FC2ブログ

2018-08-15

赤沢宿重要伝統的建造物群保存地区選定25周年記念『赤沢宿 油障子祭』始まる!!


~ こころに灯る絵画の祭典 ・ 赤沢宿重要伝統的建造物群保存地区選定25周年記念行事 ~
『赤沢宿 油障子祭』

2018年8月11日(土)~19日(日) ←まだ間に合いますよ!!

〈オープニングセレモニー〉11日(土)13:00~ 「後藤 仁 作画絵本 贈呈式」 〈終了〉
〈ワークショップ〉11日(土)14:00~16:00 絵本ワークショップ『世界にたった一冊の絵本をつくろう!!』(講師:後藤 仁) 〈終了〉

赤沢宿 清水屋
 山梨県南巨摩郡早川町赤沢193

〈お問い合わせ先 電話 (清水屋)〉
 0556-45-3232

〇早川町 公式サイト
http://www.town.hayakawa.yamanashi.jp/

〇清水屋 公式ブログ
http://akasawasyukusimizuya.blogspot.com/


《参加作家》
後藤 仁(日本画家・絵本画家)、伊東正次(日展所属 日本画家)、川田竜輔(版画家)、佐藤宏三(日本画家)、棚町宜弘(日展所属 日本画家)、松坂慎一(日本画家)

     

 赤沢宿が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されて25周年。歴史的建築物「清水屋」全体を行燈に見立て、巨大な障子建具全てに、プロ作家と地元の皆様で絵を描こうというお祭りです。町のお祭り「千灯祭」と合わせて赤沢宿の夜を幻想的なイルミネーション空間で彩ります。私は美人画家なので、「孝謙天皇」「七面天女(七面大明神)」の美人画2枚を描きました。

 このイベントは、私が東京藝術大学在学中、美術予備校(河合塾美術研究所)講師だった頃の教え子でもあり、それ以来25年余りの付き合いのある日本画家、棚町宜弘君が最初に言い出したものです。棚町君が言う事だし、何か面白い事ができそうだと、多忙の中、無理をして、私も参加を決めました。
 2018年8月10日、山梨県の会場に向かいました。時は盆の帰省の真っただ中、首都高速に乗った時から、中央自動車道までのほとんどが酷い渋滞でした(首都高速でラジオのFM東京から聞こえて来た「フロントメモリー」という曲が結構良かったな~)。普段はこの時期の旅は極力避けるのですが、今回は仕方ありません。10時前に千葉県の家を出て、山梨県の宿に到着したのは、午後5時近くでした。実に7時間近くかかった事になります。ここまででも既に少々疲れたね・・・。ただ、途中、釈迦堂PAで「釈迦堂遺跡博物館」に立ち寄り、素晴らしい造形の土器を見て来ましたが・・・。
 宿は下部温泉の「湯元ホテル」です。ここで他の作家と落ち合い、温泉につかって、美味しい夕食をいただいた後、夜の「赤沢宿・油障子祭」を見に皆さんで出かけました。
 
 赤沢宿には、2017年8月以来の訪問です(もっと前に訪れた気がしていましたが、ちょうど昨年でしたね)。「赤沢宿・油障子祭」は明日(8月11日)から始まるのですが、清水屋には既に灯りが入っていました。早川町と清水屋の関係者の方や、和紙を提供して下さった山十製紙の方も来られました。
 光の入った障子は、想像していたよりもずっと格調高く、感動すら覚えました。作家それぞれの個性が打ち消されるかと懸念していましたが、実際には、それぞれが相乗効果をなして、一体感をなして、更に素晴らしく荘厳に感じたのです。また、子供達が描いた障子も素敵です。個性的で面白く可愛らしい。この子達が将来、素敵な大人達になる事を願わずにはいられません。この地から、将来、優れた絵描きが出て来るといいね~。

赤沢宿・油障子祭01下部温泉「湯元ホテル」 夕食はとても美味しいね~ ( ^^) _U~~

赤沢宿・油障子祭02赤沢宿・油障子祭(清水屋) 夜景

赤沢宿・油障子祭03「七面天女(七面大明神)」 後藤 仁 / 多忙で描く時間が取れなくて、2日で一枚を描きました。ドーサの弱い和紙による、慣れない水墨画なので、なかなかの苦戦でした。

赤沢宿・油障子祭04「孝謙天皇」 後藤 仁

赤沢宿・油障子祭05「清水屋」にて、作家の皆さん、祭りの実行委員会の方と記念撮影

 宿に戻り、夜遅くまで一つの部屋で日本画談義を語らいました。私は12時過ぎに自分の部屋に戻りましたが、伊東正次さん、佐藤宏三さん、棚町君は3時近くまでだべっていましたね。私はアルコールが入ると寝れない性質なので、朝5時近くまで起きていて、隣の部屋からの声が聞こえていました。少しウトウトしたかと思うと、すぐに朝が来て、6時頃には起き出して、温泉につかりました。外を散歩すると、温泉街らしい雰囲気のある街並みで、熊野神社の境内にある舞台の天井画が素晴らしかったです。
 朝食をいただき、眠たさで少しフラフラしますが、9時過ぎには、赤沢宿に向けて出発です。

赤沢宿・油障子祭06下部温泉「湯元ホテル」

 このつづきは次回といたしましょう・・・。

  日本画家・絵本画家  後藤 仁
 

スポンサーサイト

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

2018-08-08

「第5回 東京あこうのつどい」(都市センターホテル)参加、後藤 仁

 2018年8月3日(金)は、赤穂市の主催による「第5回 東京あこうのつどい」(都市センターホテル)があり参加しました。その前に、銀座と神保町のいくつかの画廊に立ち寄り、私が東京造形大学で絵本を教えた学生達による、版画のグループ展等を拝見。学生の皆さん、頑張っていました~。うれしいね~ (^^)/

 その後、移動して「東京あこうのつどい」に参加。このつどいは、赤穂にゆかりのある政財界の人々の集いですが、私は昨年からご招待をいただき出席しています。多くは赤穂市の議員・職員と経済界の人々(会社の社長等)で、文化人は私を含めて数人だけです。昨年のつどいには、小池百合子 都知事や国政議員方も参加されましたが、今年は選挙が控えていない事もあってか、またご多忙のご様子で皆様欠席され、祝辞のみ読み上げられました。
 赤穂市長・明石元秀さんのご挨拶から、兵庫県東京事務所長・入江武信さん等のご来賓挨拶、関西福祉大学学長・加藤 明さんによる関西福祉大学のご紹介の後、乾杯~交流会と続きました。
 途中、私も、10月からの特別展 『日本画画業35周年記念/後藤 仁 日本画・絵本原画、後藤大秀 からくり人形 ~赤穂出身の日本画家・絵本画家、初の里帰り展~』 (赤穂市立美術工芸館 田淵記念館)のご案内をさせていただきました。皆さんほろ酔い加減できちんと聞いていただけたかは定かではありませんが・・・・。
 今後の赤穂のますますのご発展を祈念して散会となりました。

 日本画家・絵本画家 後藤 仁

第5回東京あこうのつどい都市センターホテル、千代田区

第5回東京あこうのつどい「第5回 東京あこうのつどい」(都市センターホテル) 赤穂市長・明石元秀さんのご挨拶

第5回東京あこうのつどい「第5回 東京あこうのつどい」(都市センターホテル) 兵庫県東京事務所長・入江武信さん等のご来賓挨拶

第5回東京あこうのつどい「第5回 東京あこうのつどい」(都市センターホテル) 関西福祉大学学長・加藤 明さんによる関西福祉大学のご紹介


テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

2018-07-21

流通経済大学講義 『中国・貴州省への旅と日本画・絵本制作』(後藤 仁)開催

 2018年7月10日は、学校法人日通学園 流通経済大学(龍ヶ崎キャンパス)にて、講義 『中国・貴州省への旅と日本画・絵本制作』(講師:後藤 仁)を開催しました。この日は、龍ヶ崎キャンパス「外国文化論・アジア」の30数名の当講義受講者の内、20数名が参加していました。
 7月12日にも、学校法人日通学園 流通経済大学(新松戸キャンパス)にて、講義 『中国・貴州省への旅と日本画・絵本制作』(講師:後藤 仁)を開催しました。新松戸キャンパス「外国文化論・アジア」の170名余りの当講義受講者の内、100数十名が参加しましたでしょうか。

流通経済大学・龍ヶ崎学校法人日通学園 流通経済大学(龍ヶ崎キャンパス)

流通経済大学・龍ヶ崎学校法人日通学園 流通経済大学(龍ヶ崎キャンパス)

流通経済大学・龍ヶ崎講義 『中国・貴州省への旅と日本画・絵本制作』(講師:後藤 仁) 後藤 仁の紹介

流通経済大学・龍ヶ崎講義 『中国・貴州省への旅と日本画・絵本制作』(講師:後藤 仁) 映像を見せながら講義

流通経済大学・龍ヶ崎講義 『中国・貴州省への旅と日本画・絵本制作』(講師:後藤 仁) 写真を見せながら講義

流通経済大学・龍ヶ崎講義 『中国・貴州省への旅と日本画・絵本制作』(講師:後藤 仁) スケッチブックを見せながら講義

流通経済大学・龍ヶ崎講義 『中国・貴州省への旅と日本画・絵本制作』(講師:後藤 仁) 富田美知江 先生



流通経済大学・新松戸学校法人日通学園 流通経済大学(新松戸キャンパス)

流通経済大学・新松戸学校法人日通学園 流通経済大学(新松戸キャンパス) 講義 『中国・貴州省への旅と日本画・絵本制作』(講師:後藤 仁)

流通経済大学・新松戸講義 『中国・貴州省への旅と日本画・絵本制作』(講師:後藤 仁)

流通経済大学・新松戸講義 『中国・貴州省への旅と日本画・絵本制作』(講師:後藤 仁) 映像を見せながら講義

流通経済大学・新松戸講義 『中国・貴州省への旅と日本画・絵本制作』(講師:後藤 仁) 映像を見せながら講義

流通経済大学・新松戸講義 『中国・貴州省への旅と日本画・絵本制作』(講師:後藤 仁) スケッチブックを見せながら講義

 流通経済大学「外国文化論・アジア」(富田美知江 先生)の授業の一環として、「中国・貴州省への旅と日本画・絵本制作」を議題に、絵本『ながいかみのむすめチャンファメイ』(中国・トン族の民話/福音館書店こどものとも)・絵本原画・日本画作品・スケッチブック・旅の写真と映像(後藤 仁 撮影)・日本画画材をお見せしながら特別講義をしました。スケッチブック等は通常、なかなか他者に見せないので、とても貴重な機会となります。約1時間の授業時間が短くて、早送りでしたが、私が現地で撮影した映像や写真も多数、公開しました。
 私が今「絵本」を教えている東京造形大学の学生達と同じく、近年の学生さんはおおむね反応が薄いので思考が読み取りにくいのですが、貴州省・中国の文化と旅の魅力、絵画や絵本の魅力が、何かしら一つでも伝わっていれば良いと思います。

  日本画家・絵本画家 後藤 仁

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

2018-07-19

赤沢宿重要伝統的建造物群保存地区選定25周年記念『赤沢宿 油障子祭』開催

~ こころに灯る絵画の祭典 ・ 赤沢宿重要伝統的建造物群保存地区選定25周年記念行事 ~
 『赤沢宿 油障子祭』

2018年8月11日(土)~19日(日)

〈オープニングセレモニー〉
 8月11日(土)13:00~  「後藤 仁 作画絵本 贈呈式」
〈ワークショップ〉
 8月11日(土)14:00~16:00 絵本ワークショップ 『世界にたった一冊の絵本をつくろう!!』講師:後藤 仁) 他


赤沢宿 清水屋
  山梨県南巨摩郡早川町赤沢193    
  〈お問い合わせ先 電話(清水屋)〉 0556-45-3232

〇早川町 公式サイト
http://www.town.hayakawa.yamanashi.jp/

〇清水屋 公式ブログ
http://akasawasyukusimizuya.blogspot.com/

        *

《参加作家》
後藤 仁(日本画家・絵本画家)、伊東正次(日展所属 日本画家)、川田竜輔(版画家)、佐藤宏三(日本画家)、棚町宜弘(日展所属 日本画家)、松坂慎一(日本画家)

        *

 赤沢宿が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されて25周年。歴史的建築物「清水屋」全体を行燈に見立て、巨大な障子建具全てに、プロ作家と地元の皆様で絵を描こうというお祭りです。町のお祭り「千灯祭」と合わせて赤沢宿の夜を幻想的なイルミネーション空間で彩ります。私は美人画家なので、「孝謙天皇」と「七面天女」の2枚を担当、ただ今、アトリエで制作中です~。

 8月11日(土) 「オープニングセレモニー・絵本贈呈式」 「絵本制作ワークショップ」 ─ 日本画家・絵本画家 後藤 仁 による、誰でも楽しく創れる絵本ワークショップ 『世界にたった一冊の絵本をつくろう!!』を開催いたします。その他にも、共同制作、ワークショップ、講演会・ライブとイベント盛りだくさんです!! 皆様、ぜひお越しいただき、お楽しみ下さい!!!

 日本画家・絵本画家 後藤 仁


赤沢宿 油障子祭

赤沢宿 油障子祭

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

2018-07-03

~日本画画業35周年記念~ 後藤 仁 日本画・絵本原画展(画廊宮坂)

 ~日本画画業35周記念~
後藤 仁 日本画・絵本原画展


2018年8月20日(月)~25日(土)
 AM11:00〜PM6:00(最終日はPM5:00まで) 期間中無休

《後藤 仁 ギャラリートーク・サイン会、絵本朗読会(おおこし きょうこ)
20日(月) PM3:00~4:30 その後、ささやかなオープニングパーティーを開きます。(いずれも参加費無料)


3:00~ ギャラリートーク: 議題「アジアへの旅と日本画・絵本制作」、及び、作品解説  後藤 仁
3:30~ 絵本朗読会: 『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店)、『わかがえりのみず』(鈴木出版)  おおこし きょうこ
4:15~ 後藤 仁 サイン会
4:30~ オープニングパーティー

〈作家(後藤 仁)来廊予定日〉
20日(月)、21日(火)、22日(水)、23日(木)  昼過ぎから夕方まで、来廊予定です。


           *

画廊 宮坂
〒104-0061 東京都中央区銀座7-12-5 銀星ビル4F
 Tel: 03-3546-0343
 http://cgi.www5a.biglobe.ne.jp/~miyasaka/


画廊宮坂 後藤仁展ハガキ


 15歳で日本画を始めて35年の歳月が流れました。永年「アジアの美人画」をテーマに、日本やアジアの女性や少数民族などを描いてきました。
 この度、日本画画業35周年、絵本出版5周年を記念して、美人画・風景・花などの日本画・版画作品24点と、絵本の原画作品5点にて展覧いたします。
 ぜひ、ご高覧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

(日本画小品、版画作品、絵本〈直筆サイン入り〉を会場で販売しています。絵本『ながいかみのむすめチャンファメイ』『わかがえりのみず』は在庫僅少で、『ながいかみのむすめチャンファメイ』は10部・一人1冊のみ、『わかがえりのみず』は20部・一人1冊のみの特別限定販売になります。日本画・版画作品と絵本の売り上げの一部は、東北被災地等への「絵本寄贈プロジェクト」に使われます。)


〈 展示内容(予定)〉

〇日本画 代表作品~小品  F50号~F0号 20枚

〇版画作品
 「ながいかみのむすめチャンファメイ(後ろ扉)」
 「犬になった王子 チベットの民話(第12場面)」他 4枚

〇絵本 原画作品  5作品分の表紙原画 5枚
 「ながいかみのむすめチャンファメイ」 (福音館書店こどものとも)
 「犬になった王子 チベットの民話」 (岩波書店)
 「おしゃかさま物語」 (佼成出版社)
 「わかがえりのみず」 (鈴木出版こどものくに ひまわり版)
 「金色の鹿」 (子供教育出版)


〔主催〕
 
画廊宮坂

〔後援〕
 
一般財団法人 日本中国文化交流協会、学校法人桑沢学園 東京造形大学、絵本学会、この本だいすきの会、貴州省日本観光センター、岩波書店、福音館書店、鈴木出版、佼成出版社、子供教育出版

           *

《後藤 仁(GOTO JIN) 略歴》
1968年兵庫県生まれ。15歳の時、大阪市立工芸高校美術科で日本画を始める。東京藝術大学日本画専攻卒業、後藤純男(日本芸術院賞・恩賜賞受賞者)に師事。在学中より約12年間、国指定重要文化財の旧岩崎邸、孫文記念館(移情閣)、入船山記念館等の金唐革紙(手製高級壁紙/国選定保存技術)の全復元を行う。卒業以降は日本画家として活動し、中国をはじめ世界各地に取材した「アジアの美人画」をテーマとする作品を描き、国内外で展覧会を開催する。近年は絵本原画制作に力を入れ、2013年に絵本『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店)、『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)出版。NHK日曜美術館の取材協力他、テレビ・新聞・インターネットサイト等への出演・掲載も多い。
東京藝術大学デザイン科 非常勤講師、東京造形大学 絵本講師。日本美術家連盟 会員、日本児童出版美術家連盟 会員・理事、日本中国文化交流協会 会員、絵本学会 会員、この本だいすきの会 会員。

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

2018-06-12

東京造形大学 絵本特別講義『絵本「わかがえりのみず」(鈴木出版)の編集その他』 開催

 2018年6月8日(金)、東京造形大学(グラフィックデザイン専攻領域)学部共通・選択必修科目「絵本A・B」にて、絵本特別講義 『絵本「わかがえりのみず」の編集と鈴木出版の絵本創り、今の絵本の傾向と絵本業界について』 が開催されました。
 児童書出版社・鈴木出版の児童書編集部 編集者2名を特別講師にお呼びして、私は質問を受けつつ、拙作作画絵本『わかがえりのみず』 (鈴木出版こどものくに ひまわり版)の場面をスクリーンに映写しながら、原画・ラフスケッチ・サムネイル・スケッチブック等をお見せして、講義をいたしました。なかなか充実した内容の講義になりました。

東京造形大学 絵本講義絵本『わかがえりのみず』をスクリーンに映しながら、編集者が朗読しています。

東京造形大学 絵本講義絵本『わかがえりのみず』をスクリーンに映しながら、編集者が朗読しています。

東京造形大学 絵本講義絵本『わかがえりのみず』をスクリーンに映しながら、編集者が朗読しています。


 私は昨年から、東京造形大学 絵本講義「絵本A・B」の講師を担当しています。切り絵作家の小宮山逢邦先生の定年退官のあとを継いで、現在、絵本作家の沢田真理先生と共に授業を受け持っています。東京造形大学の絵本講義は人気が高くて、毎年、学生が100名近く在籍しているので、全員の絵を把握しながら全てを見て回るのは大変です。中には、結構、熱心な学生や、プロになれそうな絵の上手い学生もいます。
 この絵本講義では、年に1~2回、絵本作家や編集者をお呼びして特別講義を開催します。一昨年は、猫のダヤンのキャラクターで有名な池田あきこ さん と私が特別講義をしました。その前には、黒井 健さん、きたやまようこ さん、篠崎三朗さん、矢玉四郎さん等の、主に日本児童出版美術家連盟(童美連)に所属するベテラン・人気絵本作家・画家さん達に講義をしていただいているそうです。
 今回の講義は授業の一環なので、東京造形大学学生のみ参加可能なのですが、どこかの大学・学校・図書館・公共施設・民間施設等で一般人・子ども向けの絵本講義・ワークショップを開催しても面白いと思います。ご希望のある方はご一報下さいね~。 ($・・)/~~~


〇学校法人桑沢学園 東京造形大学 公式サイト 「後藤 仁 ページ」
http://www.zokei.ac.jp/academics/faculty/profile/?id=590&blng=1 


  日本画家・絵本画家 後藤 仁

               *

絵本『わかがえりのみず』(鈴木出版)絵本『わかがえりのみず』 (鈴木出版 月刊絵本こどものくに・ひまわり版) 表紙


絵本『わかがえりのみず』
 鈴木出版 月刊絵本こどものくに・ひまわり版/2017年8月1日発行(2017年度9月号)

文 唯野元弘 / 絵 後藤  仁
 380円 (税込み) 
出版社直販・年間購読のみの扱いですので、お電話や鈴木出版公式サイトから、直接、鈴木出版にお問い合わせ下さい。
 
電話  
03-3945-6611(鈴木出版 代表)  
03-3947-5161(鈴木出版 編集部)

雑誌のオンライン書店 Fujisan ─ 絵本『わかがえりのみず』 
https://www.fujisan.co.jp/product/1281680652/b/1531398/

鈴木出版 公式サイト 
http://www.suzuki-syuppan.co.jp/p02/p02_06.php

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

2018-05-20

恐るべき中国ネットパワー。後藤 仁 作画絵本『犬になった王子』掲載 止まず!!

 近年の中国(中華人民共和国)の経済的パワーは凄まじいものがあり、インターネット環境も既に日本より先に行った感もあります。13億人以上の人口をかかえる中国ですから、その波及効果や影響力も相当大きいと思われます。
 私は中学生の頃に、NHK「シルクロード」に心酔し、喜多郎の音楽に傾倒したり、さだまさし さん のレコード「你好!中国」を聴いたりして、中国文化の魅力にはまっていきました。大阪市立工芸高校で日本画を始めると、日本画のルーツとも言える、中国の伝統文化・絵画・芸術にますます魅かれていきました。東京藝術大学3年生の時に初めて中国を旅し、北京・西安の街を巡りました。
 こうして現在までに度々中国を旅し、北京・西安(陝西省)・上海・貴州省・広西チワン族自治区・青海省・チベット自治区・四川省を旅しました。肝心の甘粛省・敦煌、新疆ウイグル自治区、雲南省 等にはまだ行けていないので、近いうちに訪れたいものです。
 今年の夏には中国での「グループ絵画展」が予定されており、中国で展覧会を開く事が私の一つの夢だったので、それが叶いそうです(「個展」を開催するのが一番理想ですが・・)。また、いつかは中国で「絵本」を出版したいという希望も持っています。

 まだ中国で絵本を出版していないにもかかわらず、私の事や作画絵本が様々な中国系媒体(新聞・インターネット等)で最近、多数紹介されています。まさに恐るべき中国ネットパワーです!! 個人の私が確認できた範囲のみですが、ネット掲載された記事をここに幾つか挙げてみます。ネット情報は膨大に存在し、神出鬼没で、個人では到底把握しきれないので、これでも実際の掲載量の一部だけだと思われます。特に、ニュースサイトの類は数か月で掲載終了する場合も多いので、今回掲載したサイトも今後アクセス不可になるかも知れませんが・・・。

  日本画家・絵本画家 後藤 仁 (后藤 仁)
 
絵本『犬になった王子(チベットの民話)』表紙 小絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)

絵本『ながいかみのむすめ チャンファメイ』表紙・表絵本『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店こどものとも)

 2013年、レコードチャイナ(日本最大の中国情報ニュースサイト)で、私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)の出版が報じられ、その他の多くの日本・中国のニュースサイトに転載されました。

レコードチャイナ「宮崎駿監督「シュナの旅」の原話、チベット民話「犬になった王子」の絵本版が出版」
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=78575
(その他、現在配信終了していますが、ヤフーニュース、ライブドアニュース等の日本のニュースサイトでも多数配信されました。)

〔類似・転載サイト〕
凤凰网「宮崎駿監督「シュナの旅」の原話、チベット民話「犬になった王子」の絵本版が出版」
http://finance.ifeng.com/a/20131103/10997598_0.shtml
中国経済オンライン「宮崎駿監督「シュナの旅」の原話、チベット民話「犬になった王子」の絵本版」
http://ja.ce.cn/info/201311/04/t20131104_1176996.shtml
東方網「宮崎駿監督「シュナの旅」の原話、チベット民話「犬になった王子」の絵本版が出版」
http://jp.eastday.com/node2/home/xw/wy/userobject1ai83236.html


滨豆机械信息网「跌打伤科酒宮崎駿監督旅原話民話犬王子絵本版出版」
http://jx.fuxingsmf.com/mrvjqvqa/22282.html

          *

「北京青年報」(2015年3月27日号)という中国の有力新聞(中国4大新聞の一つとされ、発行部数60万部以上)で、絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)が、名作絵本『王さまと九人のきょうだい』(君島久子 文、赤羽末吉 絵 / 岩波書店)とともに紹介されました。
(現在、北京青年報では配信終了していますが、その後、中国のニュースサイトに多数転載されました。)

http://epaper.ynet.com/images/2015-03/27/B04/bjqnb20150327B04.pdf  (北京青年報・PDFデータ)

〔類似・転載サイト〕
凤凰资讯「日本儿童票选图书,《九兄弟》荣获绘本大奖日本岩波」
http://news.ifeng.com/a/20150327/43425949_0.shtml
中国民俗学网-中国民俗学会「日本儿童票选图书:《九兄弟》荣获绘本大奖」
http://www.chinesefolklore.org.cn/web/index.php?NewsID=14010
大佳网 - 精品阅读平台「日本儿童票选图书,《九兄弟》荣获绘本大奖」
http://www.dajianet.com/world/2015/0403/211123.shtml
北京青年报 长沙图书馆「日本儿童票选图书,《九兄弟》荣获绘本大奖」
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MjM5MDM0MjQyMQ==&mid=203861876&idx=2&sn=24acf2d2563740ccd2e09119be5c542d&3rd=MzA3MDU4NTYzMw==&scene=6#rd

梨子网「君岛久子另一本译作《青稞种籽的由来》-日本儿童票选图书, 九兄弟」
https://www.liciwang.com/show/君岛%7C%7C38.html

          *

 中国(中華人民共和国)の3大ポータルサイトの一つ:捜狐(そうふ、Sohu) の「纯干货 | 走进东京艺术大学,探秘日本艺术家的摇篮(東京藝術大学に入った、日本の芸術家のゆりかごを探る〈この訳は推測です〉)」という記事で、現代アーティスト・村上 隆さん、アニメーター・小田部羊一さん(宮崎 駿さん、高畑 勲さん達と数々のアニメ制作をしており、アルプスの少女ハイジ、母をたずねて三千里、スーパーマリオ等のキャラクターデザインで知られる)の作品画像とともに、私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店こどものとも)も掲載されています。中国を代表するポータルサイトで、東京藝術大学を卒業した著名な作家の一人として、村上 隆さん、小田部羊一さんとともにご紹介いただき光栄です。
(この後、全く同じ内容、もしくは類似記事が、中国系サイトに多数転載されました。)

捜狐「纯干货 | 走进东京艺术大学,探秘日本艺术家的摇篮」
http://www.sohu.com/a/142080221_383564

https://m.sohu.com/a/142080221_383564/?pvid=000115_3w_a


〔類似・転載サイト〕
中國新聞網「純乾貨 | 走進東京藝術大學,探秘日本藝術家的搖籃」
https://www.xcnnews.com/cul/32909.html
自由微信「东京艺术大学 | 纯艺术专业申请细则,入学考试这一关你准备好了吗? (東京藝術大学 | 純粋芸術、申請細則、入学試験の準備はできていますか?〈この訳は推測です〉)」
https://freewechat.com/a/MzI5NzQwMzQzOQ==/2247487044/1
第五部落「纯干货 走进东京艺术大学,探秘图片」
http://www.dea5.com/read/NTUzYmRjZjTkuJzkuqzoibrmnK,lpKflraYBMQE2MDABNDQxAWltZy5tcC5pdGMuY24vdXBsb2FkLzIwMTcwNTIwLzM0ZGM4YzEwYThhZTRiNDk5ZDc3OTk2ODIzOGQzYTE1X3RoLmpwZwHnuq,lubLotKcg6LWw6L+b5Lic5Lqs6Im65pyv5aSn5a2mLOaOouenmA==/

http://www.dea5.com/read/MTQ0NTQ1NzPkuJzkuqzoibrmnK,lpKflraYBMQE2MDABNDAzAWltZy5tcC5pdGMuY24vdXBsb2FkLzIwMTcwNTIwLzdkNGMyNjM2NjQxYjQzNjk5NzM4ZjJhMWFkYWQyM2VkX3RoLmpwZwHnuq,lubLotKcg6LWw6L+b5Lic5Lqs6Im65pyv5aSn5a2mLOaOouenmA==/

iFuun「「偷渡」中國的日本故事」
http://www.ifuun.com/a201801309581638/
(このサイト記事は幾つかのネット情報を上手く組み合わせた内容ですが、最初に出てくる人物は私とは関係のない画像です。)

          *

 捜狐で、「シュナの旅」(宮崎 駿/徳間書店)の原話・絵本版として、私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)が紹介されています。これも、幾つかの日本のサイト情報をまとめて作成した記事ですね。

搜狐「宫崎骏和乌苏拉地海世界羁绊之作:シュナの旅」
http://www.sohu.com/a/222722855_99897504

〔類似・転載サイト〕
豆瓣「宫崎骏和乌苏拉地海世界羁绊之作:シュナの旅」
https://www.douban.com/note/657300304/
iFuun「宮崎駿和烏蘇拉地海世界羈絆之作:シュナの旅」
http://www.ifuun.com/a2018021410088862/

 捜狐の記事は事実に基づいているので良いのですが、下記サイトの場合は、何の脈絡で私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)が使われているのか全く不明です。

就要健康网「原田明絵_原田明繪」
http://www.9yjk.com/原田明絵/

          *

 前程日本「与中央美术学院齐并肩!这所学校坂本龙一也读过!(中央美術学院と一緒に!この学校の坂本龍一も読んで!〈この訳は推測です〉)」という中国のサイトで、私の作画絵本作品『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)が紹介されています。
 上記の、捜狐「纯干货 | 走进东京艺术大学,探秘日本艺术家的摇篮」の記事 等を元に再構成したもののようです。

前程日本「与中央美术学院齐并肩!这所学校坂本龙一也读过!」
http://www.qianchengriben.com/news/detail/id/164

 知乎というサイトの「日本最顶尖的艺术大学,坂本龙一也读过(日本のトップの芸術大学、坂本龍一も読んでいます〈この訳は推測です〉)」という記事は、前程日本「与中央美术学院齐并肩!这所学校坂本龙一也读过!」の記事とほぼ同じですが、坂本龍一さんの画像が足されています。
 東京藝術大学の知名校友(有名な卒業生)として、村上 隆さん(現代アーティスト)、小田部羊一さん(アニメーター・キャラクターデザイナー)、坂本龍一さん(音楽家)とともに、何故か私(後藤 仁 は、中国では后藤 仁 と書きます)が挙げられているのは、誠に恐縮ですね~。李 叔同という人は知りませんが、中華民国の詩人・禅僧・音楽教育者・芸術教育者らしいです。
 これらのサイトは、日本を目指す中国人留学生向けに日本の大学を紹介しているサイトのようです。

知乎「日本最顶尖的艺术大学,坂本龙一也读过」
https://zhuanlan.zhihu.com/p/36537169

 これと同文、もしくは類似した記事は、まだまだ多くの中国のネットサイトに転載されているようですね。韩日联合交流会を来源としているものが多いですが、掲載時期を検証すると、前程日本(画像の容量が一番大きい)と搜狐がオリジナル記事だと推測されます。

〔類似・転載サイト〕
武汉韩日联合交流会「东艺大——这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度(東京藝術大学—この学校の学問的地位は、美術大学の絶対的な高度にある〈この訳は推測です〉)」
http://www.ciickj.com/apply/SchoolChoice/2138.html
搜狐「这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度」
http://www.sohu.com/a/230594572_100053981
金刺猬「这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度 - 韩日联合交流会」
http://www.jinciwei.cn/e163479.html
凤凰新媒体「这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度 - 韩日联合交流会」
http://wemedia.ifeng.com/59376121/wemedia.shtml
手机中国网「这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度」
http://h5.china.com.cn/wm/doc_1_80781_4335764.html
新浪看点 「这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度」
http://k.sina.com.cn/article_6474472330_181e89b8a0010095bz.html?cre=tianyi&mod=pcpager_fintoutiao&loc=32&r=9&doct=0&rfunc=100&tj=none&tr=9
天天快报 「这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度」
http://kuaibao.qq.com/s/20180506A0D9ZY00?refer=spider
壹读「这所学校学术地位在艺术类大学中处于绝对高度」
https://read01.com/zh-sg/ggnOyPP.html#.Wv9ne0xuK02
壹讀(繫体字ページ)「這所學校學術地位在藝術類大學中處於絕對高度」
https://read01.com/zh-tw/ggnOyPP.html#.WwEF9ExuK00

          *

 その他、最近日本で開催された「問道-2018日中文化交流書画展(絵画展)」(日中友好会館美術館)の開幕式典のニュース記事も幾つか見つかりました。私は作品を出品していないのですが、開幕式典に貴賓として招待され、ご挨拶とテープカットをしました。中文導報では、私(后藤 仁)は、東京藝術大学 美術評論家とされていますね~ (;´Д`) 。

中文导报(中文導報)「“问道-2018・中日文化交流书画展”隆重开幕」
http://www.chubun.com/modules/article/view.article.php/176027/c1

日中商报(日中商報)「艺术为媒:中日美术家携手日本东京“问道”」
https://108jp.com/thread-23201-1-1.html

〔類似・転載サイト〕
华舆 - 中文导报「问道—2018・中日文化交流书画展隆重开幕」
http://cms2.newsduan.com/newsyun/HuaMeiJingXuan/YaZhou/RBZWDaoBao/20180409/56314.html
每日頭條「問道—2018・中日文化交流書畫展隆重開幕」
https://kknews.cc/culture/aaakka6.html

テーマ : お知らせ
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

後藤 仁(GOTO JIN)

Author:後藤 仁(GOTO JIN)
 ~後藤 仁 公式ブログ1~
日本画家・絵本画家 後藤 仁(GOTO JIN)の日本画制作、絵本原画制作、写生旅行、展覧会などのご案内を日誌につづります。

  〔後藤 仁 略歴〕
1968年兵庫県赤穂市生まれ。15歳、大阪市立工芸高校美術科で日本画を始める。東京藝術大学絵画科日本画専攻卒業、後藤純男先生(恩賜賞受賞者)に師事。在学中より約12年間、旧岩崎邸、入船山記念館、孫文記念館(移情閣)等の金唐革紙(手製高級壁紙)の全復元を行う。卒業以降は日本画家として活動し、中国・インドをはじめ世界各地に取材した「アジアの美人画」をテーマとする作品を描き、国内外で展覧会を開催する。近年は絵本の原画制作に力を入れる。
○絵本作品に『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店)、『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)、『わかがえりのみず』(鈴木出版)、『金色の鹿』(子供教育出版)、挿絵作品に『おしゃかさま物語』(佼成出版社)。『犬になった王子 チベットの民話』は、Internationale Jugendbibliothek München ミュンヘン国際児童図書館(ドイツ)の「The White Ravens 2014/ザ・ホワイト・レイブンス 国際推薦児童図書目録2014」に選定される。NHK日曜美術館の取材協力他、テレビ・新聞等への出演・掲載も多い。
○東京藝術大学・デザイン科非常勤講師。東京造形大学・絵本講師。金唐革紙保存会 主宰。日本美術家連盟(常任理事:中島千波先生 他)会員。日本児童出版美術家連盟(童美連)(太田大八先生、赤羽末吉先生、いわさきちひろ先生らが創設)会員・理事。絵本学会(太田大八先生らが創設、現会長:松本 猛先生)会員。日本中国文化交流協会(井上 靖先生らが創設)会員。この本だいすきの会(代表:小松崎 進先生)会員。千葉県松戸市在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
後藤 仁 アルバム
後藤 仁のアルバムを掲載いたします。
フリーエリア
フェイスブック 後藤 仁 Jin Goto


フェイスブックページ「日本画家・絵本画家 後藤 仁」 | 


フェイスブックページ「ながいかみのむすめチャンファメイ」 | 


フェイスブックページ「犬になった王子 チベットの民話」 | 




Find me on Google+(グーグルプラス「後藤 仁」へ)




ブクログ「後藤 仁の本棚」ブクログ

絵本ナビ「犬になった王子  チベットの民話」絵本ナビ「犬になった王子 チベットの民話」
絵:後藤 仁 /文:君島 久子 /出版社:岩波書店絵本ナビ


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR