2017-11-12

チャリティー名士寄贈書画工芸作品 入札・即売会

チャリティー名士寄贈書画工芸作品 入札・即売会
 
 2017年 12月9日・10日・11日 
毎日新聞オーバルホール 、大阪


すみれ(F0号)後藤仁日本画作品 「すみれ」(F0号)後藤 仁

 年に一度、著名作家の作品が手軽にお求めになれるチャンスです。みなさまのご来場をお待ちしています。
 毎日新聞大阪社会事業団は、2017年度「チャリティー名士寄贈書画工芸作品 入札・即売会」12月9日(土)~11日(月)までの3日間、大阪市北区梅田3-4-5、毎日新聞ビル地下1階の毎日新聞オーバルホールで開催します。
 文化勲章受章者、文化功労者、日本芸術院会員、人間国宝から新鋭作家まで、全国の美術工芸作家や著名人約700人から日本画、洋画、書、漫画、陶芸・工芸品、色紙などを直接寄贈していただいた約1000点を展示。お求めやすいチャリティー価格を付け、即売と入札の2方式で販売します。収益は社会福祉事業に役立てます。入場は無料です。 (毎日新聞大阪社会事業団 公式サイトより)
               *
 私、後藤 仁は2005年から2011年まで、毎年、本展に寄贈させていただいていたのですが、他の作品寄贈展との兼ね合いや、絵本の仕事が忙しかった事もあり、その後、出品していませんでしたが、今年は日本画作品 「すみれ」(F0号) を一点、寄贈させていただきました。チャリティー寄贈展ならではの特別謝恩価格ですので、お近くの方は、ぜひ会場にてご覧の上、お買い求め下さい。

公益財団法人 毎日新聞大阪社会事業団 公式サイト 「チャリティー名士寄贈書画工芸作品 入札・即売会」
https://www.mainichi.co.jp/osaka_shakaijigyo/main_enterprise/saimatu/index_meishikizo.html

公益財団法人 毎日新聞大阪社会事業団 公式サイト ─ 「すみれ」(F0号) 後藤 仁
https://www.mainichi.co.jp/osaka_shakaijigyo/main_enterprise/saimatu/2017/shoga/s008.html

<日時>
 ◆12月9日(土)午前10時半~午後6時  即売・入札
 ◆12月10日(日)午前10時半~午後4時  即売・入札
 ◆12月11日(月)午前10時半~午後4時  即売・落札作品引渡し
   12日(火)以降は社会事業団事務所での引き渡しとなります。
 *入札で札の入らなかった作品は11日(月)会場で最低落札金額で即売いたします。

<場所>
毎日新聞オーバルホール(大阪市北区梅田3の4の5 毎日新聞ビル地下1階)
 JR大阪駅(桜橋口)から西へ徒歩約8分
 地下鉄四つ橋線「西梅田」駅から西へ徒歩約8分

毎日新聞オーバルホール地図毎日新聞オーバルホール 地図

主催 : 公益財団法人 毎日新聞大阪社会事業団
後援 : MBS、スポーツニッポン新聞社


スポンサーサイト

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

2017-11-09

東京藝術大学デザイン科『後藤 仁 金唐革紙特別講義』

 私は東京藝術大学デザイン科 非常勤講師として講義を依頼され、2017年11月8日に、東京藝術大学デザイン科 「アート アンド デザイン」にて、『後藤 仁 金唐革紙 特別講義』を開催しました。

 午前中に到着したので、東京藝術大学内の工芸科染色の展示会を見学し、一旦、外に出て、国立国会図書館 国際子ども図書館「日本の絵本の歩み ─絵巻から現代の絵本まで」を拝見。私も藝大時代に模写した事がある国宝 絵因果経から始まり、絵巻物を経て、印刷絵本が登場し、現代作家の絵本に至るまで、その過程がよく分かる展示でした。日本画と絵本の強い連関性も把握・理解できます。
 藝大に戻ると昼食を大浦食堂で取りました。食堂に日本画専攻の台湾出身の留学生がいたので少し雑談をしました。

国際子ども図書館国立国会図書館 国際子ども図書館 「日本の絵本の歩み ─絵巻から現代の絵本まで」

 時間が来たので東京藝術大学デザイン科の担当である押元一敏先生と助手の小金澤 京さんにご挨拶して、『金唐革紙 特別講義』が始まりました。この課程は、デザイン科の大学院生を対象としており、現在の学生数は30名程います。金唐革紙の歴史から話し始め、写真資料をスクリーンに映し出して解説、金唐革紙の実物や製作道具もお見せしました。

東京藝術大学国立大学法人 東京藝術大学 美術学部

東京藝術大学 金唐革紙講義東京藝術大学デザイン科「アート アンド デザイン」 ─ 『後藤 仁 金唐革紙 特別講義』 デザイン科准教授の押元一敏先生と私

東京藝術大学 金唐革紙講義東京藝術大学デザイン科「アート アンド デザイン」 ─ 『後藤 仁 金唐革紙 特別講義』 デザイン科助手の小金澤 京さんと私。スクリーンは、江戸東京博物館での金唐革紙製作実演の画像。

東京藝術大学 金唐革紙講義東京藝術大学デザイン科「アート アンド デザイン」 ─ 『後藤 仁 金唐革紙 特別講義』 スクリーンは、私の作画絵本『わかがえりのみず』(鈴木出版こどものくに ひまわり版)、ついでに拙作絵本の紹介も少し。

 その後、歩いて国重要文化財 旧岩崎邸庭園に移動。この旧岩崎家住宅には私が中心となって復元製作した金唐革紙(きんからかわし/手製高級壁紙)が2種類貼られています。始めに撞球室(ビリヤード室)を見学。ここには私が金唐革紙製作から離れた後に作られた金唐革紙が貼られていますが、完成度はそれ程高くは見えませんでした。私が製作から抜けた事で、最も高い技術者がもう現場にいないのです。
 次に洋館に移動して、2階客室金唐革紙を拝見。ここの2種類が私が製作主任として製作した金唐革紙です。錫箔の貼ってあるものと、貼っていないものの2種類あります。今も製作当時のままの絢爛豪華な間です。
 この金唐革紙を見る目的で旧岩崎邸庭園を訪れる人も多いのです。私はその製作に携わった功績もあるので、藝大の皆さんと軽く記念撮影をしていたら、パート従業員らしき監視係の人に注意されました。他の客がいない事を確認し、素早く撮っていたのですが、規則らしいので仕方ありません(館内では、平日の写真撮影は可なのですが、記念撮影はNGらしいです)。私がいなかったら今日のきらびやかな旧岩崎邸はなかったという事実をふまえて、旧岩崎邸庭園サービスセンターも少しは気を利かしてくれたらいいのに・・・・。

旧岩崎邸庭園 看板旧岩崎邸庭園 看板 (上野恩賜公園) 金唐革紙もデザインされています。

旧岩崎邸庭園国重要文化財 旧岩崎邸庭園

旧岩崎邸庭園旧岩崎邸庭園 洋館2階 金唐革紙(錫箔なし)

旧岩崎邸庭園旧岩崎邸庭園 洋館2階 東京藝術大学デザイン科の皆さんと

旧岩崎邸庭園旧岩崎邸庭園 洋館2階(錫箔のある金唐革紙が貼られています) 東京藝術大学デザイン科の皆さんと

旧岩崎邸庭園旧岩崎邸庭園の庭(後ろが洋館) 東京藝術大学デザイン科の皆さんと

旧岩崎邸庭園旧岩崎邸庭園の庭(後ろが洋館) 東京藝術大学デザイン科の皆さんと


 和館には、東京藝術大学教授でもあった日本画家、橋本雅邦の日本画障壁画もあります。
 外に出て、庭で東京藝術大学デザイン科の皆さんと記念撮影しました。天気も回復して気持ちの良い空間です。授業を終え、紅葉に染まる不忍池を通って帰りました。

 日本画家・絵本画家、金唐革紙保存会主宰 後藤 仁

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

2017-10-15

後藤 仁 金唐革紙(きんからかわし)特別講義、東京藝術大学 旧岩崎邸庭園


後藤 仁 金唐革紙(きんからかわし)特別講義

旧岩崎邸庭園 金唐革紙製作実演旧岩崎邸庭園にて金唐革紙の製作実演 後藤 仁 (今回の講義では製作実演は行いません)


場所: 東京藝術大学 美術学部デザイン科、旧岩崎邸庭園(台東区)
日時: 2017年11月8日(水) 13:00~16:10




東京藝術大学 美術学部 デザイン科 教員一覧 「アート アンド デザイン」
http://design.geidai.ac.jp/staff/

(東京藝術大学デザイン科「アート アンド デザイン」非常勤講師の一覧に私も入っています。私の在籍した頃の藝大日本画専攻の教授陣は、高山辰雄先生、平山郁夫先生、加山又造先生、稗田一穂先生、後藤純男先生 等々、そうそうたる面々でした。現在の藝大デザイン科・非常勤講師には、又吉直樹さん、宮藤官九郎さん、奈良美智さん等も名を連ねています。)

東京藝術大学 美術学部 デザイン科
http://design.geidai.ac.jp/
東京藝術大学 公式サイト
http://www.geidai.ac.jp/


 私が主体となって復元製作を手掛けた、「手製高級壁紙 金唐革紙(きんからかわし)」の特別講義を、東京藝術大学で開催します。貴重な写真・現物、製作道具を使って詳細に解説いたします。その後、国重要文化財 旧岩崎邸庭園(台東区)の金唐革紙の見学を行い、現物を見ながら解説いたします。
 合わせて、私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店こどものとも)などの作品の簡単なご紹介をします。

 今回の講義は、東京藝術大学 在校生のみ参加可能ですが、今後、一般向けの日本画・絵本・金唐革紙講演なども、おいおい開催していきますので、後藤 仁 公式ホームページ等でご確認下さい。 

 日本画家・絵本画家、東京藝術大学 非常勤講師、東京造形大学 絵本講師、金唐革紙保存会 主宰 後藤 仁

                *

金唐革紙についての詳細は、後藤仁公式ホームページの「金唐革紙」をご覧下さい。(以下をクリック!!)

後藤仁公式ホームページ「金唐革紙」


 

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

2017-09-14

「第4回 東京あこうのつどい」 小池百合子 都知事らと

 2017年8月4日に開催された、「第4回 東京あこうのつどい」 (都市センターホテル、千代田区)の会場での写真を、赤穂市の広報担当者に送っていただきました。お手数をおかけしましたが、誠に有難うございました。

 東京都知事・小池百合子さんに、私の作画絵本『わかがえりのみず』 (鈴木出版こどものくに ひまわり版 2017年9月号)をプレゼントしました。読んでいただけたら、うれしいのですが・・・。
 参議院議員・末松信介さんと、”日本画”についてのお話をしています。末松さんは、”日本画”の事について実によく知っておられます。
 私は基本的に政治には関心がないのですが、”絵”や”美術”の話なら、喜んでお話します。色々なジャンルに、絵画・美術に精通した人がいないといけませんのでね・・・。絵画・美術の価値観を世間に広めていくのも、また、作家の使命であると思うのです。

 日本画家・絵本画家 後藤 仁 


              *

☆後藤 仁 最新刊☆
絵本『わかがえりのみず』 
 (鈴木出版 月刊絵本こどものくに・ひまわり版)

 文 唯野元弘 / 絵 後藤 仁
  380円 (税込み) 
出版社直販・年間購読のみの扱いですので、お電話や鈴木出版ホームページから、直接、鈴木出版にお問い合わせ下さい。
 
電話  
 03-3945-6611(鈴木出版 代表)  
 03-3947-5161(鈴木出版 編集部)

雑誌のオンライン書店 Fujisan ─ 絵本『わかがえりのみず』 
https://www.fujisan.co.jp/product/1281680652/b/1531398/

鈴木出版 公式ホームページ
http://www.suzuki-syuppan.co.jp/p02/p02_06.php

              *


東京あこうのつどい東京都知事・小池百合子さんに、私の作画絵本『わかがえりのみず』 (鈴木出版こどものくに ひまわり版 2017年9月号)をプレゼント

東京あこうのつどい参議院議員・末松信介さんと、”日本画”についてのお話中

テーマ : お知らせ
ジャンル : 学問・文化・芸術

2017-08-22

第35回 子どもの本と文化の夏の集い(この本だいすきの会)

 2017年8月19日~20日には、「第35回 子どもの本と文化の夏の集い」(この本だいすきの会 主催/市川グランドホテル、千葉県がありました。

 初日(19日)は、この本だいすきの会の代表の小松崎進先生による基調講演の後、絵本作家・いわむらかずお さん による記念講演「『14ひきシリーズ』とわたし」が開かれました。人気絵本シリーズ『14ひきシリーズ』(童心社)がどうやって生まれたかといったお話は、実に興味深く面白いものでした。いわむら さんご自身による絵本朗読もお上手なものです。
 サイン会の後、この本だいすきの会創立35周年記念の「祝賀会」が開催されました。小松崎先生のご挨拶の言葉の後、お祝いの言葉、くす玉割り、鏡割り、そして乾杯の音頭となりました。
 その後の作家・画家・研究者のお話では、私も今回から作家・画家としての参加扱いとなったので、少しお話をしました。「この本だいすきの会」との出会いを、作画絵本『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店こどものとも)『わかがえりのみず』(鈴木出版こどものくに ひまわり版)のご紹介を交えてお話いたしました。
 余興では、日本舞踊、ひょっとこ踊り、南京玉すだれ等も披露され、皆さん芸達者なのに驚きました。
 最後に皆さんで「ふるさと」を合唱し閉会になりました。

 2日目(20日)は、分科会があり、部屋に分かれて絵本読み語り研究発表がありました。初めて分科会に参加する私は、よく分からないままにも、著作権の話等、作家サイドとして思った事を色々忌憚なく話しておきました。

 2日間に渡る、「絵本」を愛する者達の集まりは、少々疲れはしましたが、誠に充実した意義深いものでした。この本だいすきの会代表の小松崎進先生と実行委員の皆様に感謝申し上げます。

  日本画家・絵本画家 後藤 仁

第35回子どもの本と文化の夏の集い「第35回 子どもの本と文化の夏の集い」 くす玉割り ─ 絵本作家・浜田桂子さん、絵本作家・とよたかずひこ さん、絵本編集者・波賀 稔さん

第35回子どもの本と文化の夏の集い「第35回 子どもの本と文化の夏の集い」 いわむらかずお さん のお話

第35回子どもの本と文化の夏の集い「第35回 子どもの本と文化の夏の集い」 私、後藤 仁のお話

第35回子どもの本と文化の夏の集い「第35回 子どもの本と文化の夏の集い」 後ろのくす玉が、ウサギさんの耳みたいになっています~ ('ω')ノ

第35回子どもの本と文化の夏の集い「第35回 子どもの本と文化の夏の集い」 絵本『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店こどものとも)、『わかがえりのみず』(鈴木出版こどものくに ひまわり版)のご紹介。バナナの叩き売りではありませんよ~ ('◇')ゞ

第35回子どもの本と文化の夏の集い「第35回 子どもの本と文化の夏の集い」 いわむらかずお さん と私。いわむらかずお さん は絵本作家・童美連作家の先輩だけではなく、東京藝術大学の大先輩でもあるのです。

第35回子どもの本と文化の夏の集い「第35回 子どもの本と文化の夏の集い」 皆さんで記念撮影。前列、右辺りに私はいます。

テーマ : お知らせ
ジャンル : 学問・文化・芸術

2017-08-18

山梨県(南部町・身延町・赤沢宿) 写生旅行

 2017年8月14日~16日まで、「山梨県(南部町・身延町・赤沢宿) 写生旅行」に行ってきました。

 1日目:東京から首都高速道路・東名高速道路・新東名高速道路を通って新清水で降り、途中、「近藤浩一路記念 南部町立美術館」に立ち寄って(この日は休館日でした)、6時間程かけて早川町・赤沢宿に到着。まさに桃源郷のような、古の面影の残る素敵な土地でした。春は桜が美しい事でしょうね。
 赤沢宿周辺では、上沢寺の「お葉つき さかさイチョウ」を見物。道を少し戻った所にある硯匠庵(けんしょうあん)では「雨畑硯(あめはたすずり)」の製作工程を見学できます。ここで私も小さな硯を一面購入。硯匠庵裏手の雨畑湖には吊り橋がかかっていて、渡るとゆれて面白いです。夕方、赤沢宿を散策し、F4号スケッチブックに1時間余りかけて、赤沢宿の光景を一枚描きました。
 この日は、「大阪屋」という築180年の講中宿をリノベーションしたゲストハウスに宿泊。宿泊代(素泊りのみ、キッチンあり、フロ・トイレ共同)も3900円と安くて、昔の宿屋の雰囲気を楽しめる素敵なゲストハウスです。宿の若いスタッフも親切です。私が泊まった部屋には、螺鈿蒔絵の施された戸棚や手描きの鮎の襖絵もありました。

硯匠庵01硯匠庵では「雨畑硯」の製作工程を見学できます

山梨県の旅硯匠庵にて、 後藤 仁

山梨県の旅雨畑湖の吊り橋、 ユラユラゆれて面白いよ!!

山梨県の旅早川町 ・ 赤沢宿「大阪屋」

山梨県の旅早川町 ・ 赤沢宿「大阪屋」 2階

山梨県の旅早川町 ・ 赤沢宿「大阪屋」 2階共有スペース、 奥の部屋が私の泊まった部屋

山梨県の旅早川町 ・ 赤沢宿「大阪屋」 1階ロビー


 2日目:朝7時に身延山久遠寺(みのぶさん くおんじ)に向かいました。日蓮宗の総本山というだけあって誠に立派な寺院です。ただ明治期の火災でほとんどの建築物が焼失したとかで、新しい建物ばかりです。本堂の天井画の巨大な「墨龍(ぼくりゅう)」は日本画家・加山又造先生の作です。私は東京藝術大学で加山先生にも少しだけ日本画を教わりました。
 身延山宝物館を拝見し、奥之院 思親閣に参りました。この日は朝から雨で、富士山等の景色は全く見えませんでしたが、霧にけむった寺の様相も幻想的で素晴らしいものがあります。本堂・祖師堂をF4号に一枚スケッチしました。雨の中で絵を描くのは、なかなか難しいものがあります。
 その後、アルカディア文化館「近藤浩一路記念 南部町立美術館」を訪問。私の東京藝術大学時代の先輩である日本画家・佐藤宏三さんと、私の美術予備校の教え子でもある日展所属日本画家・棚町宜弘君と、日本画家・伊東正次さんの「日本画三人展」が現在開催されており、棚町君に是非にと言われたので、この美術館を訪れるのが、この旅の一番の目的でした。広い館内には、三者三様の日本画大作が並んでいて圧巻です。南部町の画家・近藤浩一路の水墨画も見ごたえがありました。
 作品群を堪能した後、1階の南部町立図書館を見学。児童書のコーナーも充実していて、この町の”文化・美術”への取り組み意識の高さを感じました。私の作画絵本、『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店こどものとも)『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)『わかがえりのみず』(鈴木出版こどものくに)も図書館に置いてありますので、ぜひ、読んで下さいね!!
 その後、「南部の火祭り」という大きな祭りを見物したかったのですが、遅くなると赤沢宿までの急峻な坂道が危ない上に、結構疲れたので、夕方4時頃まで会場の雰囲気を楽しんで、SM号スケッチブックに軽く一枚スケッチした後、宿に帰りました。この日も大阪屋に宿泊。

山梨県の旅身延山久遠寺、 春は枝垂桜がきれいでしょうね

山梨県の旅身延山久遠寺 ・ 奥之院 思親閣、 霧にかすむ光景は幻想的です

山梨県の旅アルカディア文化館 ・ 近藤浩一路記念 南部町立美術館

山梨県の旅近藤浩一路記念 南部町立美術館 館長の遠藤 賢さんと、 私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店) 『わかがえりのみず』(鈴木出版こどものくに)

山梨県の旅近藤浩一路記念 南部町立美術館 美術館学芸員・図書館司書の若林由美子さんと、 私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店) 『わかがえりのみず』(鈴木出版こどものくに)

山梨県の旅南部町立図書館 児童書コーナー

山梨県の旅南部の火祭り 会場

              *

☆後藤 仁 最新刊☆
絵本『わかがえりのみず』 
 (鈴木出版 月刊絵本こどものくに・ひまわり版)

 文 唯野元弘 / 絵 後藤 仁
  380円 (税込み) 
出版社直販・年間購読のみの扱いですので、お電話や鈴木出版ホームページから、直接、鈴木出版にお問い合わせ下さい。
 
電話  
 03-3945-6611(鈴木出版 代表)  
 03-3947-5161(鈴木出版 編集部)

雑誌のオンライン書店 Fujisan ─ 絵本『わかがえりのみず』 
https://www.fujisan.co.jp/product/1281680652/b/1531398/

鈴木出版 公式ホームページ
http://www.suzuki-syuppan.co.jp/p02/p02_06.php

              *

 3日目:この日も朝から激しい雨。雨の中、赤沢宿を散策しました。山に霧がたなびく様は美しいです。最後に一枚、赤沢宿の全景をF4号にスケッチ。雨がひどくて、スケッチブックも身体もびしょぬれです。
 こうして短期間ながら旅を満喫し、昼11時頃には宿を出て、高速道路を乗り継いで、6時間程かけて東京に帰りました。

山梨県の旅早川町 ・ 赤沢宿の全景、 雨の中でスケッチ!


 日本画家・絵本画家 後藤 仁
 

テーマ : 旅と絵
ジャンル : 学問・文化・芸術

2017-08-06

中国影絵公演、絵本『わかがえりのみず』、東京あこうのつどい

 2017年7月21日は、東京造形大学「絵本講義」を終えた後、急いで都心の童心社ホールに向かい、ユネスコ世界無形文化遺産でもある「中国影絵公演」を拝見しました。絵本作家の長野ヒデ子さんのお誘いを受けていたのですが、元来、私はこのような日本やアジアの民間芸能・伝承文化が大好きなのです。会場には長野ヒデ子さんと和歌山静子さんがおりましたので、ご挨拶しました。
 この日の影絵は、「北京の路地の一日」「漁夫の利」「亀と鶴」の3つが演じられました。素朴なものから、笑えるものから、華麗なものまで、古い中国の雰囲気が感じられ存分に楽しめます。路 連達 先生をはじめとする中国と日本の演者で構成された上海花影社と、影絵師SAKURAさんによる公演でした。
 私は日本中国文化交流協会(井上 靖 先生らが創設)の会員でもありますし、伯父はユネスコ世界無形文化遺産「大垣まつり」の からくり人形を復元した後藤大秀でもあるので、両者の共通点も多々あり、なおさら興味深く拝見したのです。

中国影絵公演児童書出版社 童心社

中国影絵公演路 連達 先生と上海花影社の皆様

中国影絵公演路 連達 先生と上海花影社の皆様  日中友好の旗

               *

 8月4日は午前中、鈴木出版の編集者・営業担当者が、絵本『わかがえりのみず』 (鈴木出版 こどものくに ひまわり版 9月号)の原画を返却に来ました。絵本も無事に刷り上がり、原画が返って来てホット・・・!
 この絵本は8月中に発行されます。月刊絵本なので、幼稚園・小学校等で年間購読方式により配本されますが、1冊だけ購入できるか否か等の詳細は鈴木出版に直接お問い合わせ下さい。


絵本『わかがえりのみず』 
 (鈴木出版 月刊絵本こどものくに・ひまわり版)

 文 唯野元弘 / 絵 後藤 仁
 380円 (税込み) 

 出版社直販・年間購読のみの扱いですので、お電話や鈴木出版ホームページから、直接、鈴木出版にお問い合わせ下さい。
 
 電話  
 03-3945-6611(鈴木出版 代表)  
 03-3947-5161(鈴木出版 編集部)

〔絵本の概要〕
 唯野元弘先生の文、後藤 仁の絵によって、鈴木出版の月刊絵本「こどものくに ひまわり版」から出版される絵本です。2017年9月1日発行(2017年度9月号)。

 この絵本は、鈴木出版(すずき出版)「こどものくに ひまわり版」の 第51巻 第6号となります。
 絵本制作は、構想、ラフスケッチ(ダミー)制作、本画制作をへて約5か月間をかけて完成しました。本画制作では、日本の伝統画法の「日本画」を用いて、丹念に描き上げました。和紙・墨・岩絵の具・金箔などを用いる、1000年以上前から伝わる描き方で、 描きこなすには永い経験と高い技術が求められます。日本画の魅力は、日本人の感性に合った落ち着いた色調の美しさや、墨による線描きの表現などが挙げられます。
 今回は特に、筆致の抑揚を活かした肥瘦線(ひそうせん/鳥獣戯画 等に見られる描法)の味わいと、若くなった おばあさんの美しさ、おじいさんのりりしさにご注目下さい。また、日本の里山・民家の素朴な美しさも大きな見どころです。(幼稚園年長~大人 向け)

〔絵本のあらすじ〕
 ある日、山でわき水を見つけて飲んだ おじいさんが若者になってしまいました。それを聞いた おばあさんも山に向かうが・・・。よく知られた日本昔話が、現代美人画家の手によって新しくよみがえりました。今までの絵本になかった、若返った おばあさんの美しさにも注目して下さい。日本の民話。

後藤仁 公式ホームページ 絵本『わかがえりのみず』
http://gotojin.web.fc2.com/book04.html
鈴木出版 公式ホームページ「こどものくに」
http://www.suzuki-syuppan.co.jp/p02/p02_06.php

絵本『わかがえりのみず』(鈴木出版)絵本『わかがえりのみず』 (後藤 仁 絵、唯野元弘 文/鈴木出版 こどものくに ひまわり版 9月号)

絵本『わかがえりのみず』(鈴木出版)絵本『わかがえりのみず』 ただいまサイン中です!!

 その日の午後からは、多摩美術大学の絵本創作研究会によるグループ展をやっているというので、下北沢まで行きました。会場で学生としゃべっていると絵本作家らしき人が来たので、たずねてみると、福音館書店でも絵本の仕事をされている田中清代さんでした。はじめてお会いするので軽くあいさつを・・・。

 その後、「第4回 東京あこうのつどい」 (都市センターホテル、千代田区)に参加。東京辺りで活躍する赤穂ゆかりの人達の集まりという話ですが、赤穂市長等が参加されるという事しか知らないので、どんな感じなのか不明でした。
 会場は立派な所で、100名余りの赤穂ゆかりの方々が招待されていました。最初に主催者あいさつを赤穂市長の明石元秀氏が、ご来賓あいさつでは衆議院議員の山口 壯氏、衆議院議員の伊藤達也氏、参議院議員の末松信介氏、兵庫県東京事務所長の早金 孝氏が。公務の関係で少し遅れられて、東京都知事の小池百合子氏が登場し会場がわきました。小池氏はご両親が赤穂の出身だという事で赤穂に対する思い入れも大きいという話でした。
 それから、赤穂市の職員等による赤穂のピーアールが続き、赤穂市議会議長の有田光一氏の乾杯の音頭で歓談が始まりました。

東京あこうのつどい都市センターホテル、千代田区

東京あこうのつどい「第4回 東京あこうのつどい」 赤穂市長:明石元秀氏の主催者あいさつ

東京あこうのつどい衆議院議員:山口 壯氏のご来賓あいさつ

東京あこうのつどい兵庫県東京事務所長:早金 孝氏のご来賓あいさつ

東京あこうのつどい奇遇にも、赤穂市(母、私の故郷)と大垣市(父、からくり人形師の伯父:後藤大秀氏の故郷)は昔からご縁があったという説明。

東京あこうのつどいNHK大河ドラマで「忠臣蔵(赤穂浪士)」が舞台になった回の説明。 NHK大河ドラマ「元禄繚乱」では、私もNHKからのご依頼を受け障壁画制作に参加しています。

東京あこうのつどい衆議院議員:伊藤達也氏のご来賓あいさつ(少し遅れられたので後からご挨拶)

東京あこうのつどい参議院議員:末松信介氏のご来賓あいさつ(少し遅れられたので後からご挨拶)

東京あこうのつどい東京都知事:小池百合子氏のご来賓あいさつ(少し遅れられたので後からご挨拶)

東京あこうのつどい赤穂市議会議長:有田光一氏の乾杯の音頭

東京あこうのつどい東京都知事:小池百合子氏と私、後藤 仁

 私も小池百合子氏をはじめ、多くの方々にご挨拶して回りました。国政・赤穂市の政治関係者や実業家・ビジネス関係者が多くて、文化人系は私の他数名いるだけでしたが、他ジャンルの人達との交流も時には大切なものです。
 私の隣に、出席予約をしていなくて上席が空いていなかったので、参議院議員の末松信介氏が座られましたが、氏は日本画の事に素晴らしく精通しておられ、日本画の話で盛り上がりました。
 最後に赤穂市副市長の児嶋佳文氏の万歳三唱で閉会になりました。帰ろうとしたら、帰りのエレベーターで末松氏と一緒になり、もう少し日本画の話をしましょうかと誘われ、食堂で食事をしながら話をしました。一般人がほとんど知らないような、かなりマイナーな作家(日本画業界では知られた作家ですが)も知っておられるので、本当にお詳しいのが分かりました。
 政治・実業家の世界にも芸術・文化にお詳しい人がいないと、良い文化国家は目指せないでしょうから、このような有識者の方々に期待したい所です。それにしても赤穂の職員の方々は、本当によく頑張っておられるのが感じられました。

 今日も一日、少々疲れましたが、面白い一日になったでしょうかね・・・・。

 日本画家・絵本画家 後藤 仁
 

テーマ : お知らせ
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

後藤 仁(GOTO JIN)

Author:後藤 仁(GOTO JIN)
 ~後藤 仁 公式ブログ1~
日本画家・絵本画家 後藤 仁(GOTO JIN)の日本画制作、絵本原画制作、写生旅行、展覧会などのご案内を日誌につづります。

  〔後藤 仁 略歴〕
1968年兵庫県赤穂市生まれ。15歳、大阪市立工芸高校美術科で日本画を始める。東京藝術大学絵画科日本画専攻卒業、後藤純男先生(恩賜賞受賞者)に師事。在学中より約12年間、旧岩崎邸、入船山記念館、孫文記念館(移情閣)等の金唐革紙(手製高級壁紙)の全復元を行う。卒業以降は日本画家として活動し、中国・インドをはじめ世界各地に取材した「アジアの美人画」をテーマとする作品を描き、国内外で展覧会を開催する。近年は絵本の原画制作に力を入れる。
○絵本作品に『ながいかみのむすめチャンファメイ』(福音館書店)、『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)、『わかがえりのみず』(鈴木出版)、挿絵作品に『おしゃかさま物語』(佼成出版社)。『犬になった王子 チベットの民話』は、Internationale Jugendbibliothek München ミュンヘン国際児童図書館(ドイツ)の「The White Ravens 2014/ザ・ホワイト・レイブンス 国際推薦児童図書目録2014」に選定される。NHK日曜美術館の取材協力他、テレビ・新聞等への出演・掲載も多い。
○東京藝術大学・デザイン科非常勤講師。東京造形大学・絵本講師。金唐革紙保存会 主宰。日本児童出版美術家連盟(童美連)(太田大八先生、赤羽末吉先生、いわさきちひろ先生らが創設)会員・理事。絵本学会(太田大八先生らが創設、現会長:松本 猛先生)会員。日本中国文化交流協会(井上 靖先生らが創設)会員。この本だいすきの会(代表:小松崎 進先生)会員。千葉県松戸市在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
後藤 仁 アルバム
後藤 仁のアルバムを掲載いたします。
フリーエリア
フェイスブック 後藤 仁 Jin Goto


フェイスブックページ「日本画家・絵本画家 後藤 仁」 | 


フェイスブックページ「ながいかみのむすめチャンファメイ」 | 


フェイスブックページ「犬になった王子 チベットの民話」 | 




Find me on Google+(グーグルプラス「後藤 仁」へ)




ブクログ「後藤 仁の本棚」ブクログ

絵本ナビ「犬になった王子  チベットの民話」絵本ナビ「犬になった王子 チベットの民話」
絵:後藤 仁 /文:君島 久子 /出版社:岩波書店絵本ナビ


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR