网(Taobao)国際版・日本向け 公式サイト (中華人民共和国を代表するオンラインショッピングモール。2003年にジャック・マーが創業したアリババ・グループによって設立された。)
天猫超市(天猫自营) 「青蛙绿马绘本一年级 中国原创绘本精品系列 百班千人共读书目」
 https://www.taobao.com/list/item/669889517301.htm
本獅書店 「《青蛙緑馬》 百班千人41期1年級共読書目 大閲小森本獅書店」
 https://www.taobao.com/list/item/669713051423.htm

●当当网(Dongdong)公式サイト (中国の中で最も歴史が長いオンラインショッピングモール。1999年にオープンし当初は書籍のみを販売するオンライン書店として中国版Amazonと呼ばれていた。)
当当自营 「中国原创绘本精品系列:青蛙绿马」
 中国版“青蛙王子”,满足儿童想象的藏族民间传说,拉近孩子与过去的距离、与自然的距离、与生命的距离。
 http://product.dangdang.com/29397472.html

●京東商城(Jingdong)公式サイト (中国で淘宝網に次ぐ第2位のオンラインショッピングモール。)
京東自营 当季新品 「中国原创绘本精品系列:青蛙绿马」 [6-10岁]
 https://item.jd.com/13724918.html
融鼎图书专营店 「【包邮】青蛙緑馬绘本一年级 百班千人41期大阅小森书籍 小学生课外书阅读书籍 青蛙绿马书 浙江少年儿童出版社 青蛙绿马」
 https://item.jd.com/10045492103432.html


絵本『青蛙緑馬』

絵本『青蛙緑馬』宣伝

絵本『青蛙緑馬』宣伝

絵本『青蛙緑馬』宣伝

《 日本の絵本の父(福音館書店 相談役) 松居 直 推薦 》
〈 百班千人41期1年级共读小学生经典课外读物名师 推荐 (百班千人41期1年級共読小学生経典課外読物名師 推薦) 〉


【絵本の概要】
 唐 亜明の文、後藤 仁の絵によって、浙江少年児童出版社、伝世活字文化・小活字(中華人民共和国)から出版された絵本です。2022年3月1日発行。中国名は、「青蛙绿马」(中国原创绘本精品系列、中国・藏族民间故事/文:唐 亚明、绘:后藤 仁/浙江少年儿童出版社、传世活字[北京]文化有限公司・小活字)。英語名は、” The Green Talking Frog (An Old Tibetan Tale) ” Zhejiang Juvenile and Children's Publishing House
 制作・発行は、唐 亜明が編集長を務める伝世活字文化・小活字(中国北京)。発売元の浙江少年児童出版社は、中国最大級の総合出版グループ・浙江出版聯合集団有限公司 傘下の、中国の児童書・絵本出版社を代表する大手出版社。

〔浙江出版集団東京株式会社 公式サイトより(2018年10月15日 更新)〕
 浙江出版聯合集団有限公司は中国最大級の総合出版グループの一つとして、中国の文化関連企業トップ30、世界の出版社トップ50(18位)に連なっています(日本の出版社では、23位に集英社、24位に角川書店、25位に講談社、26位に小学館、47位に学研、50位に文藝春秋、52位に新潮社となっています)。傘下には11の出版機関と、図書の発売・印刷・貿易の3つの所属グループを擁します。 〈※世界18位の出典:米の出版業界情報誌『パブリッシャーズ・ウイークリー』発表の2016年度、世界出版社売上高番付〉
 浙江出版聯合集団は2000年12月に設立された(傘下の出版機関はいずれも設立が早く、浙江人民出版社は1951年に遡る)、浙江省直属の国有独立資本企業グループです。2017年の売上額は130億元以上、利益は13億元を超えるなど、成長を続けています。グループの児童・教育・経済・文学ジャンルの図書は中国全土でも一定の影響力を持ち、中でも浙江少年児童出版社は、中国全国の児童書市場で2003年から2017年まで、連続15年にわたってシェアのトップを占めています。
 グループ傘下の浙江省新華書店集団は600のチェーン書店を擁し、店舗は北京・上海・深圳・瀋陽・太原・開封・徐州および浙江省各地にわたり、総面積は40万平方メートルに達します。グループは浙江省杭州市に本社を有します。

 この絵本の文は、元福音館書店編集長で絵本文筆家・翻訳家である唐 亜明(タン・ヤミン)によって絵本用に再話されたものです。唐 亜明は、長年、この優れた民話の絵本化を願いながらも、美人像を描ける良い絵本画家が見付からなかった事から、私に出会うまでは作品化できなかったと言います。中国の少数民族・チベット族に伝わる民話(出典参照)を元にしており、原話の題名は「青蛙騎手」 。
 
 絵本原画制作は、約2か月間の原案作成・ラフスケッチ(ダミー)制作と、約9か月間の本画制作をへて完成しました。その後のコロナ禍等の影響で、校正~印刷~出版までに、2年間余りもの長期間を要し、ようやく絵本が世に送り出されました。
 本画制作では、日本の伝統画法の「日本画」を用いて、丹念に描き上げました。和紙・墨・岩絵の具・金箔などを用いる、1000年以上前から伝わる描き方で、 描きこなすには永い経験と高い技術が求められます。日本画の魅力は、日本人・東洋人の感性に合った落ち着いた色調の美しさや、墨による線描きの表現などが挙げられます。
 今回は、「芸術性の高い絵本」を基本コンセプトに、物語の奇想天外な展開に合わせて、比較的大胆な色彩・マチエール・画面構成を用いて、場面ごとに大きな変化をつけ、子供達が飽きずに楽しめるように工夫して描きました。また、現在はCGで絵本を描く作家が増えていますが、この作品では、この後100年以上はCGで再現できないくらいに、手描きでしか表現し得ない複雑な画面効果・絵画技法を用いて描いています。

 現在の混迷する世界情勢の中、このような昔から語り継がれてきた民話の中に、未来への希望が託されているように私は感じます。ぜひ、今の日本や中国や世界中の子供達・大人達に、この絵本を見ていただきたいと、切に願っています。この後、日本でも翻訳出版の計画があります。
 2022年は日中国交正常化50周年、2023年は日中平和友好条約締結45周年に当たります。また2022年は、中国においては、北京2022冬季オリンピック開催という重要な記念の年になります。この絵本が日中の更なる文化交流の橋渡しとなり、日本と中国~子供から大人までの、平和友好・文化興隆の種となりますよう、祈念しております。

【絵本のあらすじ】
 ある日、おじいさん と おばあさん の家にカエルが産まれました。カエルは花嫁をもらいに旅に出て、3人の娘に出会います・・・。『青蛙緑馬』は、チベット族の伝統的な競馬祭をクライマックスに、カエルと馬が躍動し主人公の美男と美女が活躍する、面白くも哀しい壮大な愛の物語です。困難の多い昨今、子供から大人までが、人・動物の愛情や生老病死を深く考え見つめ直す、良い機会になると思います。中国の少数民族・チベット族の民話。(幼稚園年長~大人 向け)

〈原話出典〉
 賈芝・孫剣冰編『中国民間故事選 第一集(「青蛙騎手」蕭崇素整理)』1958年、人民文学出版社・中華人民共和国。


Introduction(English)
” The Green Talking Frog〔Frog and Green Horse〕 (An Old Tibetan Tale) ” Zhejiang Juvenile and Children's Publishing House
 It is adapted from a Tibetan folk story about an old couple who gave birth to a talking frog. It turned out this frog was originally the son of the earth and had magical abilities. He was eager to benefit the people when he grew up. However, before he became a human being, his family misunderstood him and finally led to a tragedy.

内容简介(简体中文)
绘本「青蛙绿马」 (中国藏族民间故事/浙江少年儿童出版社、传世活字[北京]文化有限公司・小活字)
 改编自藏族民间故事,讲述了一对老夫妇生下了一只会说话的青蛙。原来这只青蛙本是大地之子,有许多神奇的能力,渴望长大后能造福人民,但在他还没能完全变成人的时候,因家人的误解最终酿成了悲剧。折页中包含导读以及赛马大会、雪顿节等介绍内容。绘本汇集了神话传说与童话故事的元素,同时融入了藏族特色文化,聚焦与城市截然不同的广阔天地,获取来自自然的神奇力量,弱小生灵也有生存之道,启发孩子去了解每个生命的独特与珍贵。

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

2022-06-13

「絵師 日々の言霊 2022」 後藤 仁 〈5〉

 私は日本画・絵本原画制作の合間合間に、日々思った事・見付けた事などを、Facebook・Twitterでつぶやきます。これは、その続編〈2022年版、その5〉になります。
 一絵師のたわいもない独白は、いい加減で無責任な言葉にしか過ぎません。しかしその行間に、芸術家の真実が垣間見えるかも知れません。荒削りで不器用な絵師の言葉の中から、”真実の言霊”を見出していただけましたら光栄です。

 私の作画絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』(浙江少年児童出版社・小活字)の中国ネット上における関係記事 掲載数もようやく落ち着いてきましたが、まだ、ボチボチと上がってきます。
 今回は、絵本『青蛙緑馬』関係記事の他に、日本向け新作絵本の進捗状況報告や、大垣祭り・後藤大秀さんの話題や、幾つかの訃報もありました・・・。余談として、現代中国を代表する美人女優:景甜(ジン・ティエン)主演の中国ドラマの感想などなど~~。💑

  絵師(日本画家・絵本画家) 後藤 仁/后藤 仁(ホータン・レン/中国語)/JIN GOTO

             ★

2022年5月16日

 私の伯父で、からくり人形師の後藤大秀が制作した”からくり人形”が、軕(山車)の上で大活躍する「大垣まつり(大垣祭り)」、3年ぶりの開催、誠に おめでとうございます 🎊
 来年(2023年5月)の「大垣まつり」では、私の作画による「布袋軕 天井画」も皆様にお披露目できる事を、心より願っています。  <(_ _)>

中日新聞 ― 旧城下町、やま13両巡る 3年ぶりに「大垣まつり」 (2022年5月16日)
https://www.chunichi.co.jp/article/470912

岐阜新聞 ― 13両のやま、水都を練る 3年ぶり大垣まつり (2022年5月15日)
https://www.gifu-np.co.jp/articles/-/76747

朝日新聞 ― やま13両が勢ぞろい 3年ぶりに岐阜・大垣まつり開催 (2022年5月16日)
https://www.asahi.com/articles/ASQ5H6T7VQ5HOHGB005.html

読売新聞 ― 大垣まつり 3年ぶり開催 (2022年5月16日)
https://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/news/20220515-OYTNT50080/

             *

一般社団法人 日本ケーブルテレビ連盟
 「第47回 日本ケーブルテレビ大賞 番組アワード」
  受賞作品発表「コンペティション部門」”奨励賞” 受賞~ 🎊 
『からくり人形師 後藤大秀』〈大垣ケーブルテレビ〉

 私の伯父で、からくり人形師の後藤大秀さんの、生前の貴重な制作風景を記録した、大垣ケーブルテレビの特集番組が、「第47回 日本ケーブルテレビ大賞 番組アワード」で”奨励賞”を受賞したそうです~。伯父もきっと天国で喜んでいる事でしょう・・・。
 誠に おめでとうございます 🎊

https://www.catv-jcta.jp/p/award/2021/index2.html
https://www.catv-jcta.jp/p/award/2021/index3.html

 index3.では、『からくり人形師 後藤大秀』〈大垣ケーブルテレビ〉が視聴できます~🌟。テレビ局からは、番組のDVDは家族(奥さん)にしか送れないとの事で(多分、親類の中で私が一番、伯父の遺伝・創作的性格の影響を強く受けており、本当の実子以上に実子みたいな者なのですが・・・)、コロナ禍や多忙で大垣に行く機会もなく、私も初めて、この映像を拝見しました。
 懐かしい伯父・後藤大秀さんと奥さんの映像や、私も知らない、私が生まれる前の伯父の写真に、目頭が熱くなります・・・。伯父のように、最期まで創作が出来る、・・・これは創作家・芸術家の理想でもあります。伯父の職人~芸術家としての意気込み・技量には、私はまだまだ遠く及ばないかも知れません・・・。しかし、今後も、伯父の残した仕事に恥じないように、私も懸命に創作にあたりたいと、改めて、強く思う次第です。


5月18日

 日本向け新作絵本の「第7場面」が、ようやく完成しました。最後に、他の場面と合わせて、少し加筆する可能性がありますが、ひとまず完成です。ヽ(^o^)丿
 他の難しい作品と同時進行している事もありますが、2月24日から”本画”を描き始めて、3か月近くもかかりました。予定より2か月は進行が遅れていますが、このまま、急がずに、丁寧に描いていきたいと思います・・・。
 画面全体を微細に描き込んでいるという訳でもないのです。極めて芸術的とも言える、微妙で複雑な色彩の演出に、かなり苦心しています・・・。多分、印刷では、ほぼ再現不可能でしょうし、この作画の難しさを理解できる人も少ないと思いますが、それでも構いません・・・。この作品では、ただひたすら、自身が納得する、超高度な芸術性を求めているのです~。

 「第9場面」もあと一息です。出来れば今週中に完成したいと、意気込んでいます~。😤😤 
 気合はすこぶる高揚し、だんだん尋常ではない、画神域に入って来ています・・・。きっと、良い絵が描けそうです・・・。


5月19日

 昨年、“赛马王子”こと、チベット族の美青年、丁真さんが中国で人気となっているというニュースが、日本でも少し報道されました。
 私の作画絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』(浙江少年児童出版社・小活字)の”青蛙赛马王子”は、何となく、それとイメージが重なるように見えますが、『青蛙緑馬』の原画は、その前の2019年に描いていましたので、これもまた、芸術家・画家の先見性ですかね~。🙄
 あと、私の好きなCMでもある、東京エレクトロンCM「モンゴルの恋篇」には、馬に乗ったモンゴル族の好青年が登場します。モンゴル族は伝統的にチベット族の宗教的・文化的影響を受けてきた民族ですので、双方のイメージは、かなりよく似ているのです。

 搜狐の記事では、拙作絵本『青蛙緑馬』をとても丁寧に解説されています。(ウィーチャット/微信にも、给孩子さんによる同様記事がありますが、保存できないバージョンです。)誠にありがとうございます。ただ、最後の所は、またまた、「后藤 仁」が「后藤 任」になっていますよ〰〰 (@_@)
 
●搜狐(Sohu) 「“赛马王子”丁真背后,是一个多彩的马背上的民族」 ― 生活英语对话 (2022-05-18)
https://www.sohu.com/a/548201765_121124322
https://m.sohu.com/a/548201765_121124322/

YouTube 東京エレクトロンCM「モンゴルの恋篇」
https://youtu.be/Sp47kjvLlvk


5月20日

 「百班千人 読み書きプロジェクト41期」(中国)にて、小学校1年生共読絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』(浙江少年児童出版社・小活字)を活用された成果の表彰です。小学校の先生と児童への各賞が発表されました。
 児童たちへの課題は、私の作画絵本『青蛙緑馬』の悲劇的結末部分を改変し、新ストーリーを考案・作画するという難しいものでした。皆さん、各々、試行錯誤して、素晴らしい絵を描いてくれていました。很好 非常好 真的很好──❣❣❣ 私からは、皆さんに、”特等奨”を贈ります~💕💑 

ウィーチャット(WeChat/微信) 「百千好事发布会|第41期百班千人“全国优秀公益指导老师”名单揭晓」 ― 百班千人 (2022-05-18)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzkzMzE1NTE2Mg==&mid=2247566793&idx=1&sn=fd1e37f82e6903361f939e23784f01e7&chksm=c2535dfcf524d4eace3419594a95e86fb4494675159787fe9d2647a185f2b49752c40eb0987b&scene=178&cur_album_id=2387758444872597507#rd

ウィーチャット(WeChat/微信) 「百千好事发布会|第41期百班千人个人奖获奖名单揭晓」 ― 百班千人 (2022-05-19)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzkzMzE1NTE2Mg==&mid=2247566898&idx=1&sn=02280232ab0c96c883055febe54dadb8&chksm=c2535e07f524d71162f1d378903b49b6978724d19b86c95d88f5bf64e53bedf677884148e633&scene=178&cur_album_id=2387758444872597507#rd

             *

 日本向け新作絵本の「第9場面」を完成間近まで追い込みましたが、完成まで、あとわずかの所で断念して、明日以降に回す事にしました。極めて微妙な色彩調整と極細部の描き込みを施しており、別日に気合を入れ直して、完成に至りたいと思います・・・。
 この「第9場面」は「第7場面」と対になりますので、「第9場面」の雰囲気に合わせて、「第7場面」の背景にも、再度、少し手を入れ直しました・・・。
 この最終段階に至ると、心臓が飛び出そうな程の、尋常ではない緊張感の中で絵を描いており、頭がおかしくなりそう〰〰 (@_^)丿 何とか構想レベルの雰囲気が出てきましたが、この完成度で全場面を描くとすると、とてつもなく労力と時間がかかりそうで、恐ろしや〰〰。🥶😱


5月22日

 近年、NHK日曜美術館もあまり観なくなりましたが、たまたま付けたら、知人の田辺竹雲斎さんの特集をやっていました。
 田辺君は、私と同じ大阪市立工芸高等学校 美術科の卒業生で、東京藝術大学の卒業生(彼は彫刻科ですが)でもあります。私の4~5年、後輩に当たり、私が東京藝術大学(絵画科日本画専攻)に受かって、大阪工芸高校にデモンストレーション・特別講義にうかがった際には、若かりし田辺健雄(本名)君もいたそうです。その時には、「後藤 仁という、伝説的な、すごい先輩が来るらしい・・・」と、話題になったといいます~。😝

 大学卒業後、田辺君は、田辺小竹を名のり、その後、4代目 田辺竹雲斎を襲名し、今では、国内外で大活躍する素晴らしい竹工芸作家へと成長しました。大阪工芸高校~東京藝術大学出身の私と近い年代の中では、最も注目を集める作家のお一人でしょうね。かたや私は、伝説的先輩から、今や、ただの凡庸な日本画家・絵本画家という体たらくです。
 今後も田辺君のより一層のご活躍を期待しますが、私も、もっともっと頑張らねばならないね~~。 (^o^)丿

田辺竹雲斎
「歴代 竹雲斎 展」(花筥) 2007年8月
 田辺健雄 君(現:4代目 田辺竹雲斎)夫妻と、私・後藤 仁


5月23日

 本日、日本向け新作絵本の「第9場面」を完成させました。かなりの高い完成度に至ったかと思います。
 これを基準に、この後の全場面を描いていきますので、誠に大変な作画となりますが、その分、やりがいがあります~。😤
 また、「第2場面」の彩色も徐々に進めています。更に今日から、「第11場面」の下図も描き始めました。いよいよ気合がみなぎっています───。🤩

 最近は50を過ぎたという年齢のせいもあるのでしょうか、仕事の後に、ひどく疲労が残りますね・・・。それに先日から、利き手の右手の手首が、少し痛いです〰〰 (@_@)/~~~ 長年に渡る過酷な画業のせいで、満身創痍の感がありますが、それが私の生き方なのでしょう~。芸術家人生を、全身全霊で謳歌しましょうね~~。


5月24日

 有賛(Youzan/中国最大手のソーシャルECプラットフォーム)にて、私の作画絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』(浙江少年児童出版社・小活字)販売ページの、二次元バーコードが作成できましたので、ご掲載します。ただし、日本への「絵本」の送付は難しいと思いますが・・・。
 
有賛(Youzan) 【《青蛙绿马》百班千人41期1年级共读小学生经典课外读物名师推荐】这个我很喜欢,分享给你看看。
https://j.youzan.com/YIRzue

絵本『青蛙緑馬』宣伝

             *

 本日、日本向け新作絵本の「第2場面」の彩色を進め、全体的に一通り色を置けた段階で、現在、およそ2割強の進捗度合いです。この場面は、登場人物が多いので、全体に手を入れるだけでも、けっこう時間がかかります・・・。しかし、この「第2場面」は、平和で穏やかな情景ですので、描くのはとても楽しいです~🥰 私は作画中、”作品(絵)の世界”に完全に没入しますので、描く場面によって、かなりの精神の起伏が起こるのです~😵‍💫

 先日から右手首が痛みますので、痛み止め塗り薬と痛み止めシップ(ハップ)をして、手首サポーターで固定して、描きました。1日に何時間も描きますので、当然、それも手首の負担になります。それに加え、大学時代から12年間、携わった「金唐革紙」製作や、作品の搬入搬出・展示作業や、その他、数々の過酷な労働からパソコン作業まで、私の腰や手首や目などは、既に、かなり疲弊しているのです〰〰 (@_@)ノ それでも、50歳を過ぎても、未だに”絵”が描けるという事は、私にとって何よりも幸せな事なのですね~💖

絵本原画制作

絵本原画制作

絵本原画制作
 散らかった我が画室で、「絵本原画」の細部の描写中~。


5月26日

 長年、日本の絵本界を牽引されてこられた松居 直さん(福音館書店 相談役)の奥様が、お亡くなりになられたという事、謹んでお悔やみ申し上げます。

 ウィーチャット(WeChat/微信)、搜狐の訃報記事には、私の作画絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』(浙江少年児童出版社・小活字/唐 亜明 編著、後藤 仁 絵)もご紹介されています。
 私は「絵本」の原画を描き始めて16年弱、初絵本『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店こどものとも)を出版してから10年弱と、絵本界に関して全くの浅学です。それでも、松居 直さんの日本絵本界での功績の大きさを十分理解しており、その御活動を長年支えて来られた奥様の気苦労も察します・・・。残念ながら、松居ご夫妻には直接お会いした事はありませんが・・・。
 松居 直さんは、良い絵本を戦後日本の子ども達に届けたいと、日本絵本界の戦後再興期に日本中を駆け回り、新しく豊かな発想で挑み続けた稀有なお方だと思います。その絵本編集の基本には常に、「”芸術的”な絵本を子ども達に」という思想があったといいます。現在の日本絵本界は、松居さんなしには考えられません。戦後の日本には物も文化も何も無かったという時代背景による後押しがあったにせよ、現在、日本絵本界で、あのような闊達な発想・活動をされている絵本業界人は誠に少ないのではないかと考えています。過去に作られた土壌の上で、あぐらをかいている感が否めません~。
 日本の児童書出版社での外国人初の絵本編集者になられた唐 亜明さんを見い出された、松居 直さんの直観力・先見性も特筆すべきものです。今日の中国の経済・文化発展を、早々に予見されていたものと思われます。赤羽末吉さんや加古里子さんや安野光雅さんなどといった、日本絵本界の優れた画家・作家達を数多く見い出されたのも、松居さんです。その現役時代の旺盛な松居イズムを直接継承した絵本編集者も、現在の福音館書店には、いなくなったといいます・・・。

 時代は常に変化してゆきます。「日本画」の世界でも、嫌という程、その保守的権威主義の弊害を見せつけられて来ました。「絵本」界においても、過去の栄光・実績だけに留まることなく、常に新しい世界に挑み続け、前に進み続ける勇気と気概が、厳しき時代にさしかかった、この後の日本の絵本界~日本画界~文化界には不可欠なのだと思うのです。

ウィーチャット(WeChat/微信) 「唐亚明:怀念松居身纪子|松居直夫人离世」 ― 唐亚明 小活字 (2022-05-25)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzU3MDU0NTkzNg==&mid=2247572063&idx=1&sn=0dabab302525d3e98999fd8d0f20d503&chksm=fcee5820cb99d136536f793d441ea1f064da8a2e43d80832c4e928998f1a7eb7060fad00fb86&scene=132#wechat_redirect

ウィーチャット(WeChat/微信) 「唐亚明:怀念松居身纪子|松居直夫人离世」 ― 原创 唐亚明 给孩子 (2022-05-25)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzI2NDEzMTc5NA==&mid=2654450360&idx=1&sn=48c8bffb6f1dccc88f4c9d8fcb758185&chksm=f1725705c605de13c890c05894bde190dbb942046efd752fe096cab986ef01a6a1ba78b3b2fe&scene=178&cur_album_id=2413435656451571713#rd

搜狐(Sohu) 「唐亚明:怀念松居身纪子|松居直夫人离世」 ― 小活字 (2022-05-25)
https://www.sohu.com/a/550936968_100161921


5月29日

 東京藝術大学(東京芸術大学)を卒業した国内外の第一線で活躍する芸術家として、村上 隆(現代アーティスト)、小田部羊一(アニメーター・キャラクターデザイナー)、李 叔同(中国の詩人・禅僧・音楽教育者・芸術教育者)、坂本龙一(坂本龍一/音楽家)さんという超大御所達と共に、光栄な事に、私(后藤 仁)が挙げられています〰。😝 
 前に同じような内容の記事が、中国の幾多のサイトに掲載されましたが、その転載記事です。

出国留学网 「艺术生留学日本的申请要满足什么要求」 ― 杨明妮 日本艺术专业 艺术生留学日本 (2022-05-25)
https://www.liuxue86.com/a/4274560.html
https://m.liuxue86.com/a/4274560.html

             *

 日本国内から欧米系(アメリカ、ヨーロッパ、南米、アラビア語系等まで有り)やアジア系(中国、台湾、韓国、東南アジア等)の、百科事典的なサイトやSNSをまとめたサイト等に、私・後藤 仁(JIN GOTO、后藤 仁)のページが、多数、存在します。
 そのほとんどが、広告収入目当てのサイトだと思われますが、中には良く出来たものから、かなり適当な作りのものまで様々です。半ば公人である画家(芸術家・アーティスト)としては、極端な誹謗中傷目的や悪質サイトへの誘導目的等でない限りは、おおよそ結構な事だと考えています〰〰。('ω')ノ
 極めて多数存在する同様サイトの中で、つい最近見付けた、結構良く出来たサイトを2件、ご紹介いたします。

GLARTENT(世界中の芸術とエンターテイメントと関連事業を見つけるためのインターネット最大リソースのひとつ。GLOBAL ARTS & ENTERTAINMENT DIRECTORY ― One of the largest resources on the Internet for finding arts & entertainment and related businesses, worldwide. )
GLARTENT 「絵師、日本画家・絵本画家 後藤 仁, Matsudo-shi (2022)」
https://www.glartent.com/JP/Matsudo-shi/580158238681911/%E7%B5%B5%E5%B8%AB%E3%80%81%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%94%BB%E5%AE%B6%E3%83%BB%E7%B5%B5%E6%9C%AC%E7%94%BB%E5%AE%B6%E3%80%80%E5%BE%8C%E8%97%A4%E3%80%80%E4%BB%81

鸿蒙百科大辞典,简称鸿蒙百科,是一部网络在线词典
Humains Encyclopedia Dictionary
 これは、世界中の学者や芸術家等の専門家をまとめた、中国系の百科辞典サイトらしいです。
鸿蒙百科 「后藤仁 - 鸿蒙百科- 全球学者维基大辞典」
http://www.humainsbaike.com/index.php?title=%E5%90%8E%E8%97%A4%E4%BB%81


5月30日

 私の作画絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』(浙江少年児童出版社・小活字)を用いた「百班千人 読み書きプロジェクト41期」の新たな記事も、さすがに見付からなくなりました~。
 絵本『青蛙緑馬』が小学一年生 共読絵本に選定された「41期」に続く、「42期」では、同じく小学一年生 共読絵本として、「スイミー」「フレデリック」等の絵本で世界的に知られた絵本作家の、レオ・レオニ(Leo Lionni)の「おんがくねずみ ジェラルディン」が選ばれました。🐭

レオ・レオニ(Leo Lionni)
 1910年オランダ アムステルダム生まれ。イラストレーター、グラフィックデザイナー、絵本作家として、米国で最も活躍した芸術家の一人。1999年没。
           
 その記事の中で、子ども達の絵本共読の経験談として、以下のように、絵本『青蛙緑馬』にも触れられていますので、ご掲載いたします。
・・・“我知道,就跟《青蛙绿马》一样,《青蛙绿马》的环衬也是为了呼应主题。”一位孩子抢着回答。

ウィーチャット(WeChat/微信) 「【第13期】百千阅读第42期《音乐老鼠》新书发布会:遇见音乐打动灵魂的那一刻」 ― 原创 博才卓越2103班 绽放的苔 (2022-05-01)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=Mzg5MDc2NDk1OA==&mid=2247483964&idx=1&sn=8690add8255fd0096a583780606d70ef&chksm=cfd6e9cdf8a160db998ae3f2935fc567f69f584154018b3838141458982cdc2cf43a0b6b9484&scene=178&cur_album_id=2341749908099334144#rd

ウィーチャット(WeChat/微信) 「新书发布会的360种方式|遇见音乐打动灵魂的那一刻」 ― 百班千人 (2022-05-02)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzkzMzE1NTE2Mg==&mid=2247564459&idx=2&sn=a2c23f465f81f4eebe82e3f0b3bc3a19&chksm=c253649ef524ed88d5d07da7872a0caa61fe2ee23bff65488cb8b5f4a0be4019d3efe8d0f7db&scene=27#wechat_redirect


5月31日

 抖音(Douyin/ドウイン)〔TikTok/ティックトックの本国版、動画に特化したソーシャルネットワーキングサービス〕にも、私の作画絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社・小活字)関係の動画が、ボチボチと上がってきます。
 これは「百班千人 絵本読み書きプロジェクト41期」にて、絵本『青蛙緑馬』が小学生の皆さんによって活用されている映像でしょう~💑。谢谢大家〰 💖

抖音(Douyin/ドウイン)「#认真的样子真可爱 神兽入手新书📚📚 “中国版青蛙王子”」 ― 小执念(•̀⌄•́) (2022-03-19)
https://v.douyin.com/F3JVyYQ/  复制此链接,打开Dou音搜索,直接观看视频!

             *

 現代中国を代表する超美人女優:景甜(ジン・ティエン)と、ソース顔(古い表現ですが)のイケメン俳優:陈柏霖(仲天 役)が主演の、中国ドラマ「火王之破晓之战(火王之破暁之戦)」(2018年 中国)全28話を観終えました・・・。第2部の「火王之千里同风(火王之千里同風)」(2018年 中国)は現代中国が舞台でしたが、この第1部は、古代中国の西域(具体的な設定は無いようです)が舞台の歴史ファンタジードラマです。私は、たまたま第2部から観始めたのですが、今回、第1部を観終えて、分からなかった神域での出来事等がよく理解できました~💕。
 宇宙の神域の可愛らしい風の神:千睸と、古代中国・西域のクールな女剣士:司徒奉剑の二役を、景甜が演じています。マンガが原作の荒唐無稽なお話ですが、歴史ドラマ(時代劇)とSFファンタジーが合わさったような、結構楽しめる斬新な傑作ドラマでした〰😍。
 多分、近年、中国で歴史ファンタジードラマが多数、製作されるようになった事の影響ではないかと思うのですが、日本でも、2016~2017年に、NHKで大河ファンタジー「精霊の守り人」を製作・放送していました。しかし、予算がかかる割にあまり好評でなかったのか、その後、似たような企画は聞きませんね・・・。この種のドラマ・映画作品では、なかなか今の中国の膨大な予算規模による、役者・セット・衣装の壮大さ・豪華さには太刀打ちできそうにありません・・・。

 「火王之破晓之战(火王之破暁之戦)」を観終えたので、続いて、景甜と中国の大御所俳優:张丰毅が主演の中国歴史ドラマ「孙子大传(孫子《兵法》大伝)」(2010年 中国)をボチボチと観始めました。公主(姫)漪罗 役の景甜は、まだ20歳過ぎと、とても若々しいのですが、その鋭く輝く大きな目👁には、既にただ者ではない雰囲気が漂っています~💘。最近の中国歴史ドラマは照明・舞台設計がとても明るく、内容もファンタジー・ファンシー系が多いように思いますが、この「孙子大传」は日本の昔の黒澤 明 監督の歴史映画のような重厚感とリアル感があって、また近作とは一味違った渋い魅力が楽しめそうです〰〰。
 まだ海外取材旅行もできない昨今、制作の合間合間の息抜きと精神充足も大切ですね~。ヽ(^o^)丿


6月1日

 本日、6月1日は「国際子どもの日」だそうで、中国では「 六一国际儿童节(六一儿童节)」と称するようです〰。この「子どもの日」に、子ども達へのプレゼントとして”絵本”を贈るのも素敵ですね~💖
 以下のウィーチャット、搜狐記事では、赤羽末吉さんの名作絵本等とともに、私の作画絵本『青蛙緑馬』(唐 亜明 編著、後藤 仁 絵/浙江少年児童出版社・小活字)も紹介されています。ぜひ、お子さん・お孫さんへのプレゼントにも拙作絵本をご活用下さい~💑

ウィーチャット(WeChat/微信) 「六一儿童节,送什么礼物给孩子?」 ― 给孩子 (2022-06-01)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzI2NDEzMTc5NA==&mid=2654451346&idx=1&sn=298993e7d8c4a4c710bf926f3eb4b871&chksm=f172532fc605da39fd2c364246f95a3002ea9ec337ddfbf4a1db7e3ea7f4b9042aa0b1df663f&scene=178&cur_album_id=1509039130356318209#rd

搜狐(Sohu) 「六一儿童节,送什么礼物给孩子?」 ― 生活英语对话 (2022-06-01)
https://www.sohu.com/a/553162631_121124322

             *

 今日は、わざわざ遠方より絵本編集者の方に拙アトリエにまで来ていただき、現在作画中の「日本向け新作絵本」の打ち合わせをしました。・・・と言っても、ほとんど私が、取材の旅と絵本作画の無駄話をしていた感じかもしれませんね〰〰。(^^;)
 熱心で実力のある編集者と、実績と理念のある出版社ならば、きっと良い仕事ができるでしょう・・・。とても素晴らしい「絵本」になりそうで、実に楽しみです~💑。


6月3日

当当网(Dongdong)公式サイト(中国の中で最も歴史が長いオンラインショッピングモール。1999年にオープンし当初は書籍のみを販売するオンライン書店として中国版Amazonと呼ばれていた) 
当当自营「中国原创绘本精品系列:青蛙绿马」
 中国版“青蛙王子”,满足儿童想象的藏族民间传说,拉近孩子与过去的距离、与自然的距离、与生命的距离。
http://product.dangdang.com/29397472.html

 詳しくは分かりませんが、当当网による「618开门红」という書籍販売のセール期間のようで、私の作画絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』(浙江少年児童出版社・小活字)もそのリストに入っています。
 「开门红」とは・・・(年の初め・仕事の初めに)初めから優れた成績を上げる、幸先よいスタートを切る、仕事が最初からうまくいく、という意味だそうです。   ('ω')ノ
          ○
京東商城(Jingdong)公式サイト (中国で淘宝網に次ぐ第2位のオンラインショッピングモール。)
京東自营 当季新品 「中国原创绘本精品系列:青蛙绿马」 [6-10岁]
https://item.jd.com/13724918.html

 詳しくは分かりませんが、京東商城でも「618」という書籍販売のセール期間のようで、私の作画絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社・小活字)もそのリストに入っています。('ω')ノ
 この京東商城 自営店舗では、日本への配送も行っているような記載なのですが?、詳しくはサイトへ直接お問い合わせ下さい。


6月4日

京東商城(JD.com)の「京東618」
 京東商城(JD.com/ジンドン Jīngdōng)は、京東集団が運営する中国ECシェア第2位の巨大モール。中国のECキャンペーンといえば、天猫(Tmall)が主催する「独身の日(ダブルイレブン)」が知られています。しかし近年、京東(JD.com)を運営する京東集団の設立日、1998年6月18日を記念日として開催される”618セール”が盛り上がっているようです。2010年からスタートし、今年で9年目になるそうです。
 セール期間:6月1日~6月18日

 私・後藤 仁の誕生日は1968年6月18日で、英語名は”ジンドン(Jīng dōng)”ならぬ”ジン ゴトウ(JIN GOTO)”で、”京東”ならぬ”東京”藝術大学を卒業していますので、この妙な符合は面白いですね〰💕。
 京東商城では、私の作画絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』(浙江少年児童出版社・小活字)🏇 も”618セール品”になっています。日本(世界中)への配送も可能なように記載されていますが、詳細は直接サイトでご確認下さい。その他にも、最近では、天猫や当当网(Dongdong)等でも”618セール”をやっているそうですよ~💑。

京東自营 当季新品 「中国原创绘本精品系列:青蛙绿马」 [6-10岁]
https://item.jd.com/13724918.html

当当自营 「中国原创绘本精品系列:青蛙绿马」
 中国版“青蛙王子”,满足儿童想象的藏族民间传说,拉近孩子与过去的距离、与自然的距离、与生命的距离。
http://product.dangdang.com/29397472.html

天猫超市(天猫自营) 「青蛙绿马绘本一年级 中国原创绘本精品系列百班千人共读书目」
https://www.1688.com/huo/detail-669889517301.html

             *

「中国創作絵本(2022年度版)」 神奈川共同出版販売株式会社
http://www.mars.dti.ne.jp/kkp/china_sousaku.htm

 日本の公共図書館向けの中国他 海外書籍輸入代行を行っている会社のサイトのようです。
 私の作画絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社・小活字/ここでは、定価2,508日本円との事。~その後、為替の影響で、現在、定価3,036日本円に変更されていますもリストに入っていますので、個人への販売可・不可は分かりませんが、既に絵本『青蛙緑馬』の日本への輸入代行は始まっているようです〰〰。😉


6月6日

 中国では、昨今、世界中のコロナ禍や紛争等の悪影響で、世情や人心が不安定なのでしょうかね・・・? 日本でも同様の傾向が見受けられますが、中国では、より大規模で過激なネット中傷という形で表面化するようです・・・。或る種の権威者や利権等への一般庶民(多分、中等以下の所得層による)の不満がたまっているのが、その根底にある遠因だと思われます・・・・。
 近年、私もその美に魅了されている、中国を代表する美人女優の景甜(ジン・ティエン)が、つい最近、違法広告に加担したとかで、莫大な罰金を払わされ謝罪文を掲載したといいます。また、中国を代表する児童書出版社傘下の絵本雑誌社が猥雑なイラストを刊行したとかで、非難されているといいます・・・。
 私の私見としましては、前者、景甜の件は、広告法に反する商品の宣伝広告に出演したというもので、社会の混乱を招いたという道義的責任はあるものの、基本的に事務所の手落ちでしょうから、日本に比べて、かなり厳しい本人への罰則に感じます。後者の件は、確かに今の時代性を鑑みると、”絵”の表現が差別的・低俗的で子供にふさわしくないともとらえられ、不快感を感じる読者がいてもおかしくないでしょう。でも、マンガ的な軽い表現手法でもあり、意図的な差別意識もないでしょうから、前に日本で問題となった絵本作家N氏の差別行動・発言とは大きく異なり、ナンセンス絵本の氾濫する現代日本では、さほどネット上で騒がれる程にはならないのではないかと思われる内容の事象です。ただし、今後の絵本画家の”質(レベル)”の向上は不可欠でしょうね(中国も日本も)・・・。
 今回、批判の対象となった両者は、中国国内外で、とても斬新で素晴らしい仕事を長年されてこられた人々です。私はそんな彼女・彼らの努力や頑張りを、いついかなる時も常に変わらず応援しています~💕。ガンバ・加油~ 、サリー・ジン(Sally Jing Tian)さん💛 ガンバ・加油~ 、絵本編集部~💑
 その他にも、いわゆる改革の名の下で、大小、様々な誹謗中傷が中国国内に、また別の要因によって日本国内にも増えているようで、実に悲しい限りです・・・。たとえ本当に本人に非があったとしても、寛容の心で他者を許してあげるという精神も大切です。日本も中国もその他の国々も、これ以上、世相が悪い方向に進まない事を切に祈っています。世の中、もう少し、人と人とが理解・調和し合える、より良い世の中になってほしいものですね〰〰。心底、そう願っています。🤝

絵本『青蛙緑馬』宣伝


6月10日

 マンガ「釣りキチ三平」で知られた漫画家の矢口高雄さんがお亡くなりになられていた事を、少し前に知りました・・・。

 子供の頃には私の兄が「釣りキチ三平」の大ファンで全巻を集めて愛読しており、私もその人物画の上手さと自然・動物描写に魅了されていました。私の日本画作品にも、何らかの影響を受けているかも知れません~。
 2014年頃、私も当時関わっていた、或る画商が開催した「矢口高雄 原画・版画展」で初めて、矢口高雄さんに実際お会いして、感動しました。2017年~18年には、漫画家の団体による「新年会」に招待されて、私も参加しました。とても大勢の知らない人ばかりの中に、子供の頃に憧れた、矢口高雄さんの他にも、ちばてつや さん、永井 豪さん、里中満智子さん 等の著名な漫画家の方々もおられ、テレビマンガ・アニメをよく観ていた幼少期を思い出して、またまた感動しました~。
 2017年の「新年会」では、名刺クジ引きイベントで奇遇にも、矢口高雄さんのイラスト作品(印刷物)が当たり、矢口高雄さんご本人にサインを入れていただき、今でも大切に持っています。矢口さんはとても気さくで素朴な雰囲気の方で、マンガのイメージ通りで、ホッとした覚えがあります・・・。

 2019年は忙しくて「新年会」には参加せず、その後はコロナ禍で開催されなかったのですが、その間にお亡くなりになられたという事で、誠に残念です。このコロナ下の2年余りで、その原因は様々なれど、伯父・後藤大秀さんを始め、多くの知人~交流のあった方・なかった方が亡くなられています。「さよならだけが人生だ」という井伏鱒二の名訳がありますが、人生とは、まさに刹那の夢の如くですね〰。
 矢口高雄さんのご冥福を、お祈り申し上げます。

マンガジャパン・デジタルマンガ協会新春の会

マンガジャパン・デジタルマンガ協会新春の会
「マンガジャパン・デジタルマンガ協会 合同 新春の会」(2017年2月28日 帝国ホテル 光の間)
 矢口高雄さんと私・後藤 仁。矢口高雄さんにサインをいただきました。

             *

 本日、日本向け新作絵本の「第2場面」の彩色を進め、現在、およそ7割弱の進捗度です。この場面は登場人物が多くて、細部の描写がけっこう大変です。ただ、特に変わった技法等は取っておらず、通常の描写のみですので、おおむね順調に進んでいます。
 また今日、「第11場面」の”下図”が完成しました。この場面は、特に重要な場面の一つですので、一切、気が抜けません。娘のたたずまいに、良い緊張感がみなぎっていますよ〰〰😋 この場面には、特殊な絵画技法を用いようかと考察中です~🥰

 最近、右手首の関節が痛くなったり、ぎっくり腰が再発しそうになったり(幸い1日でおさまりました)、身体中のあちこちがガタガタです。また、齢50を過ぎ、1日に最高度の集中ができる時間が5時間以内になってきました・・・。今日も、何故だか疲れて異様に眠たいです〰〰 (@_~)


6月12日

 コロナ禍も少しずつおさまりつつある世界状況の中、海外から日本への留学制度もようやく再開しつつあります。そこで最近、再び、中国の留学関係の記事も増えてきています。
 これは、数年前から中国の多数のサイトに散見された記事と同種の、再編・転載記事です。

 東京藝術大学(東京芸術大学)を卒業した国内外の第一線で活躍する芸術家として、村上 隆(現代アーティスト)、小田部羊一(アニメーター・キャラクターデザイナー)、李 叔同(中国の詩人・禅僧・音楽教育者・芸術教育者)、坂本龙一(坂本龍一/音楽家)さんという超大御所達と共に、光栄な事に、私(后藤 仁後藤 仁)が挙げられています〰。😳

扬航留学网 「艺术生留学日本的申请要满足什么要求」 (2022-05-29)
http://liuxuemvp.com/article/41083.html

留学在线网 「艺术生留学日本的申请要满足什么要求」 (2022-06-01)
https://www.liuxueonline.com/article/68976.html


6月13日

 最近、子供が描いたNFT(非代替性トークン/デジタル署名)作品が数十万円の値で売れたとか、中には現代アーティストのNFT作品に数十億円の値が付いたとか、また、簡単に描いたような或るマンガ風絵本作家の「絵本」は出すたびに数十万冊売れるとか、・・・いかにも世界・日本の美術・出版業界が景気の良さげな話ばかりが、現代美術~絵本業界に飛び交っている・・・。
 伝統的絵画(日本画・油絵)の世界においても、今まで全ての絵(油絵)を完売してきたというキャッチフレーズを売りにした洋画家や、写真を転写したようなアイドル画を描いて超売れっ子美人画・日本画家を名のる画家もいる(それが正統な日本画・美人画かどうかは?)・・・。
 本当にこの業界はそんなに景気が良いのだろうか・・・? そんなにボロイ儲け話が転がる簡単な世界なのだろうか? そのような誇大宣伝につられて、美術・絵画業界は容易に生活ができる業界だと勘違いして、安直にこの業界に飛び込んで来る人を、私は実に多数、見てきた。・・・・・

 私は生来、商売(ビジネス)感覚が殊更悪い画家なのだろう・・・。仮に或る程度の作品の好評価を受けたとしても、バブル崩壊前後の日本で、日本画を始めてから40年近く(大学卒業後、プロ画家として25年余り)、超貧乏画家から抜け出せた経験はない・・・。昨日、NHKでベトナム実習生の話をやっていて、実に悲惨で酷過ぎる現状に、可哀想でもあり、また、私も日本人の一人として、情けなく腹立たしくもあった~。私もかつて、絵の収入が特に減った時期に、派遣の日雇い肉体労働をしていた経験があるが、そこでも似たような奴隷的な酷い労働環境の会社・事業所も多々あった。かねてより常々、日本も、違法的搾取や差別が絶えない国なのだ〰。

 本当の”絵(芸術・美術)”の世界とは、本来、とても厳しいものだ。少なくとも効率的商魂に走るのではなく、本当に芸術的な良い絵を目指して、誠心誠意、制作すればするほど、厳しくなるという二律背反の関係にある。「日本画」においてもバブル崩壊後、絵が売れなくなり、大手百貨店や銀座の画廊 等の良い場所でも、1回の展覧会で全作品の4分の1程が売れればかなり良い方であろう・・・。時には一枚も売れないケースもあり、その場合は、それまで1年~数年に渡って描いてきた、多大な労力と画材代・取材費等は全く回収できなくなる。つまりは、完全なタダ働きである。
 「絵本」においても、日本の印刷美術業界が調子良かった15年程前までにある程度の数の「絵本」を出している人は、その印税でこのコロナ禍も容易に乗り切れるが、私の様に経験が短く、また、制作に時間がかかり、まだ出版数が少ない絵本画家の場合は、このコロナ禍は災難である🥶。私の場合、コロナ前から今までの3年半位に、気の遠くなる時間をかけて丹念に描き終えた「絵本」2冊分(原画、計40枚位)と、今、描きかけの2冊分の絵本原画の印税は、まだ一切回収できていない・・・。この間、展覧会等での売り絵も出来なくて、つまり、この3年半は全くのタダ働きなのである。その労力たるや、尋常で無いほど大変で、その上、高価な日本画の画材代や海外への取材費用なども、当然ながら、全て自分の持ち出しである。仮に私の画家稼業を時給で換算したら、諸経費(画材代・取材費 等)を除いたとしても、時給50円にも満たないかも知れないね〰〰。😭 諸経費を入れたら完全な赤字である(絵の講師業 等で何とかしのいでいる状態)。
 好きで選んだ路、自業自得と言われれば、言い返す術はない・・・(ただ、絵の才能と実力、または運が無いだけかもしれないし・・・)。コロナ前から、”画家人生”など厳しき路でしかないのであるが、このコロナ禍で厳しさは益々、増大し、ただひたすら画家の忍耐と、今までの微々たる貯金や、他者のわずかな援助で、何とか生きている体である。首の皮一枚でギリギリつながっている感じで、まさに窒息寸前である・・・。私以外の画家は、もっと上手くやっているのかも知れないがね・・・?。

 それでも、こだわりの懇切丁寧で緻密な絵画描写は捨てたくはない。どこまでも、最期まで、作画にこだわり続けて、画家人生を完遂したい思いのみがある。これぞ、本当の”画家(芸術家)の路”に他ならないが、一般普通人から見たら、全く理解しようが無く、狂気の沙汰であろう・・・。到底、その覚悟の無い、若い人達には勧められないね〰〰。
 私は何があっても、来し方行く末、どんなに困難な路であっても、朽ち果てるまで、ただひたすら、この道を進もう。何の保証も将来も無くても良い、ただ、ひたすら、この路を歩もう~。それが、私の全てであるから~~。

 絵師(日本画家・絵本画家) 後藤 仁/后藤 仁/JIN GOTO

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

2022-05-15

「絵師 日々の言霊 2022」 後藤 仁 〈4〉

 私は日本画・絵本原画制作の合間合間に、日々思った事・見付けた事などを、Facebook・Twitterでつぶやきます。これは、その続編〈2022年版、その4〉になります。
 一絵師のたわいもない独白は、いい加減で無責任な言葉にしか過ぎません。しかしその行間に、芸術家の真実が垣間見えるかも知れません。荒削りで不器用な絵師の言葉の中から、”真実の言霊”を見出していただけましたら光栄です。

 この3月初めから4月末にかけて、私の作画絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社)関係記事が、中国(中華人民共和国)のネット上にあふれかえり、数百件はあろうかと思われる、その膨大な量のほぼ全てをチェックする事は、とても困難でした〰〰 ヽ(@_@) (@_@)丿 ただ、せっかく丁寧に・熱心に拙作絵本について書かれているのですし、作者の責務と御礼の証として、時間が許す限りは確認しておきたいと思うのです・・・。
 今回は、既にまとめた、【恭喜!恭喜!百班千人/絵本『青蛙緑馬』読み書きプロジェクト、中国各地の小学校で始まったよ~】 【中国「世界读书日(世界読書日)」にて私・後藤 仁の作画絵本『青蛙緑馬』も大活躍~❣】 【大垣祭り・中町 布袋軕 天井画(天井絵)制作〈その8〉、彩色開始】以外の、絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社)『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)関係記事などをまとめました。その他、余談として、現代中国を代表する美人女優:景甜(ジン・ティエン)主演の、中国ドラマ「半妖の司籐(スー・トン)姫 ~運命に導かれた愛~(原題:司藤)」の感想などなど~~。💑

  絵師(日本画家・絵本画家) 後藤 仁/后藤 仁(ホータン・レン/中国語)

                  ★

2022年4月10日
 
 この数日、中国の某検索サイトの設定が変わったのか、「百班千人」関連の検索結果が出にくくなっています・・? それでも、私が開拓した色々な検索方法によって、おおよその検索は可能です。

 中国版2ちゃんねる的サイトでは、「百班千人」組織の是非について何人かで議論してある文章(おおむね、批判的な見解)もありました・・・。また、中国の書評サイトでは、絵本『青蛙緑馬』について、まだ掲載数全体が少ないのですが、とても好意的な批評がある反面、極めて悪く書かれた批判意見が2件ありました(今後も出てきそうです)。そこには明らかに個人的な悪意が感じられ、「百班千人」組織へか国営出版社(つまりは間接的に国家に)へか、はたまた、”日本人”作家へか”チベット”文化へか、勝ち組と思える人々への反抗なのか(本当は、私などは、典型的な貧乏画家なのですが)、あるいは、出版社や作家とライバル関係にある者の可能性もありますが、いずれにしても、何かしらの個人的な反感を如実に露呈しています。ただ、いずれも匿名ですので、所詮は無責任な発言でしかないのです・・・。
 しかしながら、それが仮に邪推や妬みの類だとしても、誹謗中傷にまでは至らないならば、誰もが自由な意見ができるという事は、まだ社会が健全だという証でもあります。それに、一部に、こうした酷評(誹謗中傷の一歩手前ですが)が出てくるという事は、その作品が人々に与える”インパクト・印象”が強かった裏返しでもあり、数割程度の批判意見は、プロの世界では避けて通れない試練なのです〰。🤮 これも一種の𠮟咤激励だと、都合よくとらえておきましょう〰〰(大笑)😝🤣

 また、「旅游知识网」では、絵本『青蛙緑馬』の作者が、前に発表された記事の間違いをそのまま転載し、唐 亜明さんと木下 晋さんと書かれてあります。中国は転載記事が多いですので、この後もしばらく、この間違いは続くものと思われます。この事態を私は少し心配していたのですが、仕方ありません・・・。今後、もっともっと頑張って、作品を通して、じょじょに ”后藤 仁” を知っていただくしかないのでしょうね〰〰。😔
 
旅游知识网 「青蛙的旅行绘本」 (2022-04-09) (※その後、内容が更新され、絵本『青蛙緑馬』とは関係ない、全く別の文章になっています。)
http://www.pyn5.com/lv/uiidixujiqiiubiwjvuyibjmujwhjfubqqijuyifwf/

 
4月11日

 西瓜视频(西瓜視頻/Xigua Videoは、ByteDanceが所有する中国のオンラインビデオ共有プラットフォーム)にも、前に「美篇」に掲載されていた女の子(王煜婷さん)の映像が上げられています。私の作画絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社/小活字)を懸命に朗読している姿は、著作権云々はさておいて、感動すら覚えますね〰〰😻 頑張ってね~💕
 また、抖音(Douyin/ドウイン/TikTok/ティックトックの本国版、動画に特化したソーシャルネットワーキングサービス)の奶爸育儿经さんの映像にも、後ろの本棚に絵本『青蛙緑馬』が映っていますが、何故か紹介はされていません? せっかく表紙を映したのなら、絵本の紹介までしてほしいですね〰〰😅

西瓜视频 #亲子阅读 #让阅读成为一种习惯 「青蛙绿马」 ― 王煜婷 (2022-03-26)
https://www.ixigua.com/7079334171901952547



抖音 「0-6岁宝宝中国原创精品绘本推荐!你一本都选不上的话算我输!」#大v悦读会 #哪本书治愈了你 ― 奶爸育儿经 (2022-04-10)
https://v.douyin.com/NWgnGMo/ 复制此链接,打开Dou音搜索,直接观看视频!


4月12日

 本日は、日本向け新作絵本「第7・9場面」の 本画制作を進めました。現在、いずれも3割強の彩色進捗状況です。なかなか進んでいませんが、おおよそ良い感じではないかと思います~💝

 中国の読者の皆様が、中国向け新発売絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社/小活字)の報告を多数上げてくれるので、作家の責任感もあって確認するのに時間を要して、なかなか制作がはかどりません・・・。しかし、所詮、私など、平地人のビジネス的世界観から見ると、完全な「負け組」であり、この後、いくら頑張って描いたとしても、たいした成果も期待できず、運良く長く描けたとしても20年~30年位が限界でしょうか・・・。
 かつて、現代日本画界の大作・会場芸術、権威・団体主義もあまり私に馴染みませんでしたが、現代日本絵本界のヘタウマ風・マンガ風、パフォーマンス全盛時代も、どうしても馴染みません・・・(本当のマンガ家には、すごい作家も、多々、いるのですが、マンガモドキでは・・・)。
 そんな現代ですので、決して急ぐ事なく、他人の評価などは(見たとしても)あまり気にせずに、自身が十二分に納得いく制作をひたすら行う事にのみ、集中したいと私は考えています・・・。一人の画家が生きて・死んでいく・・・、その中で、出来うる限り、自身の最高の”美”を求める。それ位しか、私には出来ないのですから・・・。


4月13日

 「小花生网,真实家庭教育经验交流社区」(中国で0~14歳の親子家族教育のための主要な体験コミュニティおよびリソース共有プラットフォーム。ここは、中国で子供たちの読書を大切にする家族が集まる場所。)
 この中国の読書・教育サイトにも、私の作画絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社/小活字)のページがありました。絵の作者は、木下 晋さんのままで転載されていますが・・・。
 絵の作画においては、一生懸命・誠心誠意・全身全霊で描いているのです。あまり悪い事ばかりは書かないでね〰〰。😝
 
https://www.xiaohuasheng.cn/book/e8de575af75b3244
https://www.xiaohuasheng.cn/book/b205d5ac1fb81a53

                  *

 中国最大の書評・映画レビュー・コミュニティサイト「豆瓣/豆瓣读书」にも、私の作画絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社/小活字)ページがありますが、絵の作者が、木下 晋さんとなっていたり、まだ書評数が少ないので、紹介はしていませんでした。
 絵の作者が、”后藤 仁”と訂正され、少しずつ書評が載ってきましたので、今回、掲載します。ただ、前に書いたように、早速、心無い大人による、書評の域を越えた、差別的とも取れる心情が書き込まれたりしているので、どんなものかと思います〰〰(匿名とは言え、逆に、投稿されたご本人にとって、マイナスになるのではないかとも、心配します・・・)。日本での子供向けの「絵本」の書評では、これほど苛烈な書評は、ほぼ見られませんので、色々複雑な国内の事情が裏にあるのではないかと考えますが・・・。😩
 たしかに厳しい批評は作者の肥やしともなりえるのです。しかし、作者は誠心誠意、命がけで創作している場合がほとんどですので、その心意をある程度は解釈された、真面目な書評をお願いしたいところですね〰。<(_ _)>

豆瓣读书 ― 『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社/小活字)
https://book.douban.com/subject/35785533/


4月14日

 私の作画絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社、小活字/文・編集:唐 亜明、絵:後藤 仁)の制作秘話が、制作元の出版社:小活字によって、詳細につづられています。
 絵本『青蛙緑馬』が、読書の皆様にプレゼント🎁される企画らしいですよ~😻 当たった方は、とてもラッキーですね〰〰💝  恭喜 ❣ 恭喜 ❣ 🥳🤩😍

★ウィーチャット(WeChat/微信) 「烙印在记忆里50年的草原传说|小活字423赠书」 ― 原创 抱住绿码的 小活字 (2022-04-14)
https://mp.weixin.qq.com/s/NTxqDYBkx0hLc1oW5BDEIg


4月15日

 私の伯父の後藤大秀さんが「からくり人形」を、長年、復元制作してきた「大垣祭り」(岐阜県大垣市)。コロナ禍で2年間の中止を余儀なくされましたが、今年は規模を縮小して開催されるそうです。誠に おめでとうございます !
 伝統文化の継承とは、常に常に継続していかないと、技術や心意気が途絶えてしまいます。それは、「日本画」も「お祭り」も同じです。
 今年度の大垣市の予算も決まったようですので、私の、大垣祭り〔ユネスコ無形文化遺産・国重要無形民俗文化財〕・中町 布袋軕(ほていやま) 『天井画(天井絵)』制作も、本格的に再開と行きましょう。😤 これから再び、おいおい拙ブログに制作過程を上げていきたいと思います。乞うご期待 ─── ❣❣❣

大垣まつり|大垣・西美濃観光ポータル「水都旅(すいとりっぷ)」
https://www.ogakikanko.jp/event/ogakimaturi/

                  *

 中国の絵本出版社:小活字のウィーチャット(WeChat/微信)記事中で、私も一緒に中国の取材旅行に赴いた、絵本作家・イラストレーター:大島英太郎さんの「新作絵本」の紹介がされており、前書きで私(后藤 仁)についても触れられているようです。誠にありがとうございます。大島さんは、絵本作家としては、私よりずっと先輩で、仕事のご経験もはるかに豊富です。
 私などは、下手に藝大などに行ったせいで、なまじっか”芸術論”を語るようになってしまい、邪念に満ちあふれた画家に老いさらばえてしまいました・・・。大島さんは、私が子供の頃に豊富に有していたような、純粋な絵や動物(対象物)への好奇心を持っている、今まで私がお会いしてきた幾多の画家・イラストレーターの中でも、かなり奇特な方です。そして、それは、画家(表現者)にとって、決して無くしてはいけない、最も大切なものであるのです。年長者に対して失礼かも知れませんが、常に謙虚な姿勢を持たれており、もちろん絵もかなり上手い方ですし、尊敬に値する、好人物ですね〰。

ウィーチャット(WeChat/微信) 「我在中国看到的鸟儿|小活字423赠书」 ― 喜欢观鸟的 小活字 (2022-04-15)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzU3MDU0NTkzNg==&mid=2247571210&idx=1&sn=804d13876f6a6fbc823d39563a1bea89&chksm=fcee5575cb99dc630f6cd2584e3b978b9c1831d52663d0f4aafcf1198bcaed4741347036eef8&scene=178&cur_album_id=1533798990725595136#rd


4月17日

 抖音(Douyin/ドウイン/TikTok/ティックトックの本国版、動画に特化したソーシャルネットワーキングサービス)にも、私の作画絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社/小活字)関係の動画が、ボチボチと上がってきます。これは出版社が作成した、絵本の宣伝画像の転載でしょう~。🐸

抖音 「《青蛙绿马》以儿童化的语言、富有民族特色的画面,为孩子讲述神奇的藏族民间故事。」
https://v.douyin.com/NwxL2p6/ 复制此链接,打开Dou音搜索,直接观看视频!


4月22日

 本日、日本向け新作絵本の「第2場面」の”下図”を完成させました。平穏で楽し気な日常感が出ていて、とても良い雰囲気ですね~~😉
 「第7・9場面」の本画はじょじょに進んでおり、現在、7割強程度の進捗状況でしょうか。当初の予定より、作画にかなり時間がかかっていますが、今月中には2枚を完成させたいところです〰〰😻 
 世の中、誠に厳しき折、そんな時代だからこそ、ますます、張り切って・頑張って行こうよ───💖


4月24日

 昨日、4月23日は、日本では「子ども読書の日」〔又は、「世界図書・著作権デー/世界本と著作権の日(World Book and Copyright Day)」、「世界本の日(World Book Day)」〕だそうで、中国では、「世界读书日(世界読書日)」として、各地で読書イベントが開催されたようです。
 「百班千人プロジェクト」以降にも、この日、私の作画絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』(浙江少年児童出版社/小活字)を活用された読書イベントが中国で開催されたようで、ウィーチャット(WeChat/微信)に幾つかの記事が上がっていますが、いずれも保存できないバージョンです・・・。ヽ(^o^)丿
 こうして、子どもや大人達が、自由に気ままに熱心に、”本”や”絵本”が読めるのも、「平和」な世の中があってこそです。困難続きの現在ですが、将来的に永久に、世界の平和と友好が続いていく事を願いたいです。🤗

世界読書日
深圳市・罗湖小学校 「世界読書日・読書イベント」 ポスター
絵本『青蛙緑馬』宣伝

絵本『青蛙緑馬』宣伝


4月25日

 これまでに何度も同様記事が掲載されていますが、私の作画絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社)が紹介されている「童书品牌联盟新书榜2022年4月·第3期」の、別バージョン・転載記事です。
 中国では同じ内容の記事・投稿が、公式・非公式を含め、他の媒体や別アカウントで再投稿されるケースが多いです。良い内容の記事なら大歓迎ですがね~。  (@_@)丿

百度文库 「童书品牌联盟新书榜2022年4月·第3期」 ― 蒙太德明迎蓉010 (2022-04-10)
https://wenku.baidu.com/view/6049960a5a0102020740be1e650e52ea5518cee2.html

ウィーチャット(WeChat/微信) 「主题清单|童书品牌联盟4月新书速递」 ― 云图空间站 雲圖空間站 (2022-05-12)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=Mzg2NjU4MDM2Mw==&mid=2247556241&idx=1&sn=9cfa6cb9777d2c4cb0d8ab13ae77cdd0&chksm=ce4afe75f93d776359f7ef3c8eea4e80893e5a1c14204599c940064f6773df402fec1e0e0a47&scene=178&cur_album_id=2296301282086666242#rd

 その他、「小红书」に、絵本『青蛙緑馬』の記事を新たに見付けましたので、合わせてご紹介します。
 中国の投稿数は日本とは桁違いに多いので、確認するのも大変です〰〰(何事もやり始めたら凝り性が出てしまう私ですが、これ以上、忙しくなったら、諦めようと思います・・・)。😝

小红书 「藏族民间故事《青蛙绿马》」 ― 为孩子讲绘本的葱头 (2022-04-14)
https://www.xiaohongshu.com/discovery/item/62574f06000000002103c8f5


4月26日

READYFOR クラウドファンディング
 【児童文化を発信し続けてきた「絵本美術館」を未来に向けて存続させたい】 絵本美術館&コテージ森のおうち
#長野県 #アート #観光 #子ども #教育 #本 #漫画 #写真 #絵画 #イラスト #図書館 #絵本
https://readyfor.jp/projects/morinoouchi

 日本ではバブル経済崩壊後から現在まで、長年、美術界全般が経済的に厳しくなっていましたが、この2年余りに及ぶコロナ禍が追い打ちとなり、画家・作家をはじめ、画廊・画商・画材店・美術館等、美術に関係する人々の大多数が、とても厳しい状況に置かれています。
 絵本界も同様で、絵本作家・画家をはじめ、出版社・絵本美術館・児童書店等、ほとんどは厳しい状況だと思います〰〰。🤔

 日本の絵本美術館の中でもよく知られた、「絵本美術館&コテージ森のおうち」も経営が厳しいようで、現在、クラウドファンディングを展開中です!!。
 私は、一度、「絵本美術館&コテージ森のおうち」を訪れ、コテージに泊まらせていただいた事がありますが、そこで展覧会を開催した事はありません。画家としては、さほど深い付き合いではないのですが、このまま、このような素晴らしい実績のある絵本美術館等が次々と消えていくのは、美術・絵本界から広く日本の文化界にとっても、大きな損失である上、個人的にも誠に忍びないので、心ある皆様に、クラウドファンディングご支援をお願いしたいと思います。

 私などは元より貧乏画家ゆえ、東京藝大卒業後、サラリーマンの何分の1かの収入で、画材費から取材旅行費から、長年、何とか工夫しながら工面しながら生きてきました・・・。このコロナ禍で更に収入は半減しても、政府・公共団体支援金のいずれにも上手くは該当せず(自由業ですので)、元より高価な日本画が売れる時代ではなく、「絵本」2冊の出版は2年以上遅れ、その間、当然ながら印税も入りません・・・。明日を生きられるかを心配するような、悲惨な貧乏画家人生の有様です〰〰。😱 (それでも明るく生きようね~)
 そんな訳で、誠に申し訳ないのですが、無い袖は振れぬという現実で、私は他者を支援する余裕・資格すら持っていませんが、広報くらいはお力になれると思い、あまり人気もない我がSNSですが、皆様にお伝えしたいと思いました。
 ぜひ、経済的に少しでもゆとりのある心ある方々、絵本業界で十分に稼がせてもらっている関係者の方々、今こそ、ご支援にまわるべき時なのではありませんか・・・。
 私自身は画家として朽ち果てても構いません〰。それでも、最後の最期まで、誠心誠意、誠実に・懸命に、好きな”絵”を描き続けるだけです。しかし、次世代を担う子ども達・若者達には少しでも良い創作環境を残してあげなければならぬという、義務感・責任感もあります~~。
 皆様、多大なるご支援の程、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>

 〔※おかげさまで、この後、目標額に到達したようです。皆様、ありがとうございます。森のおうち、おめでとうございます!〕

森のおうち
「静岡市、長野県(安曇野・岡谷市)の美術館鑑賞・取材の旅」 ― 「絵本美術館&コテージ森のおうち」にて私・後藤 仁 (2015年11月10日~12日)

                  *

 「文多多阅读网」という”読書感想サイト”らしき中国のサイトに、前にウィーチャットに上げられていて保存できなかった記事と同人物・同様文章が掲載されていました。絵本『青蛙緑馬』を「百班千人プロジェクト」とは異なる視点でとらえようという研究的・独自的な姿勢は、とても良い事だと思います。ただ、絵本の題名の「緑馬」や私の描いた娘達の服の色(赤・黄色)は、2年以上前に決まっていたもので、それは偶然の一致、もしくは、作家的先見性のなす技なのですよ〰〰。😳
 いずれにしても、こうして、多くの皆様~子ども達・大人達によって拙作絵本が十二分に活用されているのは、誠に嬉しい限りです~。😍 心より有難うございます。谢谢!谢谢大家! 💖

文多多阅读网 「心意的相知,终究抵不过好看的皮囊——读《青蛙绿马》的胡思乱想」 ― xiaomu (2022-04-17)• 生活感悟
https://wdd.lbxds.com/1261.html

                  *

 昨日から今日にかけて、日本向け新作絵本「第2場面」の下図を本紙に転写し、骨描き(こつがき)、胡粉の下塗り、黄土系の下塗り、と進めました~。今の所、とても良い感じです。🤩
 今日は、中国向け新作絵本・第三弾「第3場面」の細部の描き起こし・彩色も進めました。制作は誠に遅々としていますが、とても美しい世界観が現出しており、素敵です~💖。

 最近は特に、とにかく制作を急がず、自身が納得いくまで、じっくりと創作する事を心掛けています。それでたとえ寡作になっても、生活が苦しくても、愚かだと言われても・・・、私は商人(ビジネスマン)ではなく、本質的”芸術家”ですので、全く構わないのです・・・。中途半端な・いい加減な制作だけはしないように、生涯をかけて、誠心誠意、精進したいです。


4月28日

 YouTube「絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』〔《中国原創絵本精品系列》浙江少年児童出版社、伝世活字国際文化メディア・小活字 / 文:唐 亜明、絵:後藤 仁 〕宣伝映像」

 多分、中国の出版社:浙江少年児童出版社 関連会社が制作した映像だと思いますが、私の作画絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』が動画になって、面白おかしく動いています~🐸。本来、”画像(絵)”の著作権者は私ですので、この映像をYouTubeで共有してみました~💖。
 まだご覧になっていない方は、ぜひ、「絵本」と合わせて、見てみて下さい。結構、この映像は、楽しいよ~~😻




4月29日

エキサイト(Excite)ニュース(2022年4月28日)
 【難読地名クイズ Vol.19】 赤穂市(○○○し)なんと読む?
 このニュースの中で、『兵庫県「赤穂市」出身の主な有名人』として、私・後藤 仁も挙げられていました。誠に光栄です~❣😝

https://www.excite.co.jp/news/article/E1651045244917/


4月30日

「シュナの旅」 - 三鷹の森ジブリ美術館オンラインショップ マンマユート
https://www.ghibli-museum-shop.jp/i/9784196695103

 宮崎駿監督のオールカラー水彩イラストによる描き下ろしオリジナル絵物語です。
 「この民話(犬になった王子)のアニメーション化がひとつの夢だった」と語る宮崎監督が、絵物語という形式で自らの夢を形にした一冊。
 1983年以来のロングセラーで、ヤックルが登場しています。

●あらすじ●
 谷あいの貧しい小国の後継者シュナは、実りの種をたずさえて、はるか西方にあるという豊饒の地をめざす。
その地には、人々の飢えを除く黄金の穀物が美しく輝いているという……
 チベットの民話「犬になった王子」をもとにした、谷あいの貧しい小国の後継者シュナの物語。(作品紹介文より)
                  *
 「シュナの旅」の原話のチベット民話「犬になった王子」の絵本版が、私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)です。ぜひ、「シュナの旅」と合わせて、拙作絵本をご覧下さい。
 ジブリアニメの世界観も、宮崎 駿 作品への理解も、ついでに後藤 仁 作品への愛着も、きっと深まると思いますよ~ 💖😍
 
○岩波書店公式サイト ― 絵本『犬になった王子 チベットの民話』
https://www.iwanami.co.jp/book/b254895.html



5月1日

 浙江少年児童出版社の小红书(小紅書/シャオフォンシュウ/RED)の記事によりますと、中国(中華人民共和国)で1~2位の売り上げを誇る中国を代表する児童書出版社である同社の、2022年・第1四半期「売り上げ数ランキング TOP15」(その多くは「読み物」で、「絵本」は少ないです)の第2位〈銀メダル🥈〉に、見事 ~ 私の作画絵本『青蛙緑馬』が入っています~🌟。
 恭喜!恭喜! 谢谢!谢谢大家!!・・・誰もほめてくれないので、自分一人で祝っています〰〰。🎊🎉
 また、ウィーチャット(WeChat/微信)や美篇(Meipian)の中に、「百班千人プロジェクト」「世界読書日」等の絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社)関係の、新たな記事や保存バージョン記事が、未だボチボチと見付かります。検索サイトが更新された時に、新たに上がってきたりするのです。
 ご購読いただきました皆様、誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。 <(_ _)>

🌟小红书(小紅書/シャオフォンシュウ/RED) 「浙少社一季度销售排行榜TOP15有你喜欢的吗」(浙江少年児童出版社 第1四半期 売り上げ数ランキング TOP15には、あなたが好きな本はありますか?) ― 浙江少年儿童出版社 (2022-04-29)
https://www.xiaohongshu.com/discovery/item/626b963f000000002103f627


5月3日

 「百班千人 読み書きプロジェクト41期」の記事が、検索サイトが更新された時などに、未だに、新たに上がってきます。確認作業は結構大変なのですが、誠に光栄な事です~。😻 皆さん、とても上手に、「青蛙緑馬」の絵を描いていますよ。この中から、将来、偉大な芸術家が生まれるといいね〰 💕

 絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)が発売された時も、実に多くのメディア(新聞・雑誌・専門誌・テレビ・ネットメディア等)や個人・団体のブログ等で取り上げていただきました(そんなに売れている絵本ではないのですが、絵本専門家・愛好家等からの評価が高かったのです)。しかし、中国(中華人民共和国)の場合は、ざっと見ても、その10倍を超えた拙作絵本関連記事がネットに上げられてきます。(日本では、発売後、2か月位の間に、1週間で平均3~4件のネットアップといった感じでした。中国では、1日におおよそ3~5件以上の記事がネットで見付かります。)
 「百班千人プロジェクト」に選定された事も大きいでしょうが、中国人の人口の多さに加えて、物事への興味・関心の度合いが強い性格も、大きな要因でしょうね~💖。国や人が延びていく時は、そんなものなのです。日本の子ども・若者達も頑張らねばね~ 。私も、もう一息・二息、頑張ろうかな〰〰 (@_@)y


5月4日

 2019年秋に、絵本編集者の唐 亜明さんや、絵本作家の先輩方や、中国の出版社の方々と一緒に、中国での合同取材旅行を開催した時のウィーチャット記事が、何故か今頃、別アカウントに再掲載され、保存もできましたので、ご紹介いたします。
 この時の取材の成果は、次に中国で出版予定の新作絵本に反映されています。乞うご期待───😻

ウィーチャット(WeChat/微信) 「“为孩子们工作,而不是为钱!”中日绘本编辑画家告诉你好绘本如何做出来」 ― 东方娃娃文创 (2019-10-18)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzI4NzIwMzI1Ng==&mid=2247497795&idx=1&sn=7fea5cb83ad6ab91f54edf7e97539eec&source=41#wechat_redirect
ウィーチャット(WeChat/微信) 「西行漫记|日本宝藏绘本画家们的“真实面目”大揭秘!」 ― 原创 嘟略略 东方娃娃文创 (2020-01-03)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzI4NzIwMzI1Ng==&mid=2247497704&idx=1&sn=3635f49bd45dddefe3a0c175034aedb5&source=41#wechat_redirect


5月7日

青と黄のシンボリカ:ウクライナの国旗・国章・国歌|じんぶん堂
https://book.asahi.com/jinbun/article/14607953
青と黄のシンボリカ(原田義也) 『ウクライナを知るための65章』特別公開 webあかし
https://webmedia.akashi.co.jp/posts/5769

 青と黄のシンボリカの例として、「シュナの旅」(宮崎 駿/徳間文庫)とチベット民話『犬になった王子』があげられています。
 そういえば、確かにウクライナの国旗は、青空の下に黄金の麦が実っている風景に見えてきます。私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)には、青空の下に黄金の大麦や大地が広がった光景を描いています・・・。あらためて、”食物”や”平和”の大切さを強く感じます・・・。
 この機会に、絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)も、ぜひ、合わせて読んでみて下さい。各々の物語の世界観が深まると思います。🧐

                  *

 百道網/百道网(Bookdao/北京百道世纪网络信息技术有限公司)という、中国最大の出版業界ネットワークメディアプラットフォームおよび出版業界ポータルに、私の作画絵本『青蛙緑馬』(浙江少年児童出版社/小活字)のページがありました。ただ、私の名前が「后藤 任」(正しくは、中国語で、后藤 仁)になっています〰。 (@_@)
 また、その中の「一周童书新赏」という新書リストにも、絵本『青蛙緑馬』が掲載されていました。

百道网(北京百道世纪网络信息技术有限公司) ― 《青蛙绿马》
https://www.bookdao.com/book/4009105/
百道网 ― 一周童书新赏(2022年4月9日-4月15日)
https://www.bookdao.com/bookstag/8335160/


5月11日
 
 この数日、「大垣祭り〔ユネスコ無形文化遺産・国重要無形民俗文化財〕・中町 布袋軕(ほていやま)」(岐阜県大垣市) 天井画(天井絵) 『黒龍と四つ姫の図』制作と、日本向け新作絵本制作を、徐々に確実に進めています。
 「天井画」制作の成果は、後日まとめて、ご報告いたします。

 過酷極まりない制作の合間合間には、一時の息抜きとして、景甜(ジン・ティエン)主演の中国ドラマ「半妖の司籐(スー・トン)姫 ~運命に導かれた愛~(原題:司藤)」の、見逃しネット配信でも私が見逃した1~2話の入ったDVD ”1巻”と、テレビでは放送されなかった番外(もう一つの結末)が入った”15巻”を借りてきて、観てみました~。
 それにしても、「司藤」は何度観ても、誠に素晴らしい出来のドラマですね~。中国語版では完全に把握しきれなかった”番外”の内容も、日本語字幕で良く分かりました。この番外がなければ、悲しさが鑑賞後に残るでしょうから、やはり、「司藤」は本編と番外を合わせて、完全な完結となるのだと思います。本編の最終話では哀惜を感じ、番外で少しホッとできる・・・、その読後感は素敵です。このパラレルワールド的~道教(仙人思想)的世界観は、日本人にも通じる思想ですね・・・。
 そう言えば、私の作画絵本『青蛙緑馬』は最後に悲話で終わりますので、「百班千人 読み書きプロジェクト」で多くの子ども達が、もう一つの結末~ハッピーエンドを描いてくれていましたね。とっても素敵です~。💕💑

 あと、ずっと前に一度観た事がある、中国映画「再見~また逢う日まで(原題:我的兄弟姐妹)」(2001年製作)もあらためて観てみました。この話は涙なしでは決して観る事ができない、実に感動的な家族愛がテーマの映画です。「司藤」(番外)での、西西(西竹/司藤の子供時代)と秦放の別れとも、少し印象が重なりますね・・・。😢


 また、私の作画絵本『青蛙緑馬』が掲載された「美篇(Meipian)」記事で聴いた歌が耳に残り、調べてみましたところ、李昕融(Li Xinrong/Ariel Li)の「有你就幸福」だと分かりました。李昕融(現在、12歳)は中国で天才少女歌手として有名な人らしく、その歌声は素晴らしい透明感をたたえ、とても美しいです───💘
 「有你就幸福」は他人との幸せを願う歌として、今、コロナ禍で苦しむ中国で多く歌われているようです。厳し過ぎる創作の日々・・・、李昕融の声も素敵ですが、とりわけ、幼い子ども達が一生懸命に歌っている歌声を聴くと、涙が出そうになりますね・・・。歳ですかね・・・・・。




5月13日

 前に中国の多くのサイトに掲載されていた記事が、「漂亮女人街」というサイトにも転載されていました。「漂亮女人街」というので、また怪しげなサイトかと思ったら、案外、真面目な、女性向けの情報サイトのようです。
 東京藝術大学を卒業した国内外の第一線で活躍する芸術家として、村上 隆、小田部羊一、李 叔同、坂本龙一(坂本龍一)さんという大御所達と共に、誠に光栄な事に、私(后藤 仁)が挙げられています~。😳

漂亮女人街 「留学作品集辅导机构(留学作品集机构有哪些)」 (2022-05-09)
https://m.roadlady.com/article/2006739.html

                  *

 日本向け新作絵本の「第7・9場面」の本画は、ようやく9割近くまで進捗しました~。仕事がいくつも重なっている事もありますが、今回の作品は、かなり緻密で精妙な作画をしていますので、予想以上に時間がかかっています・・・。
 「第2場面」の彩色も少しずつ進み、現在、およそ2割弱の進捗状況です。誠に先が長いですが、だんだん集中力は増しており、時々、ゾーン(画神域)に入りつつあります・・・。
 そんな今日は、主人公の少女の良い表情が描けましたので、おおよそ満足です~🥰。

 仕事中の様子は、お世辞にも見栄えが良いとは言えませんので、基本的に一般非公開です。しかし、「作画が大変だ、大変だ」と言っても、なかなか伝わりませんので、絵本原画の作画の様子を少しだけお見せいたしましょう(ただし、絵本原画は、発売まで非公開です)。
 作画中の私のアトリエは、資料や画材で埋め尽くされ、まさに修羅場と化します〰〰 (@_@) この汚い現場から、泥に咲く蓮のような、美しい世界が現出するのですね。誠に”芸術”とは、不思議なものですね~。

絵本原画制作中・後藤 仁
後藤 仁、絵本原画制作中。細部の描写時は、こんな感じです~ 😻

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

2022-05-14

大垣祭り・中町 布袋軕 天井画(天井絵)制作〈その8〉、彩色開始


「大垣祭り〔ユネスコ無形文化遺産・国重要無形民俗文化財〕・中町 布袋軕(ほていやま)」(岐阜県大垣市) 
 天井画(天井絵)制作

 絵師(日本画家・絵本画家) 後藤 仁、GOTO JIN


  (※フェイスブック Facebook に記述した内容から、今回、彩色(黒龍の鱗)の工程を、まとめています。)

                 *

 2022年4月30日(月)。この「大垣祭り 天井画」制作は、他の作品制作との兼ね合いで、ゆとりを持って1年余りの制作期間を想定し、早めに制作を開始しました。ところが、この大垣祭り復元事業は、文化庁と大垣市の助成事業でもあるので、来年4月の予算決定後まで制作を待って欲しいという事を、昨年10月頃に伝えられ、今まで据え置いていました。
 ようやく予算が決まったと言うので、いよいよ、本格的に制作再開です───

 この大型連休は、絵本制作をひとまず置いておいて、この「天井画」制作一本に集中しようと計画しています(私には、世間で言う所の、いわゆる「遊戯・休養の連休」など、ありません・・・)。
 昨日(4月29日)は、骨描き(こつがき)まで完成していた本画に、”彩色”をほどこしていきました。黒系のかなり荒い粒子の岩絵の具を、かなり濃い目の膠でといて、黒龍の鱗に彩色しました。特荒の絵の具は、筆ですくって画面まで持っていって塗るのが、とても難しく、なかなか手間がかかります。
 この日は、鱗の外縁の一度塗り目を行い、およそ半分弱まで描けました。疲労して、腰も痛くなり、結構、大変です〰〰。しかし、とても良い感じですよ~。😆

大垣祭り、天井画制作・彩色
いよいよ、これから彩色開始~!
大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色


 2022年4月30日~5月3日には、「黒龍」の鱗・外縁の一度塗り目”彩色”を進め、完成させました─── 😚。今回、使用した岩絵の具は、黒色系の”特荒”の岩絵の具です。ことさら特荒ですので、筆で塗るのが非常に難しいです。

 「軕(やま/山車)」は祭りの時に激しく動かされますし、天候の影響等も受けやすいでしょうから、かなり頑丈な画面が求められます。加えて、大垣祭りの「軕」は、大垣市~ひいては、日本の・世界の宝でもありますので、十分に100年はもたせたいという思いがあります。
 今回の岩絵の具が”特荒”だという事もありますが、”膠(にかわ/日本画の絵の具の接着剤)”はいつもの和紙用より2倍強は濃いものを使用し、絵の具の割れが生じないギリギリの範囲で、板への喰い付きを最大限にしました。また、今回は様々な膠を混ぜて、それぞれの長所・短所を補い合う事を目途としました。昔の三千本膠、新三千本膠「飛鳥」、乾燥鹿膠、軟靭鹿膠、墨製造用の膠を混合して使用。・・・それが本当に効果が高いかどうかは不明ですが、様々な環境変化等に対応できるのではないかと、期待します。

 鱗・外縁の一度塗り目が終了し、「黒龍」の迫力は更に増してきました 🐉。この後、鱗の更なる彩色~龍の各部位の彩色へと進めていきます。乞うご期待 ─── 💘

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色
腰が辛い体勢だね~。
大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色
今回、使用した膠。
 左上から、昔の三千本膠(現在は製造終了で売っていません)、新三千本膠「飛鳥」、墨製造用の膠、乾燥鹿膠、軟靭鹿膠。
大垣祭り、天井画制作・彩色
使用した画材と。
大垣祭り、天井画制作・彩色
「大垣祭り〔ユネスコ無形文化遺産・国重要無形民俗文化財〕・中町 布袋軕(ほていやま)」(岐阜県大垣市) 
 天井画(天井絵)『黒龍と四つ姫の図』 鱗・外縁の一度塗り目の彩色 完成



 2022年5月4日~5日は、「黒龍」の鱗・年輪”彩色”をほどこしました。今回、使用した絵の具は、黒灰色系の荒い粒子の顔料です(通常の画材店でも日本画画材専門店でも売っていない、かなり特殊な品物)。塗るのは、前の特荒黒色よりは多少やりやすいですが、それでも、かなり困難です〰〰。(@_@)
 一つの鱗に対して、2~5本の年輪を入れていきますので、時間もかかって、作画はとても大変です。2日かかって、ようやく全身の半分弱まで進みました~。
 しかし、黒龍の鱗の立体感と迫力が更に増して、なかなか良い感じですね〰〰  ( ^^)丿

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色


 2022年5月9日~12日で、「黒龍」の鱗・年輪の黒灰色・一度塗り目”彩色”を完成させました。😌
 今回は黒灰色系の特荒粒子の特殊な岩絵の具を用いました(通常の画材店でも日本画画材専門店でも売っていない、かなり特殊な絵の具)。粒子の荒い絵の具は塗るのが難しいのですが、おおよそ良い感じです。
 「日本画」では、大きな作品は基本的に地面で描きます。私は正座自体には慣れており、何時間でも平気なのですが、細部の描写になると、腰と足が極端に折れ曲がり、まるで苦行か拷問のような形態になります。これで一気に1時間以上、小休止しながら、長い時は1日に6時間以上、描き続けますので、極めて辛い作業になるのです・・・。
 後半、このサイズだとミニテーブルに乗せられそうだと気付き、やってみると、随分、楽になりました~。何事も工夫してみるものですね~。😆
 「黒龍」の迫力がどんどんと増してきましたが、まだまだ、これからが見所ですよ。乞うご期待〰〰   ( ^^)丿

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色
テーブルに乗せると、随分、彩色が楽な事が分かりました。 ヽ(^o^)丿
大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色

大垣祭り、天井画制作・彩色
「大垣祭り〔ユネスコ無形文化遺産・国重要無形民俗文化財〕・中町 布袋軕(ほていやま)」(岐阜県大垣市) 
 天井画(天井絵)『黒龍と四つ姫の図』 鱗・年輪の一度塗り目の彩色 完成


テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

2022-05-04

恭喜!恭喜!百班千人/絵本『青蛙緑馬』読み書きプロジェクト、中国各地の小学校で始まったよ~(その4・最終回)🥰


🌟 恭喜!恭喜!百班千人 読み書き計画41期 プロジェクト(中国)完結~ 🌟
 私の作画絵本『青蛙緑馬』も、小学1年生の推薦選定共読図書になっているよ~💑


絵本『青蛙緑馬』 宣伝

絵本『青蛙緑馬』宣伝

絵本『青蛙緑馬』宣伝

淘宝海外(Taobao)国際版・日本向け 公式サイト
 《青蛙緑馬》 百班千人41期1年級共読書目 大閲小森本獅書店 (百班千人推薦書店:本獅書店 出品)

https://www.taobao.com/list/item/669713051423.htm





【映像】 YouTube〔後藤 仁, JIN GOTO〕
 絵本『青蛙緑馬(チベット民話)』 〔 《中国原創絵本精品系列》 浙江少年児童出版社、伝世活字国際文化メディア・小活字 / 文:唐 亜明、絵:後藤 仁 〕 宣伝映像
 (動画のなかでカエルやウマたちがうごいているよ~。おもしろいよ~ 💖 💑)



我们喜欢 青蛙─ 我们喜欢 绿马─ 我们喜欢 青蛙绿马───❣❣❣ 🐸🏇🐸🏇🐸🏇
 「百班千人・読み書きプロジェクト」(その3)からの続き〈最終回〉です~。🥰
 「百班千人・読み書きプロジェクト」の『青蛙緑馬』関連記事は、プロジェクト後半をまとめたものや、検索しきれていなかったものが、プロジェクト終了後もボチボチと上がってきました。この他にも、「百班千人」アカウント他のウィーチャット(WeChat/微信)記事、10件程を確認していますが、それらは保存できないバージョンです。(※この後も新たに検索で見付かる可能性もありますが、その際は追記します。)
 2013年に絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)が日本で発売された時も、実に多くのメディア(新聞・雑誌・専門誌・テレビ・ネットメディア等)や個人・団体のブログ等で取り上げていただきました(そんなに売れている絵本ではないのですが、絵本専門家・愛好家等からの評価が高かったのです)。しかし、中国の場合は、ざっと見ても、その10倍を超えた拙作絵本関連記事がネットに上げられてきます。日本では、発売後、2か月位の間に、1週間で平均3~4件のネットアップといった感じでした。中国では、1日におおよそ3~5件以上の記事がネットで見付かります。「百班千人プロジェクト」に選定された事も大きいでしょうが、中国人の人口の多さに加えて、物事への興味・関心の度合いが強い性格も、大きな要因でしょうね~。

 私の作画絵本『青蛙緑馬/青蛙绿马(チベット民話)』(浙江少年児童出版社/小活字)が、中国の無数の子ども達の手元に届き、皆さん、とても熱心に読んだり・考えたり・書いたり・描いたり・演じたりしてくれています。チベット文化(チベット舞踊・チベット食)を体験したりしてくれています。皆さん、とても上手に、「青蛙緑馬」の絵を描いていますよ。この中から、将来、偉大な芸術家が生まれるといいね💕 〰〰何ともおもろいな、実に素敵やな💕 他者の思考・思想を理解し、他者の文化を尊重する〰〰それは、ほんまに、ほんまに、大切な事やな〰〰😻 本が読める・勉強が出来る・絵が描けるって幸せな事なんやな、”平等”や”友好”や”平和”ってとっても貴重な事なんやな〰〰💕 🕊🕊🕊🕊🕊🕊💑💑💑💑💑
 純粋に楽しそうに嬉しそうに、「絵本」に見入る、多くの子ども達の ”未来の瞳”─── 。その輝き澄んだ瞳を見ていると、これまでの制作の苦心も懊悩も、全て明日への希望に変わります───🥰 感謝・感激〰〰😭 谢谢!谢谢!谢谢大家❣❣
 皆さん、くれぐれもお元気で  良く勉強して、良く遊んで・食べて・運動して、良く笑って・・・・・。将来はきっと、日本と中国と世界の懸け橋となれる、素敵な人間になってね〰〰💖 注意安全!平平安安! ~ 再见 ~👋😹

 この「絵本」を見て育った子ども達が、将来、素晴らしい大人に成長して、文化的で芸術的で真に豊かな世の中を築いていってくれるものと、私は信じています。そして、日本と中国と東洋と西洋と、世界中の平和友好に力を注いでくれるものと、私は願っています。
 全ては、この喜びの為に、全ては、この理想の為に、全ては、この幸福の為に、私の”芸術・美術(FINE ART)”は存在しているのですから・・・。
              
  絵師(日本画家・絵本画家) 後藤 仁/后藤 仁(ホータン・レン)


                ★

ウィーチャット(WeChat/微信) 「线上教学|五育并举云课堂 快乐学习助成长——记园岭小学一年级线上教学活动」 ― 深圳市园岭小学 (2022-03-19)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MjM5OTQ0ODUyOA==&mid=2651353163&idx=2&sn=9672258de6336966147098618240b1eb&chksm=bcc78af48bb003e2309fd607086f3227393082f334760b3d41d14c2ca5f3ce9c506eb18404e0&scene=27

上哪学 「线上教学|五育并举云课堂 快乐学习助成长——记园岭小学一年级线上教学活动」 ― 上哪学 (2022-03-19)
http://www.shangnaxue.net/a/1506763866281996289

ウィーチャット(WeChat/微信) 「相约百千,向光而行」 ― 原创 茉莉清茶 凡人晓语 (2022-04-17)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzIwMjIzMDgwNA==&mid=2247484932&idx=1&sn=a77473f56ad7d23466b3bb19e3b208e9&chksm=96e09b7fa1971269bd42cd2ac97019f8aabe6bca4b0f744a88d3719e4974ed3ff5b4d5424b97&scene=132#wechat_redirect

ウィーチャット(WeChat/微信) 「【第9期】百千阅读第41期《青蛙绿马》共读推进:倾听有声,悦读留痕」 ― 原创 2103 绽放的苔 (2022-04-20)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=Mzg5MDc2NDk1OA==&mid=2247483882&idx=1&sn=72fce7b5eda9fda440a0e605c66acd97&chksm=cfd6ea1bf8a1630dba5a0ff19b18a90ad5c32fd6f2b2d21663a61da6c3b8ae989450f802ef20&scene=178&cur_album_id=2339005722866515970#rd

ウィーチャット(WeChat/微信) 「【第11期】百千阅读第41期《青蛙绿马》拓展延伸篇:让优秀传统文化在孩子心中发芽」 ― 原创 博才卓越2103 绽放的苔 (2022-04-25)
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=Mzg5MDc2NDk1OA==&mid=2247483930&idx=1&sn=1b99375cabfced2fd59dde7d52fe1311&chksm=cfd6e9ebf8a160fd4ae3fa5bfc001d8cf163faad2bf3da64aba0f3a37d06e9d3c68c1c903d52&scene=178&cur_album_id=2339005722866515970#rd

                ☆

美篇(Meipian) 「《青蛙绿马》新书发布会」 ― 黎凤姣 (2022-03-19)
https://www.meipian.cn/43emwxjo

美篇(Meipian) 「点亮阅读的心灵——104班《青蛙绿马》猜读会」 ― shan (2022-03-25)
https://www.meipian.cn/43s2ccpl

                *

美篇(Meipian) 「春风十里,书香致远——108班《青蛙绿马》新书见面会」 ― EA22022文静香江学校 (2022-03-26)
https://www.meipian.cn/43v11c6i

美篇(Meipian) 「乘上春天的列车,寻觅《青蛙绿马》中的藏族风情」 ― EA22022文静香江学校 (2022-04-05)
https://www.meipian.cn/44jljvrp

                *

美篇(Meipian) 「《青蛙绿马》共读」 ― Floral Times (2022‐04-06)
https://www.meipian.cn/44mc329a

                *

美篇(Meipian) 「“百千第41期”《青蛙绿马》新书发布会」 ― 冷风吹 (2022-04-08)
https://www.meipian.cn/44rck0m3

美篇(Meipian) 「听故事《青蛙绿马》」 ― 冷风吹 (2022-04-08)
https://www.meipian.cn/44redg92

美篇(Meipian) 「亲子共读《青蛙绿马》」 ― 冷风吹 (2022-04-08)
https://www.meipian.cn/44rim733

美篇(Meipian) 「《青蛙绿马》之读故事,说人物」 ― 冷风吹 (2022-04-08)
https://www.meipian.cn/44rk20ja

美篇(Meipian) 「《青蛙绿马》之再次梳理“三叠式”」 ― 冷风吹 (2022-04-08)
https://www.meipian.cn/44rl1acj

美篇(Meipian) 「《青蛙绿马》之故事会」 ― 冷风吹 (2022-04-08)
https://www.meipian.cn/44rmk3g3

美篇(Meipian) 「《青蛙绿马》拓展阅读——《活了100万次的猫》」 ― 冷风吹 (2022-04-09)
https://www.meipian.cn/44rnx3uw

美篇(Meipian) 「“百千第41期”《青蛙绿马》小小作家」 ― 冷风吹 (2022-04-14)
https://www.meipian.cn/452dlhzq

美篇(Meipian) 「“百千第四十一期”《青蛙绿马》创意读写之“小小设计师”」 ― 冷风吹 (2022-04-15)
https://www.meipian.cn/45580lqf

美篇(Meipian) 「“百千第四十一期”《青蛙绿马》创意读写」 ― 冷风吹 (2022-04-15)
https://www.meipian.cn/456jp78f

                *

美篇(Meipian) 「《青蛙绿马》新书发布会」 ― Dora (2022-04-10)
https://www.meipian.cn/44vatsx9

美篇(Meipian) 「发现故事的“三”,感受故事的“奇”」 ― Dora (2022-04-10)
https://www.meipian.cn/44vb436n

美篇(Meipian) 「奇妙的藏族之旅」 ― Dora (2022-04-10)
https://www.meipian.cn/44vcau54

美篇(Meipian) 「亲子阅读 静待花开」 ― Dora (2022-04-10)
https://www.meipian.cn/44vd3c3j

                *

美篇(Meipian) 「体会异域风情,走进不一样的民间故事。」 ― 兔子兔子熊 (2022-04-10)
https://www.meipian.cn/44useui3

美篇(Meipian) 「《青蛙绿马》读书单作业欣赏」 ― 兔子兔子熊 (2022-04-10)
https://www.meipian.cn/44uv59ma

                *

美篇(Meipian) 「百千第41期共读《青蛙绿马》 AAA41003 忠州二小一年级四班」 ― 紫藤萝 (2022-04-13)
https://www.meipian.cn/44zspqko

美篇(Meipian) 「百班千人第41期《青蛙绿马》创意写作作品集」 ― A 雪松 (2022-04-15)
https://www.meipian.cn/457dfzfq

美篇(Meipian) 「《青蛙绿马》创意作品」 ― 灰色·度 (2022‐04-16)
https://www.meipian.cn/4580sw1o

美篇(Meipian) 「蓝楹小精灵《青蛙绿马》作品集🎊🥰」 ― Iris (2022‐04-17)
https://www.meipian.cn/45au17hg

美篇(Meipian) 「少年儿童心向党——亲子共沐书香,强国复兴有我」 ― ●ヾ婷宝呗🍬 (2022‐04-21)
https://meipian.cn/45jez7mf

美篇(Meipian) 「记百千第41期思享会」 ― 大张老师 (2022-04-23)
https://www.meipian.cn/45p5u2fz

美篇(Meipian) 「登上想象岛✐绘制童心梦」 ― 浅笑 (2022-04-23)
https://www.meipian.cn/45o42740

美篇(Meipian) 「教育质量提升行动·“元 动力”悦享葵园②|小绘本 大智慧--记共读绘本《青蛙绿马》活动」 ― 似水年华 (2022-05-11)
https://www.meipian.cn/46wbo40t


テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

後藤 仁 プロフィール

後藤 仁(JIN GOTO、后藤 仁、고토 진)

Author:後藤 仁(JIN GOTO、后藤 仁、고토 진)
~後藤 仁 公式ブログ1~
絵師〈日本画家・絵本画家、金唐革紙製作〉後藤 仁(JIN GOTO、后藤 仁、고토 진)の日本画制作、絵本原画制作、写生旅行、展覧会などのご案内を日誌につづります。

 【後藤 仁 略歴】
1968年兵庫県赤穂市生まれ。15歳、大阪市立工芸高校 美術科で日本画を始める。東京藝術大学 絵画科日本画専攻 卒業、後藤純男先生(日本芸術院賞・恩賜賞受賞者)に師事。在学中より約12年間、旧岩崎邸、入船山記念館、孫文記念館(移情閣)等の金唐革紙(手製高級壁紙)の全復元を行う。
卒業以降は日本画家として活動し、中国・インドをはじめ世界各地に取材した「アジアの美人画」をテーマとする作品を描き、国内外で展覧会を開催する。近年は絵本の原画制作に力を入れる。
○絵本作品に『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店)、『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)、『わかがえりのみず』(鈴木出版)、『金色の鹿』(子供教育出版)、挿絵作品に『おしゃかさま物語』(佼成出版社)。
『犬になった王子 チベットの民話』は、Internationale Jugendbibliothek München ミュンヘン国際児童図書館(ドイツ)の「The White Ravens 2014/ザ・ホワイト・レイブンス 国際推薦児童図書目録2014」に選定される。また、宮崎 駿 氏の絵物語「シュナの旅」の原話になった事でも知られている。
○NHK日曜美術館の取材協力他、テレビ・新聞・専門誌・インターネットサイト等への出演・掲載も多い。
○東京藝術大学 デザイン科講師、東京造形大学 絵本講師 他、日本画・絵本講師。国選定保存技術 金唐革紙 製作技術保持者。日本美術家連盟 会員(ご推薦者:中島千波先生)、絵本学会 会員、日本中国文化交流協会 会員。千葉県松戸市在住。

★現在、日本国内向けと、中国向けの「絵本」を制作中です~❣

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
後藤 仁 アルバム
後藤 仁のアルバムを掲載いたします。
フリーエリア
フェイスブック 後藤 仁 Jin Goto


フェイスブックページ「絵師、日本画家・絵本画家 後藤 仁」 | 


フェイスブックページ「ながいかみのむすめチャンファメイ」 | 


フェイスブックページ「犬になった王子 チベットの民話」 | 







ブクログ「後藤 仁の本棚」ブクログ

絵本ナビ「犬になった王子  チベットの民話」絵本ナビ「犬になった王子 チベットの民話」
絵:後藤 仁 /文:君島 久子 /出版社:岩波書店絵本ナビ


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR